無料ブログはココログ

« 民主党のブームを体感した | トップページ | 議員定数削減反対を大きな世論にしましょう。 »

私が好きなDoorsにThe Endという曲がある。

私は自民党End = 自Endというキャンペ-ンに参加しトラックバックを送り続けてきた。
今日も2つ送った。
安倍晋三を終わらせようというAbEndキャンペ-ンがなって「自民党にEndを」のキャンペ-ンである自Endとなって既に二年となる
その再出発はこの記事だった。

カナダで日本語
2007.09.12 Wed 05:49
AbEndから自Endへ

いよいよその時期が今月末に来ようとしている。
護憲派も改憲派もいるがとにかく自民党をEndしたいという思いを共有してきた。
この曲を自Endキャンペ-ンソングとしたい。

このThe Endという曲をkこのブログでお世話になった自民党にお送りします。


『ジ・エンド』


これで終わりだ 美しい友よ
これで終わりだ おれのただ一人の友よ

おれ達の手の込んだ計画は終わった
存在するすべての終わり
終わり

安心もない 驚きも
終わり
おれはもう君の瞳を見ることはない

思い描いてみろ、何がどうなるかを
広々して自由な
絶望的な思いで探し求めている
見知らぬ人の手を
絶望的な土地で

(中略)

これで終わりだ 美しい友よ
これで終わりだ おれのただ一人の友よ
終わり

おまえを自由にするのはつらい
でも、おまえはもうおれにはついては来ないんだ

笑いの終わり、そして罪のない嘘の
おれ達が死のうとしていた夜の終わり

これで終わり


▼2006年度 早稲田大学前期義転載レポート
ドアーズの雑感(大中真慶)
より

The Doors The End

今夜はこんな所です。

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 民主党のブームを体感した | トップページ | 議員定数削減反対を大きな世論にしましょう。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45974881

この記事へのトラックバック一覧です: 自Endのキャンペ-ンソング:

» 【ネズミ男舛添】次期総裁も選民意識男である以上、シロアリジミンの再生は絶望だ!【本音炸裂】 [ステイメンの雑記帖 ]
 各報道機関の調査によれば、各選挙区で多くのシロアリジミン候補者が苦しい戦いを続けている。  それは、この4年間にわたるシロアリジミンによる国民生活を無視した悪政苛政によるところが大きい訳だが、 辞書に「反省」という項目が無いシロアリジミンの議員ども は、その責を無能なアホウ太郎に押しつけている。  もっとも、それも真実の一端であるわけだが、ともかく アホウ太郎を応援弁士として呼びたがる候補者が少ないのは紛れもない事実 である。  そして、アホウ太郎に代わって、 人気を集めているのがネズミ男舛添 で... [続きを読む]

» これがロックフェスだ!若気の至り [BLOG BLUES]
先々週の深夜だった。NHK-BSで「若気の至りロックフェスティバルin京都」が 放送された。観た。胸が鳴り、腹が捩れ、瞼が熱くなった。平成の日本で、 こんなにも自由で、こんなにも気侭な音楽イベントがあるだろうか。 僕の念いは、40年近く前の「中津川フォークジャンボリー」までワープして しまった。一緒やんけ、若者は今も、若者だ。進歩もなきゃ退化もない。 ああ陶酔の時よ来いと陶酔している。若気の至りである。 なんでも、NHK京都の呼びかけに、京都の学生が応じ、自主参加。 出演者の選... [続きを読む]

» 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年8月20日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・勢力争い{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・高速無料と後期高齢{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・インフルエンザ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・橋下知事  母子家庭{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

« 民主党のブームを体感した | トップページ | 議員定数削減反対を大きな世論にしましょう。 »

カテゴリー