« SONGSの忌野清志郎 | トップページ | 「サヘルとフローラ~イラン人親子の東京物語~」を見た。(「風に舞いあがるビニールシート」) »

2009年5月23日 (土)

「遥かなる絆」が終わった


写真は今朝の我が家の庭です。
紫陽花が少し咲きました。
幼虫はかなり成長しています。


Photo


「遥かなる絆」最終回をBShiで見た。
NHK総合は今夜9時からです。

「大地の子」に続く中国残留孤児の話だったが、この番組の特徴は史実であるということと、現在の問題として描いていることだ。

・史実であるということ

に関しては関連記事を最後の方で紹介しますが1000人の日本人がこの城戸幹が養母に助けられた「頭道河子」の近くを通っています。
このドラマの原作である城戸久枝さんの「あの戦争から遠く離れて~私につながる歴史をたどる旅」がを読みたいと思います。
(今日の週刊ブックレビューでは一位でした。)


・現在の問題として描いていること

に関してはこの物語は中国残留孤児の城戸幹(加藤健一など)の物語というよりは城戸久江(鈴木杏)の物語であるということだ。
彼女が中国留学したのは1997-1999の二年間で帰国後休学した日本の大学を卒業し今東京の貿易会社で働いている。
中国で「日本人は歴史を教えられていない」と久江は何度も非難されるがそれは今の日本人がみな責めを負わなければならないと思う。
勿論学校で戦争の事がちゃんと教えられていないとか政府の要人があほな発言をするとか支配者の中に復古派がいるとかという話がある。
しかし知らなければならないのは私たち自身でありその努力を怠ればアジアの人達と今後うまくやっていけないし将来の進路も間違う。

そういう意味でいい刺激を与えてくれる番組だった。

最後の牡丹江を前にしたシーンで城戸久枝さんは城戸幹さん「私はあなたの娘に生まれて誇りに思います」という。

泣かせます。

父親としては娘に言われる最高の泣かせ言葉でしょう。


私も二人娘がいますが・・・なにか・・・?


ーーーーーーーーーーーーー

最終回「ふたたびの河」(5月23日放送予定)


 久枝(鈴木杏)は留学を終え帰国の前に訪ねた牡丹江で父の親友・呉の死を知る。そして14年前初めて来た牡丹江での父・幹(加藤健一)と淑琴(岳秀清)の再会を思い出す。その淑琴の死を幹は失意で受け止めた。2年ぶりに幹と母・陵子(森下愛子)の待つ愛媛の家へ帰ると、久枝は幹に呉の死を伝えた。まもなく東京の劉(フービン)が訪ねて来た。久枝は中国で過ごし父の気持ちが少し分かったと話す。そして5年後、久枝は幹とふたりで牡丹江に立っていた。
凍った河の前で、久枝は思わず父にある言葉を投げかけ
過去五回のyoutubeはここで見れます。

遥かなる絆 YOUTUBE動画視聴
http://dramato.blog98.fc2.com/blog-entry-9343.html

検索をしておりましたらこんな頭道河子村の紹介がありました。


ドラマに登場する頭道河子は、中国黒龍江省・牡丹江市から北に1時間半ほど車で移動した場所と紹介されています(番組公式ページより)。

 頭道河子には牡丹江という川が流れており、ドラマでは「主人公の孫玉福は日本の開拓団が敗走中、この川に捨てられそうになっているところを救われて育てられた」と描かれています。

 この場所は、現在実際には牡丹江を堰き止めたダムに水没してしまっているのですが、私が中国へ留学した1994年にはまだダム工事が始まる前で、実際に訪問したことがありました。

 牡丹江から国鉄で北に2駅行ったところに柴河という場所があります。ここには大きな貯木場があり、山奥に向かって柴河森林鉄道という狭軌鉄道が走っていました。この鉄道線路の両側がメインストリートになっていて、映画館をはじめ薬局、食品店、服装店、歯医者、旅館などが立ち並んでいました。

