無料ブログはココログ

« 派遣村からの声明 | トップページ | 労働者派遣法の抜本改正を »

メーリングリスト経由きくちゆみさんから考えさせるメールが来た。
趣旨はメディアとイスラエルは共犯しているというもの。
パレスチナ連帯・札幌  松元保昭さんの文章です。

NHKの報道を見てこれは客観報道ではないのではないかと思っていた。
あまりにもイスラエルの人ばかりが出てくる。

ちなみに昨日のNHKの夜のニュースではハマスがエジプトとの間にトンネルを掘ったので射程距離が10kmから45kにm伸びただとか「イスラエルに詳しいジャーナリスト」という紹介でイスラエル国営ラジオ社長が「ハマスが一発でも撃ったらそれ以上の反撃をするのがイスラエルの戦略だとか、ハマスでないパレスチナ指導部に渡すことを考えているとかハマスの壊滅を考えているとかユダヤ人の9割がイスラエルの行動を支持しているとか・・・
そしてパレスティナ側の人はほとんど出てこない。

これはどうなっているのだろうか?
パレスティナ側にジャーナリストは生えれないのだろうか?


●イスラエル・プロパガンダの三点セット・フレーム
1、ハマース(あるいはヒズボラ)やパレスチナ民衆の攻撃からイスラエルは「自国を防衛する」権利がある。
2、停戦を破棄しカッサムロケット弾でイスラエル民間人を攻撃しているハマースが悪い。
3、「国際テロリスト」ハマース、ヒズボラ、イランはイスラエル国家を認めず「地図上から抹殺すべし」と言っている。

二つの大嘘をメディアは触れようとせず暴こうともしない
第一は、ハマースもパレスチナもイスラエルと「対等の国家」ではない!
第二はすべての元凶である「軍事占領」しているという冷厳な事実

sンの他の項目は以下通りです。
●イスラエル・プロパガンダ三点セットへの批判
●ハマースを殲滅することは、150万人ガザ市民を殲滅すること
●民主主義の二枚舌―欧米は、民主主義を抹殺するのか?
●ハマースを口実に、全パレスチナ人を攻撃しているイスラエル
●「暴力の応酬」「報復の連鎖」という隠蔽言説
●犯罪国家イスラエルに制裁を!戦争指導者を国際法廷に!そしてボイコットを!

ではきくちゆみさんの文章からです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

持続可能で平和な社会の実現を求めるみなさまへ

長年、パレスチナの人たちに寄り添って活動をしてきた札幌の松元さんからのメールを転送させていただきます。
特にメディアのこの問題の扱い方については、うなずくところが多々あります。お時間のある方はこの映像もぜひ。
「平和、プロパガンダ、約束の地 ー メディアとイスラエル・パレスチナ紛争」1時間ぐらいあります。
http://video.google.com/videoplay?docid=-6604775898578139565

以下の投稿でご意見や質問などがあれば、著者(ccでアドレスをいれておきました)にお問合せください。

なお、わたしのブログでも関連情報を頻繁に取り上げておりますので、よかったらご参照ください。
きくちゆみのブログ
http://kikuchiyumi.blogspot.com

きくちゆみ
ーーーーーーーーーー

みなさまへ(転送・転載歓迎)

<メディアとイスラエルの共犯―罠にはまっている私たち>

●メディアの偏った報道―視聴者から見るはなはだしい不公正
11日、日曜日午後6時のNHK「海外ネット」のパレスチナ報道をみた。一見、ガザ市民の無差別な被害を憂えるトーンではあった。しかし報道時間の7割はイスラエル政府報道官の攻撃理由の説明に費やされ、ハマース側の停戦破棄と反撃の理由にはインタビューさえもない。使われた映像も、ガザ現地からのものは無く(ジャーナリストが締め出されているのだから已む無いとしても)、いつ取材したか分からないイスラエルの垂れ流した覆面ハマースの訓練場面を繰り返し映し出す手法。あたかもハマースが「テロリスト」の代表であるかのように。

