« 「平和への結集」をめざす市民の風第一第二ブログ(二連ブログ紹介シリーズ1 ) | トップページ | 公務員パート労働法の制定を! »

2009年6月 4日 (木)

今日は六四天安門事件20年(超左翼とお玉さん)

Photo

天安門事件で戦車の前に立ちふさがる男性=1989年6月5日(AP)

今日は六四天安門事件が起きてから20年の記念日だ。

その関係で

二連ブログ紹介第二回は

超左翼おじさんの挑戦
http://chousayoku.blog100.fc2.com/

お玉おばさんでもわかる 政治のお話
http://potthi.blog107.fc2.com/

超左翼おじさんの挑戦のライターは松竹伸幸さん
知る人ぞ知る元日本共産党の比例区の候補だ。 
私に毎記事精神的刺激を与えてくれるブログだ。

天安門事件と日本共産党について5回の記事があります。
天安門事件と日本共産党(5回シリーズ)

記事の中で本日付けの赤旗の記事に期待する旨書いてましたが残念ながら出てないようです。

このブログのいいところはコメントがフルオープンなことだ。
私もブログのいいところの多くはフルオープン制にあると思ってルオープンにしている。

こんな記事も松竹さんの昨日の記事にありました。

別の話ですが、昨日の夜、天安門事件が起こったときの共産党宮本議長(当時)の様子の一端をお聞きしました。宮本さんは、軍が学生たちに発砲するのを見て、「あれは水平撃ちだ。威嚇とかが目的じゃない。本気で殺そうとしているのだ」とのべ、怒りをあらわにされたそうです。そういう許されないことをやっておきながら、いまだに何の反省もしていないのが、現在の中国です。そういう国が社会主義を名乗るのですから困ったものです。少なくとも、日本の社会主義者は、中国に対して、きびしい批判をすることが不可欠でしょう。

宮本顕治さんの筋金入りの正義感を感じるエピソードです。


以下の記事には考えさせられた。
今も考えている。
(共産党はどう考えるかとも思った)


伊勢崎さんは、何カ月前、タリバンとも会ってきたそうだ。そして、日本なら信頼すると言われた。憲法9条を1つの源泉とした日本の平和イメージが、まだアフガニスタンで通用することを知った。やはり日本がやらねばならないと決意を固めた。

 ホワイトハウスにも行き、オバマのアフガニスタン対策チームとも協議したそうだ。その協議内容の一部は、オバマの方針にも反映されている。

 アメリカとタリバンを和解させ、停戦監視までおこなうという課題で、日本がイニシアチブをとる。9条を持つ日本がやるにふさわしい仕事だ。成功したらノーベル平和賞に値する。

 それをやるには日本国民の支持が欠かせない。しかし、日本国民は、とくに護憲派は、非武装の自衛隊をアフガニスタンに送って停戦監視をやらせるということに賛成してくれるだろうか。賛成しないまでも、黙認してくれるだろうか。やっぱり反対運動を組織するのだろうか。

 次の本は、日本がこの仕事を遂行するために必要な世論を形成するうえで、少しでも寄与するものにしたい。本の題名の案は、この記事のタイトル通り。サブタイトルは、「9条を持つ国の使命」かな。

また松竹さんはかもがわ出版から『理論劇画 マルクス資本論』等話題の本を続々と出しています。

松竹さんの関係する本です。

蓮池透さんの本(松竹さん編集発行)

来年、『憲法、自衛隊、マルクス』というタイトルの本を出されるという。
その一部をなすのがこれから書かれる連載だそうです。
「ブログでいただいたご意見を参考にして練り上げ、完成させたい。」そうですから書き込みしたらいかがでしょうか?
内容
序・政治生活の開始と当時の憲法事情
 上・ドイツ憲法闘争の先頭に立って
 中・各国の憲法問題への関与と闘争
 下・目標にした憲法像と社会変革の道

ーーーーーー

お玉おばさんでもわかる 政治のお話

の方はご存知の方も多いでしょう。

大津留とは長い付き合いである。
私のブログ記事は消えてしまったがSeptember 15の
「藤原紀香さんへ自民党から出馬しないで」メールをだそう!キャンペーン

などで一緒に取り組んだことが懐かしい。


護憲派アマゾネス軍団 に属する
神戸の9条の会の活動もされている活動家である。


彼女の場合は愛があるかどうかがブログ公開の基準だ。


松竹さんが作った蓮池透さんの「拉致 左右の垣根を越えた戦いへ 蓮池透 」の紹介もしている。


最新の記事はやはり
愛を基準に
ネット世界で、机上の空論を続ける中で何が一番正しいかなんて、本当はわからないんだと思うの。わからない中で、愛だけは(形はいろいろだけど)信じられるからそこを基準に・・やっぱりブログは愛を基準にコメント承認するんだ。(ってそこが結論かい・・)

