無料ブログはココログ

« 「渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち」 を見た。 | トップページ | 真夜中のタクシー&制服by吉田拓郎 »

 8・15を語る歌人のつどい など

 8・15の集会案内2つです。

ます短歌の会です。

第19回 8・15を語る歌人のつどい

<日時> 2009年 8月15日 (土) 午後1時30分
<会場> 日本青年館(中ホール)
       東京都新宿区霞岳15番地
       (Tel: 03-3401-0101
       JR信濃町駅より徒歩9分
       地下鉄銀座線外苑前駅より徒歩7分
       地下鉄大江戸線国立競技場駅A2出口より徒歩7分

第1部
【演奏】 和太鼓集団「座・どんどこ」 曲目:水口囃他
【講演】 音楽から見えてくる平和 湯川れい子(音楽評論家)

第2部 「短歌リーディング」‹女ひとりの戦後›
  朗読 佐々木史子
      井ヶ田弘美 大畑直子 沖ななも
      春日いづみ 下村すみよ
      加藤英彦 金子貞雄 水野昌雄
【講演】 ‹「青鞜」に反戦的作品「戦禍」を発表した齊賀琴子›
      村岡嘉子
      ‹父 矢代東村のこと 私のこと› 小野弘子
      ‹中国山西戦線における
         宮柊二と田村泰次郎› 笠原十九司

閉会の言葉 水野昌雄
司会進行 久々湊盈子 内藤ます子

参加費 2000円

湯川れい子音楽事務所より

そして平和遺族会全国連絡会の会です。

▼憲法を活かして平和を創ろう! 8・15集会

◎日時=8月15日(土)午前9時45分~正午。正午から靖国神社周辺を平和行進
◎会場=日本教育会館7階会議室(03-3230-2833)
 (地下鉄神保町駅・竹橋駅・九段下駅下車)
◎集会の主な内容 

 ・記念講演=吉田裕さん(一橋大学大学院教授・日本近現代史、政治軍事史)
  「田母神問題と歴史修正主義――自衛隊最高幹部が侵略を正当化するとき」
 ・基調報告=西川重則(平和遺族会全国連絡会代表)
  「有事法制下の靖国神社問題』

◎参加費=500円
◎主催=平和遺族会全国連絡会

以上です。

今回はこんなところです。
ではまた・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2票の使い方を考えよう!

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 「渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち」 を見た。 | トップページ | 真夜中のタクシー&制服by吉田拓郎 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45920352

この記事へのトラックバック一覧です:  8・15を語る歌人のつどい など:

» 韓国の大手ポータル、「均衡」の名の下に右へ右へ [薫のハムニダ日記]
Daumの次はどこへ? 『ハンギョレ21』[2009.07.24第770号] [特集]「左右のバランス」をとるために『プレシアン』、『ビュース・アンド・ニュース』を排除し、アゴラViewのインターフェイスを使いにくくするなど、氾濫する外部圧力に苦肉の策 ▣イ・テヒ »Daumの次はどこへ?写真『ハンギョレ21』キム・ジョンヒョ記者 7月1日、インターネット・ポータル、DaumのメディアDaumから2つのメディアが消えた。進歩的なネットメディアとしてあげられる『プレシアン』と『ビ... [続きを読む]

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年8月13日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・国土交相の選挙対策?{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・TV党首会談{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・山城新伍さんお亡くなりになる{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» 植草一秀元教授が、巻き込まれた「2004年事件」は、わかりやすいえん罪事件です。 [ふじふじのフィルター]
 ブログを長く休んでしまいました。  3日に、植草一秀氏が当局に収監されてしまっ [続きを読む]

» 最高裁にこそ裁判員を!(2) [アルバイシンの丘]
 3.被害者の落ち度とプライバシー  たんぽぽさんの記事で知ったのだけど,性犯罪事件の裁判も裁判員制度の対象となるということで,強い反対論が起こった。これで裁判員裁判自体も実施不能だな,と思ったほどだったが,最高裁は大あわてで不都合な部分を糊塗した対策をまとめ,これで乗り切るつもりのようである。 しかし,性犯罪事件でなくとも,被害者(被告ではなく被害者!)の人格やプライバシーは滅茶苦茶になるだろう。このことは裁判員裁判でなくても多かれ少なかれ生じることである。とにかく,被害者の落ち度がもしある... [続きを読む]

« 「渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち」 を見た。 | トップページ | 真夜中のタクシー&制服by吉田拓郎 »

カテゴリー