これと同じ場面を、かつても観たことがある。9・11直後のアフガニスタン侵攻のときのアルカイダ、そしてイラク戦開始時のフセイン「幻の大量破壊兵器」のときである。アメリカもイスラエルも、「敵」を徹底的に悪の象徴として喧伝する手法は、インターネット時代の今日、ナチのゲッベルスを百万倍も凌いで全世界を覆う。NHKと大新聞は(そして民放も)、イスラエルの与えたフレームにすっぽり嵌っている。紛争や戦争を憂えるふりをして、その原因は「敵=テロリスト」にあるという報道の構図は一貫している。

●イスラエル・プロパガンダの三点セット・フレーム
1、ハマース(あるいはヒズボラ)やパレスチナ民衆の攻撃からイスラエルは「自国を防衛する」権利がある。
2、停戦を破棄しカッサムロケット弾でイスラエル民間人を攻撃しているハマースが悪い。
3、「国際テロリスト」ハマース、ヒズボラ、イランはイスラエル国家を認めず「地図上から抹殺すべし」と言っている。
BBC、CNN、NHKのビッグTV局、大手新聞など世界の巨大メディアは、この三点セットの枠組み(フレーム)の中でガザ空爆やパレスチナ問題を報道・放映している。

●前提の大嘘
この三点セットを批判する前に、二つの大嘘をメディアは触れようとせず暴こうともしない。
第一は、ハマースもパレスチナもイスラエルと「対等の国家」ではない!したがってハマースにもパレスチナにも「国家」や「国防軍」のようなものは存在せず軍事的能力はほとんど無い!片や世界第4位の核軍事力を擁し、クラスターから劣化ウラン弾、白リン弾、バンカーバスターまであらゆる新兵器の実験場をつくっている戦争犯罪国家である。これに抵抗するパレスチナ人は、まず投石や銃、砂糖などを燃料にした手製カッサムロケット砲。このまったくの非対称な軍事力の差をメディアは対比せず、あたかも「両者対等」であるかのように描き出す。

第二の大嘘は、すべての元凶である「軍事占領」しているという冷厳な事実に触れないことである。パレスチナ人の基本は、全生活を不自由にしている不当な軍事占領に抵抗し戦っているという積年の事実を、すべてのメディアは触れようとしないか掘り下げようとしない!それは欧米が、「国際社会」がそれを認めているからだ。この元凶を隠蔽し続けるかのように全メディアは、これらのことを暴いたり関連付けたりせずに、「過激派ハマースの脅威」を針小棒大に描き出し目先の現象に人々を縛り付けておく。

こうした欧米中心の「国際社会」の大嘘と闘いつづけているのが、この60年のパレスチナ人なのだ!

●イスラエル・プロパガンダ三点セットへの批判
1、パレスチナ人は、60年間もイスラエルの侵略と攻撃から土地と民族を防衛するために戦ってきたのだ!イスラエルの日常の攻撃、略奪、暗殺、破壊、そして全パレスチナ人への抑圧と弾圧を放映・報道することなしに、イスラエルの「防衛権利」ばかりを誇大に垂れ流すメディア。まるでガザのパレスチナ人に生活防衛の権利などないかのように!

2、2ヶ月前から停戦を破っているのは、イスラエルだ!昨年11月、12月と幾度も停戦期間中にガザを空爆していたのは、イスラエルだ。停戦期間中にハマースが約束を履行していたことは、イスラエル高官でさえ認めている。ハマースが攻撃を再開したのは、イスラエルが攻撃したあとだ。しかも停戦期間中、イスラエルはインシュリンなどの医薬品から医療備品、食料、電力が途絶えるまでラファやエレツの封鎖を強化してきたのは、ハマースのロケット弾攻撃を阻止するためなのか!ハマース以外の市民を攻撃しないというイスラエルがなぜ、モスクや病院、医師、救急車、救急隊員、国連の学校や職員・輸送車、漁船や女子寮を爆撃しなければならないのか?