 頭道河子村はここからこの森林鉄道に乗って1時間ほどのところにある小さな集落です。残念ながら、私が訪問したときには森林鉄道の廃止とダム建設計画が決定済みで、住民の移住なども始まっていました。それから15年もの時間が経っており、もう静かな湖に変わっているとは思いますが、ドラマを見て、あらためて孫玉福さんが暮らした時代に思いを馳せました。

 牡丹江市と頭道河子(地図上では頭道経営所)の位置関係は下の地図の通りです。

Photo_2

ーーーーーーーーーーーーー


更に「頭道河子」で検索をしておりましたら「龍爪開拓団の足跡を訪ね日中友好をはかる旅」文責  青 木 康 嘉(岡山県立大安寺高等学校教諭)
というサイトがありました。
高見英夫さん高見という当時9歳だった人が証言しています。

この「遥かなる絆」はホントの話です。
1,000人もの人が自決を選ばず牡丹江方面へ逃げこの頭道河子村の対岸を通ったのです。

「慟哭の大地」
8 頭道河子(トウダオフーズ)その1
http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/doukoku/doukoku08.html
昭和20年8月9日ソ連が参戦し、未明から林口の街へ連日空襲が始まった。

9 頭道河子 その2
http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/doukoku/doukoku09.html
8月9日、ソ連軍が参戦し、林口駅付近を空爆した。団本部に集合がかかり、自決か牡丹江方面に逃げるか話し合われ、逃避行することに決定した。8月12日、老人、女性、子ども約1,000人の団員が、約250台の馬車に荷物を載せて出発した。

10  頭道河子 その3
http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/doukoku/doukoku10.html
日本兵の中には、赤ん坊の泣き声が敵に知られると言って、殺すよう命じたこともあった。ソ連機がやってきて、「日本は降伏した」というビラを落とした。しかし、ビラを誰も信じなかったが、山の上からソ連軍の戦車が連なっているのを見て下山し、ソ連軍の捕虜となった。

11 頭道河子・海林・拉古収容所
http://ww32.tiki.ne.jp/~yamikato1952/doukoku/doukoku11.html
「龍爪開拓団も解散して、200名ぐらいになって下山しました。ソ連兵に『ダワイ・ダワイ』とせき立てられて、畜舎に入りました。その時は、姉のきしのと私とエミ子と3人になっていました。私は、武装解除した日本兵が何人も銃殺されているのをここで見ました。そして、翌日ソ連兵が次々と日本の若い女性を連行し、強姦しました。抵抗して殺された人もいれば、気が変になって帰ってきた人もいました。私も、丸坊主にし、顔に墨を塗りました。姉きしのも顔に泥を塗りました。私は14歳でしたが、背も低かったので小学生ぐらいに見られたと思います。だから助かりました。横道河子では、5日前後いたように思います。その間、日本兵は一人もいなくなりました。シベリヤに送られたのでしょうか。その後、拉古収容所に移りました。」


オバマ大統領殿 広島・長崎においで下さいというウェブ署名に行っています。
是非ご協力下さい。
署名プロジェクトURL:
http://www.shomei.tv/project-928.html

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« SONGSの忌野清志郎 | トップページ | 「サヘルとフローラ~イラン人親子の東京物語~」を見た。(「風に舞いあがるビニールシート」) »

「テレビ」カテゴリの記事

コメント

老百姓さん コメント有り難うございました。
「人間の条件」懐かしいですね。
牡丹江という名前に聞き覚えがあったのはそのせいかもしれません。

私も「遥かなる絆」最終回をBShiで見た。
たいへん重たい内容のドラマであった。

「大地の子」
上海の製鉄所建設がドラマにでてくる。1985年に一期工事が完成した。この宝山製鉄所が現在、中国最大の近代的な製鉄所となっている。構内には武装警察隊が駐屯し、警察署もある。

「人間の条件」
この50年前の映画に、牡丹江という地名がでてくる、初めて牡丹江を知った。牡丹江を東西に走る鉄道は日露戦争直前にロシアが竣工させ、南北に走る鉄道は1935年頃に満鉄が竣工させた。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45104295

