無料ブログはココログ

« [シリコンバレーは私をどう変えたか]を読んだ | トップページ | 「定年後はパソコンと暮らす」を読んだ »

黒人初のアメリカ大統領が誕生した。

8年前の一日中開票速報をやっていた日を思い出す。
ブッシュとゴアの戦いがほぼゴアの勝利で終わろうとしていたときフロリダで開票がもめ結局ブッシュの勝利になったあの日だ。
投票はごまかしだったろう。
この八年間はあってはならなかった8年間だった。
投票のごまかしがなければ9.11もイラク戦争もなかったろう。

今年の1月のニューハンプシャーでのオバマ氏の演説とそれを歌にしたミュージッククリップを聞いた。
私は政治家の演説がこれほど感動的だという事実に感動した。
この演説でオバマのブームは始まったのだと思う。

マーチンルーサーキングの言葉やアメリカの歴史が出てくる。
どこにも黒人の事を語る言葉はない。

この演説はYes, we canであって
No、you canでも
yes,I canでもない。

前向きで連帯的で勇気を与える言葉だ。
この感動的な言葉が若者やノンポリの心を動かした。
多くのカンパがネットで寄せられた。

私はバラク・オバマ大統領に期待を寄せます。

冷静に事実を見極める目を持ち続けながら・・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はこのミュージッククリップの11,568,930人目の鑑賞者だった。東京都の人口と同じ人が見ている。
オリジナルの演説は1,622,147人目の観賞者だったので7倍の人が見ていることになる。

gooニュースにこのミュージッククリップに紹介された演説の訳があったので紹介します。

まずミュージッククリップです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「Yes, we can.
それは、この国の運命を宣言した建国の文書に書き込まれた信念だ。
Yes, we can.

それは、真暗な闇夜を抜けて自由への道を切り開いた奴隷や、奴隷廃止活動家たちがささやいた言葉だ。
Yes, we can.

それは、遠い岸辺を出発した移民たちや、容赦ない未開の地を西へ西へと進んだ開拓者たちが、歌った歌。
Yes, we can.

それは、組合を作った労働者たちの合い言葉。選挙権を求めた女性たちの合い言葉。われわれの新しいフロンティアに月を選んだ大統領のかけ声。
そして山の頂きへとわれわれを導き、約束の土地を指し示してくれたキングの言葉だ。

Yes, we can. 私たちにはできる。正義と平等を、と。Yes, we can. 私たちにはできる。機会と繁栄を。

Yes, we can. 私たちにはできる。この国を癒し。Yes, we can. 私たちにはできる。この世界を修復することを。Yes, we can. 私たちにはできる。

アメリカで何かが起きている。私たちはそれを忘れない。政治が言うほど、私たちは分断していないと。私たちはひとつの国民、ひとつの国なのだと。
アメリカの歴史の新しい偉大な一章を、私たちは一緒にはじめる。その最初の言葉は、三つの言葉だ。
この三つの言葉が、海岸から海岸まで、ひとつの海からもうひとつの光り輝く海まで、国中に響き渡るのだ。

Yes, we can 」

「これから長い戦いが続く。それは分かっている。けれども忘れないで欲しい。
どんな障害が行く手を阻もうとも、変化を求める何百万と言う人々の声の力に抵抗できるものなど、何もない。

そんなことできないと、皮肉な声が聞こえる。皮肉な疑いの声はこれからどんどん大きく響き渡るだろう。
もっと現実的になるよう言われている。この国の人々に偽りの期待を与えるなと、そう警告されてきた。

しかしアメリカというこの予想外の物語において、希望が偽りだったことなど、一度もないのだ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは民主党に何の連絡もせず作ったそうだ。

gooニュースによると
このビデオクリップの監督はジェシー・ディラン、まさにボブ・ディランの息子だそうだ。


オバマ氏の感動スピーチをアーティストたちが曲に Yes We Canと コラム「大手町から見る米大統領選」(19回目)
gooニュース2008年2月9日(土)21:42

こちらがオリジナルのオバマの演説です。

ボブ・ディランに「戦争の親玉」という歌があるがyoutubeではジョンソンやレーガンやニクソンの実映像が出てきてベトナム戦争の映像で「戦争の親玉」を批判する。

息子は父の映像の手法を踏襲している。
これがボブ・ディランに「戦争の親玉」です。

参考になりましたらこちらをクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ


カナダde日本語を習い
とむ丸の夢を見ていた
きまぐれな日々
あんくる トム 工房での
反戦な家づくり
すごい生き方を学んだ。
土佐高知の雑記帳
ささやかな思考の足跡/や
dr.stoneflyの戯れ言
たけくまメモ して
観劇レビュー&旅行記
アルバイシンの丘から見た
ポラリス
ミクロネシアの小さな島・ヤップ
旅のプラズマを書き
美しい壺日記には
津久井進弁護士
村野瀬玲奈の秘書課広報室/との
関係性
大脇道場
「猫の教室」 
ごまめのブログ
たけむらブログ
とくらBlog
JUNSKYblog2008を書いた。
お玉おばさんでもわかる 政治のお話
左翼というのはプライドたりえるのだろうかという
愚樵空論をしていたら
「ちょっと、よってけらっせん。」と伊東勉… が来るは
ちょっと言わせてとひとみちゃんが来るわ
法大OB
嶋ともうみ/が来るわで
わんばらんすになった
低気温のエクスタシー状態で
最近内野の光ちゃんとも一緒に戦う
大津留公彦のブログ2です。




