« 辺野古移転は公約違反!ミサイルPAC3の追加配備予算中止指示! | トップページ | 何故太陽光発電補助中止? »

2009年11月27日 (金)

鳩山首相の資産報告訂正は5億円以上

鳩山首相の7年間に及ぶ資産報告訂正で、訂正した資産の総額は、5億円を超すという。

その株式の全貌はこれである。

2009112401_02_1b

赤旗11月24付け記事より

鳩山首相は貸付金としている。

しかし 貸付金であることとするには、資金の使い道や期間などが明確でなければならない。

貸付金でなければ、贈与税を払わず、政治資金規正法上の問題が発生するはずであり、全て贈与と認定されれば私の計算では2億2千4百8十万円の贈与税の支払いが必要なはずである。

 

鍵を握る「六幸商会」社長の参考人招を国会で行うべきである。

その上での問題点に関して鳩山首相の説明が必要だろう。

 

政治と金の問題を解明するには自民も民主もない。

徹底的に事実を明らかにすべきだろう。

 

事実を明かにできなければ首相辞任に値するだろう。


ーーーー

 

事のついでに気になっていた鳩山家に関する記事を紹介しておきます。

鳩山家がフリーメーソンに属しているという記事です。

 

このことの確認のしようがないですが本人が明らかにすべきでしょう。

 

東海アマのブログ

2009年6月27日 

友愛団体フリーメーソン http://blogs.yahoo.co.jp/tokaiama/archive/2009/06/27

入会がはっきりしているのは鳩山威一郎、宮沢喜一

入会したと思われるのは福田赳夫・中曽根康弘。

朝日新聞社主、村山家や渡辺恒雄

アメリカ民主党のクリントンやケリー、ゴア

共和党のブッシュ、チェイニー

 ・・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

ココログの仕様変更で概要のみが1ページ目に表示されるようになりました。

前と同じようにすることも考えていますがどちらがいいでしょうか?

今日はこんな所です。
 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

==================================================
国民が主人公へトラックバックを!
メールマガジン :大津留公彦の目発行中!
 「大脇道場」国会議員定数・比例削減反対共同キャンペーン中!
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中! 消費税のことはここで全部わかる!
=================================================

   

   

« 辺野古移転は公約違反!ミサイルPAC3の追加配備予算中止指示! | トップページ | 何故太陽光発電補助中止? »

「民主党」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

すみません。無粋なので注釈を入れませんでしたが,

Looperも バイシンの丘で 道迷う

の中の”Looper”というのは Looper さんのHNではなくて,”Looper”という英語のつもりでした。
(無論,掛詞ですが,呼び捨てにしたわけではないのです)
ややこしくてすみません。

次のようなつもりだったんです。すみません。

尺取虫 バイシンの丘で 道迷う

Looperさん

バピヨンさんも間違いは認めてますので拒否設定解除要望のみにして下さい。
感情的な発言は説得力を下げますので止めた方がいいと思います。(なるべく…)
「ブサヨ認定証」というものを貰ってみたい気もしますが…。

パピヨンさん、

>そういうことで,せっかくのご提案ですが,私のところへは来られない方が彼自身のためにも(双方のためにも)よろしいかと思う次第です

おめでとうございます!
デマ、捏造発言を指摘され、それを遂には自ら認めざるを得なくなったにも関わらず、その相手の反論権を封じておいて中傷行為を未だに続けるという言論人として尤も恥ずかしい行為を行っている事を認め、あなたを史上最強の「ブサヨ」に認定することに決定しました。

認定証を送りますので、送り先をお知らせください。(嘘w

Looperも バイシンの丘で 道迷う

LOOPERとアルバイシンの解け合わず悲しき歴史が一つ残れり

おおつるさん,長いシリーズも一応終了です。

私,考えましたが,Looperさんは私の所では品格を落とされるようです。私もそれに釣られて落ちてしまいます(^o^)
他の方に対しては私はほとんど落ちないのですが,Looperさんの場合は喧嘩語を用いられるからだと思っています。
(Looperさんから戴いたコメの方は証拠のために残してあります。)

Looperさんは他の或る所ではとても素晴らしいご意見を述べておられることを存じております。(そうではない所も存じておりますが。)
ということは,場所によって評価が変わる面があるのではないかと判断します。
そういうことで,せっかくのご提案ですが,私のところへは来られない方が彼自身のためにも(双方のためにも)よろしいかと思う次第です。

アルバイシンの丘さん

議論もいい方向に落ち着いて来たと思います。

ここで提案ですが議論収束を記念して、LooperさんのコメントとTBのIP拒否設定を解除されてははいかがでしょうか?
論争の発端の記事を書いた者としての責任を感じての依頼です。
Looperさんには打撃的ではないコメントを期待しつつ・・。

ああ,自分の記事ではなかったんですね。道理でいくら探しても見つからなかったはずです。
すみません。ありがとうございました。(^o^)~~~~~~

ところで,そうであれば私の記事に注釈入れる必要はありませんので,先の謝罪で済んでいると考えます。
もしそれがご不満なら,そこのコメ欄にご投稿くださいね。

アルバイシンさん

すいません。訂正です。「確認」と間違えて「送信」を押してしまいました。
これで、いったんは終わりにします。

>私はしては、これでこの件に関して最後にさせてもらいます。
↓          ↓      ↓
私としては、これでこの件に関して最後にさせてもらいます。

>とになるのか、よくわかりませんが、
>お断りということなので了解しました。
↓       ↓     ↓
とになるのか、よくわかりませんが、お断りということなので了解しました。

お尋ねの件は、確か、
2009年11月23日「民主党の政治資金」http://taraxacum.seesaa.net/article/133715727.html

コメントはこれです。

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
>まるで悪徳新興宗教団体ですなあああああ (開いた口がふさがらん)

また一つ余計なコメ欄を使ってすみません。

このように言えるかもしれない根拠は,「借金」という名目で政治資金を調達する理由がパピヨンの想像力では思い起こせないからです。

単に想像力が貧困なだけで,もし,「借金」という方法が素晴らしいもの,納得いくものであれば,これは深いお詫びとともに撤回します。あらかじめお詫びしておきます。
Posted by アルバイシンの丘 at 2009年11月24日 22:20
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

>訂正のコメントをするが、常識でしょう。

喩えの例を訂正しても仕方ないでしょう?

