無料ブログはココログ

« 内野光子さんの「インターネットと短歌」 | トップページ | 小沢さんどうする!3 »

小沢さんどうする2

再び西松建設の民主党小沢代表への違法献金問題について書きます。

政治献金は政党助成金と引き換えに禁止するはずだった。

それなのに多くの政治家は政治献金も政党助成金も受け取っている。
それへの反省がなく政治献金は合法だという態度は民主であれ自民であれ許せない。

企業からの政治献金と政党助成金を貰っている人には票はあげなくてもいいでしょう。

嘗て私は大阪にいた時に辻本清美さんの集会に行き政治献金の受け取りと政党助成金の受け取りを止めるように申し上げた。(今年の正月の「年越し派遣村」で再会でき挨拶させて頂いた。)

小沢さんにも直言したかった。

政治献金も政党助成金も止めましょう!

私はこの問題でブロガーの中に陰謀論とでもいうべき傾向が広まっているのが気になっている。

JUNSKYblog2009
民主党だけ狙い打ちに、やはり陰湿な背景を感じる

は以下の4点を昨日書いていた。

【1】 民主党だけを狙い打ちにしたのは、狢たちに証拠隠滅の機会を提供するため ではないのか?  結局、自民党は証拠隠滅で網をかいくぐり、民主党(公設第一秘書)だけが起訴され、そのまま総選挙に流れ込もうという算段であろう。

【2】 2007年~2008年の内に充分逮捕できたはずである。
 時効が迫っているという話もあるが、それは2003年分だけのことで、どうしても今でなければならないということではない。

【3】 予算関連法案が3分の2で再議決して、定額給付金を含む 予算関連法案が今日採択される ことが、ほぼ確実であったという時期にも重ねている。

【4】 最大の狙いは、強制捜査によって、関連のあらゆる場所を家宅捜索することができる ということではないか?
 
【5】  不起訴になると権力の描いたシナリオが崩れ、却って与党の信用を失い、民主党への声援が『判官贔屓』的に広がるかも知れない。
 そうなっては困るので、不起訴になる前に総選挙に打って出る可能性が高い。

【番外】  ここに来て、マスコミは民主党バッシングを始めた。
あまりにも麻生内閣の実態が情けない状態なので、このままでは普通の報道をするだけでも自民党のネガティブ・キャンペーンにならざるを得ないことに
“心を痛めた”自民党と繋がるマスコミの“大御所”が、この機会に民主党に対するネガティブ・キャンペーンをマスコミ総動員ですることに決めたようである。

これに対して私は以下のコメントを書いた。
 

大津留です。 (おおつる)
2009-03-05 13:03:45
大津留です。
ご無沙汰です。携帯から書く時はひらがな表記にしています。
小沢さんの問題は徹底的に明らかにすべきだと思います。民主党の事を思うブロガーは小沢さんがはっきり責任を取ることを直言すべきです。
その上で他の献金を受けた自民党の議員の責任を追求すべきです。こういう問題が起こった時の危機管理能力が今後政権を担う可能性の高い民主党に問われていると思います。ましてや民主党支持でないJUNSKYさんにはそこを言って貰いたい。
と朝この記事を読んだので昼に書こうとしていたら午前中同趣旨の記事を二本も書かれたようなのでこのコメントはあまり意味がないですが挨拶がてら送ります。

同趣旨の記事を二本はこれです。

民主党小沢代表公設第一秘書逮捕 【第4弾】
疑惑解明は政治家の第一責任【赤旗】 小沢秘書逮捕 【第5弾】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日の読売新聞によると岩手県の元幹部は「所属する党が変わっても、小沢さんの集票力は大きい。岩手県は民主党ではなくて小沢党だ」と語っている。

また岩手のある建設業者は、「ある国会議員を東京・永田町の議員会館に訪ねた時、廊下で大久保容疑者に会った。大久保容疑者から「うち(小沢代表の事務所)にも寄っていけ」と誘われたが、帰りの時間があるため、断ったところ、その後、公共工事が受注できなくなった。」と語っていた。

1月26日の赤旗の掲載されたこの献金リストにマスコミもブロガーも反応しなかった。

Photo

この中の人たちに検察の手は(自民党にも)伸びている。
操作を受けていた長野県の元幹部は自殺した。
小沢さんの部下だった二階派は昨日の発言を覆してパーティー券代838万円を西松建設に返す事にしたそうだ。
森元総理も300万を返すというし、山口総理大臣補佐官も返還の意向だそうだ。