« [シリコンバレーは私をどう変えたか]を読んだ | トップページ | 「定年後はパソコンと暮らす」を読んだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/43018135

この記事へのトラックバック一覧です: 黒人初のアメリカ大統領が誕生した。 Yes, we can :

» ポチの告白 [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
オレの名前はラッキー。4年半前にヤップを襲った超大型台風スーダルのさなか、ヨレヨレの哀れな子犬の身で今の飼い主の家に流れ着いたオレは、こんな嵐の日に拾われたラッキーなイヌだってんで、こう呼ばれるようになったんだ。 ところでsuyapから聞いたんだが、ニホンって国のオマワリは、ちょっとみんなで集まってゾロゾロ道を歩いただけでも、簡単にヒトをタイホするようになったんだそうだな:このタコ坊主を逮捕せよ! http://suyap.exblog.jp/7612347/よくオレたちイヌのことをオマワリ... [続きを読む]

» 米大統領選 詳細を実況中継 バラク・オバマ候補優勢で推移 [ハズレ社会人]
オツカレです。 いよいよ開票が始まった。黒人初の大統領誕生となるか? [ワシントン 4日 ロイター]米大統領選の開票始まる、東部から投票締め切り  2008年の米大統領選は4日、民主党候補のオバマ上院議員(47)が明らかな主導権を握る中、2州での投票が締め... [続きを読む]

» 08年11月5日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年11月1日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・社会保障国民会議{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新アメリカ大統領と不況風{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビ(めくり斬り)紙芝居{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜... [続きを読む]

» The Change is come to America ! [JUNSKYblog2008]
 蓋を開けると選挙人の獲得ではオバマ氏がダブルスコアの圧勝だった。 オバマ 349 票  VS  マケイン 163 票     (日本時間5日 17時50分現在) 黒人層の圧倒的支持を得たという。 しかし、黒人層の比率は全人口の13%にすぎないことをニュースでは紹介していた。 ヒスパニックの6割以上、白人層の4割以上の支持を得たことが大きな勝利の要因である。 (上の地図の右側が切れている場合には、このブログを全画面表示に!)  オバマ氏の勝利宣言がニュースで流されていたが、その中で私は... [続きを読む]

» 属国宣言、または再確認?! [映画と出会う・世界が変わる]
麻生首相は、米大統領選で民主党・オバマ上院議員が当選したことを受けて「日米同盟を一層強化し、国際経済、テロ、地球環境などの国際社会全体の諸課題の解決に向け、力を尽くしたい」と言ったというが、どのように強化するのか?現状の日米関係で何が足りないというのか...... [続きを読む]

» ブッシュからオバマへ。 [今日の喜怒哀楽]
【喜】 オバマ氏勝利とブッシュ政権終焉を歓迎 各国メディア11月 5日18時15分配信CNN.co.jp (CNN) 米国の大統領選挙で民主党のバラク・オバマ上院議員の勝利が確実になったことを受け、各国のメディアはオバマ氏に祝意を表し、ブッシュ政権が終わることを歓迎する論調も目立った。 英タイムズ紙は、オバマ氏が米国政治を復興させたと指摘し「昨日の圧倒的な投票率は活気を取り戻した米国民主主義の活力、熱狂、期待を示すものであり、歴 史の転換点に立つ国が抱く不安を示すもので... [続きを読む]

» Change is (has) come to America ! [JUNSKYblog2008]
 蓋を開けると選挙人の獲得ではオバマ氏がダブルスコアの圧勝だった。 オバマ 349 票  VS  マケイン 163 票     (日本時間5日 17時50分現在) 黒人層の圧倒的支持を得たという。 しかし、黒人層の比率は全人口の13%にすぎないことをニュースでは 紹介していた。 ヒスパニックの6割以上、 白人層の4割以上の支持を得たことが大きな勝利の要因である。 (上の地図の右側が切れている場合には、このブログを全画面表示に!)  オバマ氏の勝利宣言がニュースで流されていたが、その中で... [続きを読む]

» canada manitoba club regent casino [canada manitoba club regent casino]
paunch sneak!bane plenary functionary [続きを読む]

« [シリコンバレーは私をどう変えたか]を読んだ | トップページ | 「定年後はパソコンと暮らす」を読んだ »

カテゴリー