自分の言葉と考えで考えて記事を書いているのがよく分かります。


今日紹介した2つのブログはそれぞれ記事上の交流があるのですがそのコメント欄も共通の交流があります。
護憲派ですが改憲派の書き込みが多いという共通の特徴もあります。
知性と情念をこの二つのブログから今後も学んで行きたい。

今日はこんなところです。
では・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

オバマ大統領殿 広島・長崎においで下さいというウェブ署名に行っています。
是非ご協力下さい。
署名プロジェクトURL:
http://www.shomei.tv/project-928.html

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 「平和への結集」をめざす市民の風第一第二ブログ(二連ブログ紹介シリーズ1 ) | トップページ | 公務員パート労働法の制定を! »

「ブログ紹介」カテゴリの記事

コメント

天安門事件の真相
-あれはイルミナティ金権独裁支配の超大国の役割を米国から中国へ移す「通過儀礼」だった
09.6.4

  植民地・半植民地だった中国で新民主主義革命が1949年に勝利してから40年後の89.6.4に起った天安門事件は、
ロスチャイルドとロックフェラーの指示で米諜報・謀略機関CIAが未熟な学生・生徒らを扇動して敢行させた新中国
国家への正面攻撃だった。
それは、09年4月に旧ソ連構成共和国のモルドバで米CIAとNATO諜報機関が学生・生徒らを扇動して国会襲撃暴動を
起して、やはり失敗したのと同様な、間接侵略・売国事件だった。
 天安門事件のデモが掲げた大きな白い張子の「自由の女神」像がそれを示していた。
 「自由の女神」像は、フランス革命を推進・指導した仏フリーメーソンが、世界資本主義の推進者米国へ贈った
資本制金権奴隷支配の象徴だったが、その役割を、イルミナティが米国から新しい世界超大国にする中国へ移す
「通過儀礼」が、天安門事件だった。
 天安門事件での「民主化運動」とは、未熟な学生・生徒、青年らの無知と幻想を利用した、邪悪で悪名高い「"新自由主
義"の実現を目指す運動」と同義でもあった。
 「真実は、本当のようには見えないものだ」(ドストエフスキー)。
 詳細は: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/64.html

 日本人の大多数も自公とマスゴミに洗脳され、乗せられて暗愚だから、真実を信ぜず、拒否するだろう。

西側記者らの証言:
天安門事件での大虐殺説は米国のデマ宣伝だった

http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=m&board=552020082&tid=ffckdc6a6bbbaedea4h8xl30wa4h7fbka1a31a35ber&sid=552020082&mid=97

天安門事件の真相: http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/64.html

お玉さん

ども・・

こそばい・・
所に愛の手を・・

トラックバック通して・・・

取り上げてくださってありがと。
なんだか、こそばい・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45237050

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は六四天安門事件20年(超左翼とお玉さん):

» temp1 [薫のハムニダ日記]
既得権を自ら放棄した「脱権威の象徴」 『ハンギョレ21』[2009.05.29第762号] [特別企画]盧武鉉前大統領逝去 キーワード③挑戦-党政分離、言論と線引き、地域主義の打破など新たな試みを続けたが 右派・族閥言論の砲火で傷ついたのみ ▣チョ・ヘジョン 「私は今回の選挙によって古い政治が終わりを遂げ、新しい大韓民国を導く新しい政治の時代が始まることを宣言します」2002年の大統領選挙を2日後に控えた12月17日、記者会見で盧武鉉前大統領は“盧武鉉時代”をこのように規定した。... [続きを読む]

» 北の引き裂かれたカーテン 半島一触即発にF15待機 [米流時評]
    ||| 北の引き裂かれたカーテン ||| 韓国空軍 F-15ジェット戦闘機編隊、半島の一触即発にスクランブル発進の待機 ゲイツ長官、アジア防衛サミットで北の核の脅威を「世界の暗黒の未来」と警告 前号「ゲイツは本気だ。アジア防衛サミット声明」からの続き このところ、北の「核とミサイル」の脅威が現実的に見えてきて、米国の内外では他にも多々大きなニュースがあるのですが、とりあえず半島危機のニュースを。 今回のエントリーのトップで紹介するのは、やはりもちは餅屋というか現場主義... [続きを読む]

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年6月5日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞P4政治面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・足利事件・菅家さん釈放・新聞編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・足利事件・菅家さん釈放・TV編と社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

« 「平和への結集」をめざす市民の風第一第二ブログ(二連ブログ紹介シリーズ1 ) | トップページ | 公務員パート労働法の制定を! »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