3、だれもイスラエルを「抹殺」とは言っていない!ハマースはずーっと前から、「軍事占領しているイスラエルは認めない。せめて67年国境線(グリーンライン)まで撤退したなら、交渉に応ずる」と言ってきた。ハマース指導者が交渉に手を指しのばすと、ミサイルのピンポイント爆撃で爆殺してきたのはイスラエルだ。イランのアフマディネジャドも「地図上から抹殺」と言ったのではなくホメイニ発言を引用して「エルサレムを占領している現在のイスラエル政府は歴史から消え去らねばならない」と述べたのである。メディアは好んでこの「抹殺」を繰り返し、「テロリスト」のイメージ作りを増幅させている。

この三点セット情報を全世界10億の民に流すと、あらゆる虐殺に正当性が与えられイスラエルは大威張りで「テロリストと戦っている」と強弁できるのである。

●ハマースを殲滅することは、150万人ガザ市民を殲滅すること
「イスラーム抵抗運動」というハマースは、周知のように民生部門で全ガザ住民の生活・教育・福祉を支えている。ヨーロッパをはじめ歴史的な各地のレジスタンス運動と同様、民衆に深く根ざしたハマースをあの人口密集地で殲滅するということは、いま現下で無慈悲に行われているように大虐殺にならざるを得ないことは火を見るよりも明らかだ。ハマースは民間人を盾に使っている…?手で運べる移動式カッサムが市街地にあれば、全民衆が虐殺対象となる。ハマースはガザを実効支配している…?ガザの領空・領海・領土を支配しているのは、イスラエルだ!

●民主主義の二枚舌―欧米は、民主主義を抹殺するのか?
ハマースは「まったく模範的で民主的な選挙」(カーター元大統領)で選ばれた正当な政権である。それをはじめから経済封鎖し自治政府を分裂させ政権から追い落としてきたのは、イスラエルだけではなくアメリカ、EU、ロシア、中国、日本だ。「国際社会」の二枚舌こそ民主主義をはてしなく形骸化させている。メディアは一貫してこのダブルスタンダードを当然のように扱い、あまつさえファタハとの「内紛」のせいにしてほうかむりしている当の「国際社会」を裁こうとはしない。そして私たちは、この二枚舌の傘の下で無関心を装うことができるのだ。

●ハマースを口実に、全パレスチナ人を攻撃しているイスラエル
今回のガザ侵攻は、けっしてハマースとイスラエルの「紛争」ではない。西岸では、延命をはかるアッバスのもとで自治政府警察やファタハが民衆のガザ連帯デモを鎮圧しイスラエル占領軍のエルサレムやチェックポイントでの警備・抑圧が強化され若者の犠牲者が急増している。じつはイスラエルは、パレスチナの「抵抗運動」そのものを殲滅したいのである。西岸や450万難民、すべてのパレスチナ人への攻撃だということは、すこし歴史をさかのぼれば分かることだ。しかしこれを語っているメディアはすくない。

パレスチナ人がもはや組織的に抵抗できないように、西岸地区を三つのバンツースタンに閉じ込め、イスラエル占領軍の巨大な検問所が出入り口をコントロールしアメリカの武器をもつ自治政府警察に鎮圧させている。全長700キロ高さ8メートルの分離壁も「自爆テロ」からイスラエルを守るためではなく、入植地を守るためだけでもなく、なによりもパレスチナ人が占領に抵抗できないように閉じ込めておくために建設されている。

占領に抵抗するハマースの戦いは、全パレスチナ人の戦いだ。西岸でも売国奴アッバスからは勿論ファタハからもつぎつぎと離れ、底辺からハマース支持がひろがっている。どんな虐殺があっても、パレスチナ存在の大義は失われることがない。それは彼らの生存理由だからだ。60年の歴史がそれを証明している。


●「暴力の応酬」「報復の連鎖」という隠蔽言説
とくに9・11後、この言葉が常套句となった。すべてのメディア、多くの「平和活動家」たちでさえこのフレームの上で「平和」を語ってきた。あたかも憐れみとヒューマニティをもつ「われわれ」こそ「平和愛好者」であり「中立者」であり、まるで「双方」が自分たちの平穏をかき乱したのだといわんばかりである。世界中に不当な支配と闘っている人々がいるのに、日本では皆がみな戦わなくとも「平和」でありうると思いこんで、「紛争」はいけないと目をひそめる。