「国策捜査」だと自らの責任を認めない発言を繰り返している間に攻めおとすべき敵は守りに入っている。

検察が小沢さんの強制捜査に入ったのは、容疑2100万円の3分の一の700万が今月時効にかかるからと言われている。
春以降総理になってからでは遅いと思ったのかも知れない。

昨日の小沢代表の記者会見は謝罪も今後の調査の約束もなく新たな事実は全くなく無罪という認識の繰り返しでしかなかった。
今日の菅代表代行も「なぜこの時期に?」と言っていた。
この種の発言は一般ブロガーならまだいいだろうが政党の代表が言う事ではない。
代表の続投ということは東京地検が検挙するような事態になれば政権が目の前まで来た野党第一党全体の責任という事になり、民主党はズタズタになるかもしれない。
偽メール事件の時は一応捜査委員会を作り調査した事実経緯を発表して代表は辞任した。
従って民主党には決定的なダメージを避けられた。
今回はそれもやらないのだろうか?

検察と戦うのは結構だが国民と戦うのは止めて貰いたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

wbc日本対中国を見ていました結果は4対0で日本の勝ちでした。
村田のホームランやイチローのファインプレーなど楽しめた。
しかし中国は意外と強かった。
特にアンダースローのピッチャー等はイチローも中島もきりきり舞いしていた。
率いるのは何とロッテに居たラフィーバー。
アメリカ人に中国人が指示されて日本人と戦っている構図だった。

中国にはなんと野球は100年前に伝わりかなり強かったようです。
文化「大革命」で「棒術」(野球)は弾圧されて弱くなったそうです。
今はプロリーグが出来、日本の各球団が提携関係を持っているそうです。
それでジャイアンツとかライオンズとか日本と同じ名前が多い。
アジアへの貢献と言うのはこういうことを言うのだろう。
中国の「棒術」は強くなると思う。

今日は啓蟄です
早く春が来て欲しいです。

           啓蟄や明日は晴れとは行かぬらし 公彦

大脇道場
NO.1004 西松献金 小沢一郎記者会見 企業献金は「あしながおじさん」ではない。


陰謀論ではなく冷静な議論をしている人たちのブログ記事を紹介します。

お玉おばさんでもわかる 政治のお話
http://potthi.blog107.fc2.com/blog-entry-617.html

きまぐれな日々

天木さん

今日はこんな所です。

メールマガジン :大津留公彦の目発行中!
オバマ米大統領への期待と懸念 連載中! 消費税のことはここで全部わかる!
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中!
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-588.html
「派遣切りした企業の商品を買わないようにしよう」キャンペーン中!
アパホテルに泊まるのは止めよう!キャンペーン中!

財界と・アメリカ中心の政治から国民が主人公の政治へ!

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 内野光子さんの「インターネットと短歌」 | トップページ | 小沢さんどうする!3 »

コメント

junskyさん

コメントありがとうございます。

buhiさんと同じようい私も「ネット上での陰謀論の蔓延、不安に見ています。」

影響力あるjunskyさんにも考えて頂きたいと思います。

buhi さん

コメントとトラックバックありがとうございました。
記事読ませて頂きました。
今後とも宜しくお願いします。

友さん

私は大脇道場の登場は最近のブログ界の特筆すべき事と思っています。
娘さんの弁当を作りながらブログ論壇に風を送り続けて下さい。

当方のブログを御紹介頂きありがとうございます。

西松献金事件 【第6弾】で、今日の河北新報の社説
【西松献金事件と政局/民主党の責任は大きい】
を引用しています。

一方で、今日の朝日新聞によると短い記事で、
自民党高官が(官房長官あたりか)
「捜査は自民党には及ばない」と明言した(後で釈明したらしい)と書いてありました。

こうなると、「国策捜査」ということに信憑性が増してきます。

もっとも小沢代表が、これ以上声高に「国策捜査」とか権力の乱用とか言わない方が良いだろうとは思います。

どうも、はじめまして。
2件トラックバックさせていただきました。
(タイトルがそれらしくないですが…)
ネット上での陰謀論の蔓延、不安に見ています。
責任のある方、影響力のある方もやられてますからね。
でわ、今後ともよろしくお願いします。

あ、すみません。
記事を紹介いただいていました。
ありがとうございます。
この件への対応に民主党の政党としてのあり方が現れるでしょうね。
見守り必要な発言をしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。

こんにちわ。
TBありがとうございました。こちらからは、相性が悪いのか通らないようですので、コメント欄にてお返しを。
http://toyugenki2.blog107.fc2.com/blog-entry-1016.html
失礼します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/44254245

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんどうする2:

