無料ブログはココログ

« 馬場俊英がいい | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」と出前講座「九州大学のお引っ越しPART2~移転跡地を考えよう~」 »

どちらも気張って頑張りや!


どちらも気張って頑張りや!
今日の二連ブログ紹介は例外的に一つはホームページそれも例外的に元国会議員と国会議員

それは
宮本岳志さんと辻元清美さん
どちらもお笑いセンスバッチリの関西人

実は宮本さんは消滅した大津留公彦のブログの最初の記事に登場していた。

辻元さんは大阪の図書館作りの運動でお世話になった。
この正月の日比谷公園の派遣村で久し振りにお逢いした。

広範に存在する共社統一の願いを込めて紹介します。

まず宮本さんの最近の記事からです。

(NEW)大阪市中央公会堂を大阪市に寄付した岩本栄之助氏のこと
という記事で大阪中央公会堂の秘話について紹介しています。

中央公会堂は日本有数の公会堂建築であり、外観、内装ともに意匠の完成度が高く、日本の近代建築史上重要なものとして2002年12月26日、
国の重要文化財に指定されました。その、中央公会堂を大阪市に寄付したのが、岩本栄之助(1877-1916)という人です。
中央公会堂の地下には「岩本記念室」というものが作られ、遺品などが展示されています。

その確固たる信念と、信念を曲げない勇猛心で、株式界に認められ、「北浜の風雲児」と言われ「大阪電燈株式会社」(1923年に大阪市に買収。現在の関西電力の前身の一つ)の常務取締役も務めた岩本栄之助の辞世の句は

「この秋をまたでちりゆく紅葉哉」

と紹介されています。

どちらも気張って頑張りや!

辻元さんの最近の記事からです。

忌野清志郎を聴いて踊りまくったパレスチナ・コンサートから20年
――――『辻元清美の永田町航海記84』(週刊金曜日2009.5.29号)

清志郎が死んでしまった。
二十年前の一九八九年、清志郎と一緒にコンサートをしたことがフラッシュバックする。
その前年、反原発(清志郎本人はこんなレッテル大嫌い)をテーマにした「ラブ・ミー・テンダー」をRCサクセションで出そうとして、
発売中止になったりしていた。清志郎は「THETIMERS」というゲリラバンドを結成して、予告なしにアチコチに出没したりもしていた。
ハッピにヘルメット、首にタオル、地下足袋で演奏するが、これがまたカッコいーんだ。
(中全部略)
この曲を聴いて踊りまくった七年後、自分自身が「ギーン」になるなんて。いま私は日本・パレスチナ友好議員連盟のメンバー、外務委員だ。そして二〇年たった今もイスラエルが空爆をかけ、血まみれの時代は終わっていない。
ハッタを腰にぶら下げて地下足袋姿で歌う清志郎。最後に「ほんとうはこういうのヤなんだよ」と手を振ってステージを去っていった。
今度は清志郎が本当に逝ってしまった。つらいぜ、ベイビー。 


どちらも気張って頑張りや!

今夜はこんなところです。
ではまた・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

オバマ大統領殿 広島・長崎においで下さいというウェブ署名に行っています。
是非ご協力下さい。
署名プロジェクトURL:
http://www.shomei.tv/project-928.html

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 馬場俊英がいい | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」と出前講座「九州大学のお引っ越しPART2~移転跡地を考えよう~」 »

コメント

岩下俊三さん

コメントありがとうございました。
辻本さんでなく辻元さんですね。
たしかに大阪のでしゃばりおばさんという感じですね。

辻本さんとは田原総一郎に紹介されて一度あいましたがたぶん本人はわすれているでしょう。ただのおばちゃんでした。高いこえでお喋りずきな大阪のおばちゃんって感じ。となりにいた東大にエリート弁護士福島みずほさんとはぜんぜんちがってみえました。参考までに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45311181

この記事へのトラックバック一覧です: どちらも気張って頑張りや!:

» 北朝鮮核実験、やはり長崎型原爆20キロトンに匹敵するようです [生きてるしるし]
 北朝鮮の地下核実験が、広島原爆15キロトン並みだとロシアが発表しています。しかし、これが本当なら安全保障理事会の決議違反としての制裁... [続きを読む]

» ファシズムXの誕生 [薫のハムニダ日記]
ファシズムXの誕生 『ハンギョレ21』[2009.06.12第764号] 類似ファシズム、新自由主義公安国家、ファシズム・フレンドリー… 規定するにはまだ早いが“ファシズム傾向”は急増 ▣アン・スチャン 「大衆の理解力はきわめて小さく、忘れてしまう能力は卓越している」(ヒトラー『我が闘争』) »今年4月7日、ソウル東橋洞の金大中図書館前で国民行動本部、ライトコリアなど保守団体の会員が太陽政策を批判するデモを行っている。写真・聯合ニュース/ジン・ソンチョル 50万人余りの... [続きを読む]

» 五月雨を集めて速し最上川 [アルバイシンの丘]
 梅雨入り記念の第2弾の記事を,最新作とともにお届けします。       『五月雨を 集めて速し 最上川』  芭蕉のこの名句は,毎年の梅雨入りの度に甦ってくる。ざーざーと降りつける強い雨を受け止めて,次第に狂ったように奔って行く大河・最上川。  この情景がパピヨンの眼には鮮やかに浮かんでくる。そうそう,菅笠をかぶり,藁がっぱをしょった男の人が後姿で,荒れ狂う川を呆然と,心配そうに眺めているのも見える。景色はほとんど白黒二色刷りの世界。  こういう句をパピヨンも一つは作ってみたいと,... [続きを読む]

» コーチング〜相手の話を聞いて引き出す [辞世の句]
生涯を振り返り、その感慨・総括・死への思いなどを詠う辞世。人が死に際し詠む漢詩、和歌、発句等をなどの辞世集。あらかじめ用意された辞世や、死に際しとっさに詠んだ辞世や、辞世を作れず、偶然生涯最後の作品となったもの(絶句)等がありそれぞれの人生・人柄・生き様などを鑑みることができます ... [続きを読む]

« 馬場俊英がいい | トップページ | 「嗚呼 満蒙開拓団」と出前講座「九州大学のお引っ越しPART2~移転跡地を考えよう~」 »

カテゴリー