「あんなロケットなんか飛ばさなきゃいいのにね。そしたらこんな被害も起きないのに…」とある人がため息混じりに言った。またある人は「どっちもどっちだね」と。こういう受け止め方を許していることが、イスラエル=「国際社会」=メディアたちの共犯の「成果」なのだ。「どっちもどっち」「暴力の応酬」「報復の連鎖」と言っているあいだ、「国際社会」の躊躇に促されて虐殺はつづいていく…。

●犯罪国家イスラエルに制裁を!戦争指導者を国際法廷に!そしてボイコットを!
イスラエルはテロで不法に占領した60年前の「建国」以来、軍事的膨張主義で領土を侵略拡大してきた。今回のような抵抗に対する「集団懲罰」は、イスラエルのお家芸だ。それはとりもなおさず、パレスチナ人の血の犠牲の上になされてきたことである。イスラエル発の「反テロ戦争」は「国際社会」の常識と化した時点で、大量無差別虐殺という正体を白日の下にさらした。そして、このガザ虐殺を90%の国民が支持するという、悪魔の国と化したイスラエルはナチの再来を髣髴とさせる。60年間の歴史のすべてが、違法・不法・犯罪のデパートのようなこの国家を許容してきたのは「欧米国際社会」である。

650万イスラエル国民のためにも、来るべき国際正義のためにも、世界民衆の未来のためにも、いまこそイスラエルの野蛮を糺し虐殺中止の世界中の声をひとつにしなければならない。戦争指導者を国際法廷に引きずり出し、経済制裁を、ボイコットを実現すべき時だ。
あらゆる人間のいのちと尊厳、正義のために。そのときメディアの役割は甚大だ。

                                    2009年1月13日
                            パレスチナ連帯・札幌  松元保昭

メールマガジンの発行を始めました。
興味のある方はご購読下さい。
◎メールマガジン名 :大津留公彦の目

消費税のことはここで全部わかる!
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html

「派遣切りした企業の商品を買わないようにしよう」キャンペーン中

アパホテルに泊まるのは止めよう!キャンペーン中へ

財界と・アメリカ中心の政治から国民が主人公の政治へ!

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 派遣村からの声明 | トップページ | 労働者派遣法の抜本改正を »

コメント

日本国憲法擁護連合さん

ご無沙汰です。

エンロンショック→アフガン・イラク戦争
今度はリーマンショック→ガザ空爆
という見方もあるでしょうね。

オバマになってどう変わるかですね。

エンロンショック→アフガン・イラク戦争、今度はリーノンショック→ガザ空爆なのです。

イスラエルによるガザ空爆は、1月で任期ぎれのブッシュ政権が終了する前の最後のあがきとして行われているものです。

イラク戦争の苦々しい「敗北」に結びついたのも、すべてイスラムが悪いというような憎悪があり、共和党が選挙に負けた敗北感が現れているわけですが、同時に重要なのは、世界恐慌情勢におけるドル暴落の回避とアメリカ経済の景気回復の起爆剤として、有事の強いドルの演出、軍事経済化が人為的に創出されているのだということです。

これで、世界の戦争の火種はアメリカが消すという人為的演出によってドル暴落とアメリカ経済の軍事経済化による景気浮揚=戦争は最大の公共事業としてブッシュ政権の支援のもと行われているとみて間違いないでしょう。

世界恐慌と世界大戦の歴史をかえりみれば、現在の世界情勢をみることができるのです。

それに、イスラエルを国際法廷に引き出すなら。

テロ行為を行っているハマスはどう裁くべきでしょうか?

D様。私もイスラエル寄りの報道はほとんど見ていません。
パレスチナの政府としての発言が乗っていないからイスラエルよりだと勘違いしているのでしょうか?
私が見た報道でも、多数が「イスラエルよ自粛しろ」でした。

でも、ハマスも軍事攻撃を行っている以上、結局どっちもどっちになってしまっているんですよね。

被害者数に圧倒的差があるのは事実ですが、ハマスが「無抵抗の民間人」じゃないことも事実ですから。

もちろん、私もイスラエルがやりすぎだとは思いますが、国内世論を考えれば振り上げたこぶしをいまさら下げられないのが現状でしょう。

あのさ、現実はイスラエルの立場に立った報道よりも、イスラエル批判の立場にたった報道が圧倒的なんだけどね。(軍事戦略面でのイスラエルによる先制攻撃の妥当性を述べているだけなのを勘違いしていませんか?)
一部イスラエルの主張を報じたからと言って、共犯使いはおかしいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/43742498

