無料ブログはココログ

« ゆれる非核三原則 不破哲三「これが核密約だ」 | トップページ |  8・15を語る歌人のつどい など »

pj.news掲載御礼!

私の妻は被爆2世である。
原爆の番組はあまり見ない。

私は逆に見れる限り見ている
この番組で祖母と広島を訪れたタミコ パンゼラさんのエッセー「An Empty Urns.」のような文章を自分の娘と長崎に行って娘に書いてほしいと自分は思う。

妻はそれを望まない。

番組の中で渡辺謙さんはその心情がよく分かるとある被爆者に語っていた。
被爆者の心情は非被爆者とは違うものがある。
思わずこのある被爆者が遠く住む義母と寝ている妻と重なった。

それはさておき
私はこの番組のいろんな所が琴線に触れました。

・喜劇王チャールズ・チャプリン家の使用人に、広島出身の被爆者がいたことを知ったのがディレクターの取材のきっかけだった。
弊関連記事
チャップリンの日本

・二人の親友を奪われたため米国に憎悪を感じながらも兵役につくことで米国へ移民できた下田要さんが毎年二回広島に学友の墓参りに行っていること。
・タミコ パンゼラさんのエッセー「An Empty Urns.」
・シアトルでは、在住被爆者の話がきっかけで「From Hiroshima to Hope.」という灯籠流しが毎年行われている(ご本人は昨年なくなったが・・)
等など

以下ディレクター 小山靖史さんの思いと渡辺謙さんのメッセージです。

どこへ行く、日本。(政治に無関心な国民は阿呆な政治家に支配される)
在米被爆者の苦難に迫る/「渡辺謙アメリカを行く」/NHKディレクター 小山靖史さん語る


<戦後64年の夏に>
戦争で揺り動かされた人生

 広島で被爆し、戦後アメりカに渡った被爆者が900人以上いるといいます。彼らは日系2世でした。7日放送のNHKテレビ「渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち」(後10・0)は、在米被爆者の苦難の人生に迫ります。番組を企画し、渡辺謙さんとともに取材をした小山靖史チーフ・ディレクターに聞きました。   (和田 肇)

 小山さんが在米被爆者の存在を知ったのは3年前でした。当時、取材した喜劇王チャールズ・チャプリン家の使用人に、広島出身の被爆者がいたことを知りました。

 「チャプリンの使用人に日本人ばかりという時期があって、しかも被爆者がいる。彼らは原爆を落とした国に、なぜわざわざ戻ったのか。ちゃんと伝えなければいけないと思ったんです」

 多い広島出身者

 小山さんは、30~40人の在米被爆者に話を聞くなど取材を重ねました。アメリカ移住者には広島出身者が多いことが分かりました。広島市に移民のあっせん会社があったからでした。

 なぜ移住者が広島で被爆したのか。「子どもの教育の問題です」と小山さん。子ども(日系2世)が生まれたら、18歳くらいまで日本で教育を受けさせたい、そのため一時帰国しよう、そう考える移住者が多かったといいます。

 しかし戦争が始まり、一時帰国した移住者家族はアメリカに戻れなくなります。そして被爆。運よく生き伸びた日系2世も、多くが家族を失い、自らも心貞に大きな傷を受けます。仕事に就こうにも体調がすぐれない、そもそも焼け野原の日本には仕事さえない―。絶望の中、日系2世たちが「自分はアメリカに市民権がある。アメリカに行くことは、自分の権利だ」と考えたのは、自然な流れでした。

 事実さえ隠して

 広島に対するいたたまれない思いもありました。2人の姉を亡くした女性は、「日本には、私の住む場所はない」と切ない思いでアメリカに戻ったといいます。

 アメリカでは一般に「原爆投下は戦争を終わらせるためやむを得なかった」という考えが浸透しています。アメリカに渡った被爆者は、被爆した事実さえ隠して生きなければなりませんでした。

-----------------

 渡辺さんの熱意

 小山さんはいいます。「戦争とは、どれだけ人生を揺さぶるのかということを示したい。戦争の究極の象徴が核兵器。殺りく行為の象徴です。どれだけの人生が揺れ動くことか。戦争、核兵器に揺り動かされた、知られざる流転の人生があることを知ってほしい」