» メールニュースで党HPの新機能を知る!プラス西松建設 [ひとみちゃんにも ちょっと言わせて]
今回のメールニュースは省かれんばい。 ぜ〜んぶ公開しとこ。 コピーしよう間に西松建設関連で小沢さんが時の人になったり 定額給付金の関... [続きを読む]

» 小沢擁護論(献金問題) [アルバイシンの丘]
 この記事は早く書かないと『証文の出し遅れ』(古い言葉!)になってしまうので,あえて仕事を犠牲にしてあわただしく認める(したためる.タロー読みではみとめる)ことにした.小沢民主党代表に降りかかった火の粉ならぬクラスター爆弾について珍説を披露したい.ただし,直感とコロンボ刑事に学んだ推理のみに基づく説なので,重大な責任を追求しないでください.(卑怯ですみません(^o^)/) (裏金などがほんとに無いとすれば)パピヨンの現在の結論は小沢無罪,今度の選挙で民主党の政権奪取を期待している人は,安心して小沢一... [続きを読む]

» 何のため、誰のための利権なのか? 〜小沢一郎の場合 [愚樵空論]
当エントリーは私の恣意的解釈に基づくものです...と「予防線」を張っておいて、と(笑) [続きを読む]

» 定額給付金のカンパ [JCJ機関紙部ブログ]
昨日(5日)に掲載した、「 日比谷公園の「年越し派遣村へ ボランティア体験の会員に聞く」の記事。  「MORE」の部分には以下の一節があります。 受付を担当していると様々な人に出会った。国労で解雇経験のある人は、今は定職があるからと多額の寄付をした。定額給付金の前倒しといって、2万4千円を出した老夫婦。お年玉の一部だと女の子がカンパしてくれた初詣帰りの家族連れもいた。  閣僚がもらう、』もらわない。何に使う。という報道を見ると、この老夫婦のような市民の心情をマスメディアが理... [続きを読む]

» 小沢おろしに草も木も [志村建世のブログ]
 西松建設献金事件と民主党・小沢党首をめぐって、さまざまな付随情報がマスコミを賑わせています。うたのすけさんの川柳を見ていたら、小学生時代に歌った「紀元節」の歌を思い出してしまいました。  雲にそびゆる高千穂の 高根おろしに草も木も  なびき伏し...... [続きを読む]

» 『声』欄から庶民の実態感覚が聞こえる [関係性]
 先への見透しが利かない金融不況・失業・倒産は、出口として人手不足の農業や介護に求める風潮がある。  事実、私自身、そのような体験がないだけにこの風潮に流されてきた。  しかし、その実態を知る人たちのうめきを聞くことから始めなければならない。  その第一歩が朝日新聞「声」の欄である。  「自給言うなら農家生かして」(2月28日)を農業の村松洋一さん(長野県千曲市 57歳)が書いている。  「『若者に農業をすすめる前に』(2月22日)に同感です。帰農して30年近くなりますが、この地域で私より若い専業... [続きを読む]

» 弁護士先生の「クエスチョン(?)」。あなたは、見抜けましたか? [buhikunの日記]
そういや、先月21、22日のT町行きの件につき、ブログで触れていない。 今日ガッコの事務所に行き、「紙の書類」を提出してきたんだが、その中に、「守秘義務に関する誓約書」いうのがあった。 いうことで、秘密は守らねばならない(笑)のだが、それって、町民の皆さん... [続きを読む]

» 「処罰価値十分なのか?」郷原信郎法学教授 [喜八ログ]
小沢一郎民主党代表の秘書が逮捕された件に関して。元東京地検検事・郷原信郎桐蔭横浜大学法科大学院特任教授のコメントを「東京新聞」2009年03月04日朝刊から引用させていただきます。 [続きを読む]

» 「関係者の話」的情報垂れ流しマスゴミ謀略への対抗策は、的中率の高い「関係者の話」流言・蜚語で先回り予測しちゃうからね(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 いつか来た道、いつか見た風景、また同じ対B層コミュニケーション戦略の暴風雨が吹き荒れている。  夜のゴールデンタイム7時のニュースに合わせた小沢秘書逮捕劇場は、ラクダのコートをなびかせてビルに入る一団の田舎芝居から始まった。  その後はもう検察からのリーク情報と、それに続く土石流のような洗脳報道の雨あられ。時には「関係者の話」情報で思うままに脚色、着色の印象操作だ。  戦前の体制翼賛下の日本や、朴軍事独裁政権下の韓国などを思い起こすなら、かつて権力者はデマと真実の情報の見境もなく、すべて流言・蜚語... [続きを読む]

« 内野光子さんの「インターネットと短歌」 | トップページ | 小沢さんどうする!3 »

カテゴリー