この記事へのトラックバック一覧です: メディアとイスラエルの共犯ーどっちもどっちではない:

» 十分に情報を得たアメリカ人(日本人)でいることの難しさ [マスコミに載らない海外記事]
ポール・クレイグ・ロバーツ 2009年1月8日、 Information Cle [続きを読む]

» 東京新聞が発信していた、イスラエルになりかわってのプロパガンダ記事 [Like a rolling bean (new) 出来事録]
ひとつ前のエントリーで取り上げさせていただいた、広河隆一さんの抗議(http://daysjapanblog.seesaa.net/article/112508511.html )に対して、この不公正な記事を掲載した東京新聞はどう答えるつもりでしょうか。 これは、わたしが東京新聞で読んだ最悪の記事だったと思い... [続きを読む]

» 【 CHE Part 1 】 映画 [観劇レビュー&旅行記]
2009年1月15日(木) 昨夜、【CHE Part 1】 (原題) を見た。 これを邦題では、「チェ 28歳の革命」 と名付けた。 その方がイメージが... [続きを読む]

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
08年12月15日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・与党内もてんやわんや{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・気になる記事の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人党リアルグループ「護憲+」ブログ http://blog.goo.ne.jp/rojinto_goken/ 今日の喜怒哀楽 http://kidoiraq.blog.shinobi.jp/ 今日... [続きを読む]

» 福岡での今週末の行動 [イスラエルによるホロコーストをやめさせよう] [ペガサス・ブログ版]
このところ転載記事ばかりですが,イスラエルによるホロコーストを止めるための福岡での行動の情報です.後ろの方にありますように,今週末には集会とデモが予定されています.(残念ながら私自身は国家的行事に動員されるため動けません.私の大学の組合に,学内で抗議集会を開いてくれるよう要望しました.)応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 少しだけ私の意見を付け加えますと,ハマスのロケット弾攻撃も一般市民を殺戮している以上,併せて批判しなければいけません.そうしないと,反戦運動が「ハマス支援」と区別しにくくな... [続きを読む]

» メディアとイスラエルは共犯か? [アルバイシンの丘]
 大津留公彦さんからTBしていただいた一つの記事(三次発信の転送記事),  メディアとイスラエルの共犯ーどっちもどっちではない から,ある論調の存在を知った.その論調とは,イスラエルによるガザでの殺戮に関して,イスラエルとメディアが共謀してイスラエルの蛮行を正当化しようとするプロパガンダを流している,という趣旨のものである. 一つは,メディアとガザ報道(広河隆一さん) であり,もう一つはあのきくちゆみさんに来たというメールの文である.それは大津留さんの記事に書いてあって知ったのだが,きくちゆみさ... [続きを読む]

» 造反?・・松浪議員は自分の考えを国民に示しただけでは? [わんばらんす]
2008年二次補正予算案と 関連法案が今夜衆院を通過。 どこまでも強行採決グセは治らないようですね。そして、 民意が反映されている参... [続きを読む]

» 「海の中」を「観る」ものとしてダイバーとして、今すぐできることを! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ブログのアップが遅れがちですみません。今回はきょう(1月15日)のなかなかハッピーなダイビングのエピソードとともに、いま沖縄市の泡瀬干潟で悲鳴をあげている生き物たちのことに、ダイバーとして思いを馳せたいと思います。青字はきょうのダイビング、黒字は泡瀬をめぐるメッセージです。 ヤップのすぐ北に熱低になるかどうかって状態の低気圧が通過中で、北~北北西からの風とうねりあったので、大潮のあとにも関わらず、ミル・チャネルでは最満潮の3時間以上前から濁った水が流れ出し始めた。 到着したときはちょうど... [続きを読む]

« 派遣村からの声明 | トップページ | 労働者派遣法の抜本改正を »

カテゴリー