 今回、渡辺謙さんにリポーターを頼んだ理由は。「ご自身もアメリカのロサンゼルスに住む日本人だということと、映画『硫黄島からの手紙』の出演などで戦争に強い関心を持っておられるからです」。昨年3月にオファーを出し、夏に承諾の返事。12月とことし6月に取材をしました。

 番組では、渡辺さんが在米被爆者にインタビューしたり、資料を調査することで、歴史に埋もれた事実を掘り起こします。インタビューにかけた時間は1人当たり4、5時間。渡辺さん自身が問題意識を持ち、質問内容を提案してきました。

 「渡辺さんにも、在米日本人として、体で感じていることがあるのだと思います。人ごとではない、という熱意を受けました」

--------------------

 僕らは拒絶、排除できるか/渡辺謙さんの話

 ここ数年、アメリカと日本の間でいろいろな仕事をさせていただき、また生活もするなかで、この番組に非常に興味があり参加しました。日米の間で、そして戦争のはざまで、さらに被爆という大きな体験をしつつも、今なお元気に生きていらっしゃる日系人の方々にお目にかかることができました。貴重な体験や素晴らしい意見を伺いました。今、僕たちの世代、そして若い世代が、いったい何を感じることができるのか、戦争というものをどう受け止め、それをどう拒絶し排除していくことができるのか、そんなことを、取材し
ながら思っていました。戦争や原爆というものがどんどん遠のいている現代において、アメリカで生きてきた被爆者の方々の体験や思いを、この番組を通して、できるだけ多くのみなさんに感じていただければと思います。

========================================

<参照>

チャップリンの秘書は日本人だった~移民が歩んだ波乱の人生~

分かりましたチャップリンは5月15日首相のお宅に伺います:決行日は5.15日首相官邸襲撃


以下関連記事です。

歯の妖精のささやき
S H I M O D A   L A W M A Y E R


きりまる
渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち


この夏の特筆すべき番組だたと思います。

再再放送は以下です。
録画でもして是非覧下さい。
総合テレビ(短縮版)
6月13日(木)01:35

今回はこんなところです。
ではまた・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2票の使い方を考えよう!

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« ゆれる非核三原則 不破哲三「これが核密約だ」 | トップページ |  8・15を語る歌人のつどい など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/45907302

この記事へのトラックバック一覧です: 「渡辺謙 アメリカを行く 星条旗の下に生きたヒバクシャたち」 を見た。:

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年8月13日 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・自民・民主,党首討論・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・自民・民主,党首討論・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・社会問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» ギャグノン講演が無事終了 [ペガサス・ブログ版]
このところ何かと忙しく,ブログの更新も滞っていましたが,ギャグノンさん講演の世話も無事終わって一息ついています. 講演の内容は,いずれ詳しい報告がなされると思いますが,つぎのような点を強調していたように思います. 1)「ミサイル防衛」は防衛のためではなく,先制攻撃をしたあとの反撃に対応するためである. 2)オバマのプラハ演説を美化することは危険だ.ブッシュは悪いカウボーイだった.オバマは良いカウボーイというだけで,カウボーイの本質は変わらない. 3)アメリカは兵器を売ることで生計を立てる国になっ... [続きを読む]

» スワット谷の夜明け・タリバン戦線の鍵を握るパシュトゥン族 [米流時評]
  ||| スワット谷パシュトゥンの夜明け |||  ブッシュの始めたタリバンとの戦争を、オバマは終わらせることができるか?  テロ戦争9年目、終結の鍵を握るスワット谷・パシュトゥン民族の自衛組織 昨日末尾にちらっと書き足した補足の部分が 実はかなり重要なヒントを含んでいるように思えるので、 今日の冒頭で、記事リンクと一緒にあらためて書き直しました。 この8年のテロ戦争に対する、私の真情です。 【 スワット谷に夜明けは来るか 】  今年5月、パキスタン政府軍がタリバン... [続きを読む]

» 残暑お見舞いもうしあげます。 [NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ(NHK☆監激コム)]
テンプレートを涼しくしました。 [続きを読む]

» NHK 日本の、これから 【“核の時代”とどう向き合うか】 [観劇レビュー&旅行記]
2009年8月15日(土) NHKで、核兵器の問題を正面から問う?番組 日本の、これから 【“核の時代”とどう向き合うか】  が放送されたが、 そ... [続きを読む]

« ゆれる非核三原則 不破哲三「これが核密約だ」 | トップページ |  8・15を語る歌人のつどい など »

カテゴリー