この記事へのトラックバック一覧です: 「遥かなる絆」が終わった:

» 盧武鉉氏の自殺? 韓国に衝撃! [JUNSKYblog2009]
2009年5月23日(土)  韓国の政治民主化の立役者の一人で前大統領の盧武鉉氏が自殺したと言う。  メディアは「飛び降り自殺」と表現しているようだが、日本でも政治家や高級官僚の汚職などの事件で、その部下や秘書が自殺と称して口封じされてきた経緯があるので、盧武鉉氏の“自殺”も予断をもって決めてしまうのはどうかと思う。  遺書のでっち上げもこういう世界では当たり前に行われていることである。 *******************************************   (左のアイコ... [続きを読む]

» ネット時代は共産党の危機か好機か [BLOG BLUES]
「安倍End」当時からの同志である「薫のハムニダ日記」の最新エントリーが貴重だ。 日本のマスコミからは決して聞こえて来ない、貧乏人の利益代表が共産党であるという 真実をつたえる、韓国ジャーナリズムの報道を紹介したものである。 あらためて、実感した。日本のマスコミから排除されつづける共産党が、活路を見出すとすれば、 それは、ネットコミュニケーション以外にない。つね日頃「BLOG BLUES」が主張している処だ。 当初ダークホースでしかなかったオバマ候補が、下馬評を覆し、大統領の座を射止め... [続きを読む]

» 「天使と悪魔」,ローマ・バチカン観光としてなら [ペガサス・ブログ版]
セルン(欧州原子核研究所)が舞台の一つになり,ラングドン教授の相手役がそこの女性科学者だという.おまけにガリレオや,「宗教と科学」がテーマだ,などという触れ込みだったので,「そんなら見ておかなければ」と,昨夜は「天使と悪魔」に行った.結果は・・・壮大な駄作. まあ,セルンの「オープンキャンパス」とローマ・バチカン観光に行くと思えば,チケット代の3割ぐらいにはなるかも知れない. 応援のクリック歓迎 (1日1回まで) 物理学の小道具(大道具?)として反物質が出てくるので,ちょっとだけコメントを. ... [続きを読む]

» 盧武鉉前大統領の死を悼む市民の波 [薫のハムニダ日記]
» 23日午後、盧武鉉前大統領を追慕する市民たちがソウル徳寿宮大漢字門前を埋めつくし、特別発行された24日付『ハンギョレ』を読んでいる。 【ハンギョレ】シン・ソヨン記者 » 23日夜、「故盧武鉉前大統領追慕焼香式」が開かれているソウル徳寿宮大漢門前の広場を警察がバスで取り囲み、市民の行く手を阻んでいる。 【ハンギョレ】シン・ソヨン記者 » 盧武鉉前大統領が23日午前に逝去したなか、徳寿宮大漢門前に設けられた臨時焼香所で追悼に押し寄せた人の波とそれを阻む警察が衝突している。 聯合ニュース ... [続きを読む]

» 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年5月24日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・韓国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テロップ集{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・経済学者グルーグマン教授・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・経済学者グルーグマン教授・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» 真相暴露!パキスタンの核とアルカイダの危険な関係 [米流時評]
    ||| 核とアルカイダの危険な関係 |||  米国の核保安スペシャリストが暴露する、パキスタンの大胆な核兵器開発施設  米国の巨額な援助資金を流用、年間4〜5発のプルトニウム爆弾が製造可能に 昨日に引き続き、冒頭はコメント欄から。通常の観光客が足を運ばない辺境の少数民族に注がれる、uni....さんの率直な観察眼と私の雑感。どうもパシュトゥ族はハザール系ユダヤ人に似ていると言う見解と、東北の南部人の風貌と共通するという自説の、比較民族学的寄り道のとば口?までたどりついたような... [続きを読む]

« SONGSの忌野清志郎 | トップページ | 「サヘルとフローラ~イラン人親子の東京物語~」を見た。(「風に舞いあがるビニールシート」) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 717短歌・俳句勉強会
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