でも実は,注釈を入れようと思っていたのでした。ところがその場所,すなわち私がそのコメを書いた場所がどこだったか探し出せないのです。(書いたことは憶えているけど)

お恥ずかしいけど,その場所を教えてもらえますか?申し訳ないです(^o^)~~~~~~

アルバイシンさん

私はしては、これでこの件に関して最後にさせてもらいます。

>これ以上,Dさんの気持ちに立ち入った感想を申し上げる義務はないと思いますので,以後お断りします。」

Dさんのコメントの感想を聞くことが(Dさんの)「気持ちに立ち入った」ことになるのか、よくわかりませんが、
お断りということなので了解しました。

>Dさんの感じ方に私は無関係ですから,そのように理解しておりません。

だから、ここで「これは面目次第もありません。調子に乗って下品さが現れてしまいました。これについては共産党とその支持者の方々に深くお詫びします」と謝罪しても無意味でしょう。「まるで悪徳新興宗教団体ですなあああああ 」と書いた所に訂正のコメントをするが、常識でしょう。言っている意味がわかりませんか?

ガイヤルドさん

あまり議論の価値を認めませんが,私の気持ちを少しでも理解したいためというのであればお応えしましょう。

「多数党は誠実な対応をしなくて良い」

という意味は,人道的・倫理的な意味ではなくて,
「誠実な対応をしなくて支持が減っても痛手は少ないから問題ない」
というほどの意味に理解しております。従って全く違和感はありません。
これ以上,Dさんの気持ちに立ち入った感想を申し上げる義務はないと思いますので,以後お断りします。

もう一つの,
「この件を蒸し返すと、「まるで悪徳宗教団体ですなあ・・・」とコメントした所のことが問題になります」
という点については,Dさんの感じ方に私は無関係ですから,そのように理解しておりません。

アルバイシンさん

「違和感」の説明が不足していましたね。すいません。違和感というのは、何もDさんの「共産党批判」に限定した話でなく、例として一つあげれば(これだけではないですが)

>誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応しなければいけないのは、一方的に少数派である共産党及び共産党支持者でしかないのですよ。

「一方的に少数派」の中に社民党も入っているでしょう、共産党だけでなく。それに多数党は誠実の対応しなくてもいい、と言っています。それに対して違和感はないのか、と思った次第です。違和感がなければ、私とは考え方違うということで了解です。

>Dさんがそのように感じられたのは私の責任ではないですから,私への後ろ弾というのは当たりませんね。

Dさんの文はDさんの責任ですが、この件を蒸し返すと、「まるで悪徳宗教団体ですなあ・・・」とコメントした所のことが問題になります。アルバイシンさんはそこへは訂正のコメントをしていないでしょう。ここで「これは面目次第もありません。..」と書いてもあまり意味がありません。前々コメントでは、そんなことを言われなくもやるだろう、思っていました。こういう指摘をしなくてはいけなくなるので後ろ弾と表現したわけです。

ガイヤルドさん

これは奇妙なご質問ですね。
>社民党マインドであるらしいアルパイシンさんは、何の違和感も持たないのですか?
お答えする必要は感じませんが,相互理解のために申し上げましょう。

まず,批判とか非難とかは,その相手のためを思ってやるものとは限らないでしょう?
そもそもこの点が奇妙なので,あなたの質問の深意を理解できてないのかもしれませんが。

社民党マインドの人は,共産党のためではなく批判する人に(あるいはそういう主張に)違和感を持つはずというのが理解できませんが。

ひょっとしたら,社民党マインドと共産党マインドは親戚のようなものであるから,共産党への批判のための批判に対し違和感をもつはずだ,ということですかね?
これについては,社民党マインドにもいろんな人がいるはずで,こうとばかりは限らないでしょう。現に私は限らない方に入ります。

ついでに,一つ前のコメントに関して申し上げます。
私は「まるで悪徳宗教団体ですなあ・・・」という表現が,如何に喩えといえ下品な表現であったと反省して謝罪しましたが,その表現をどのように感じるかは人によって違うでしょう。
Dさんの文をよく読むと,
「共産党のことをよく知った人ならそのように思うでしょう」,
「・・・思われても仕方がないでしょう」
とDさん自身が感じられたことがわかります。
Dさんがそのように感じられたのは私の責任ではないですから,私への後ろ弾というのは当たりませんね。

>アルパイシンさん

>そういうのを警告といわないのであれば,言葉を変えても良いですが,今適当な言葉を探し出せません。」

「警告」だと良くない事態にそなえて注意を促すということがあるでしょう。アルバイシンさんが「警告」を使った文脈だと、相手のためを思って、というのが含まれていると考えます。しかし、Dさんは「他党がどうなろうが、基本的にはどうでも良い」だから、「警告」というにはあたらないと思います。

>Dさんは単に,「自分で自分の首を絞めてることになるよ」と言ってるだけだと思いますよ。」

「単に~言ってるだけ」だと、共産党をただ批判するためだけに書いていることになると思います。それは「ためにする議論」ですね。

Dさんの主張に対して、社民党マインドであるらしいアルパイシンさんは、何の違和感も持たないのですか?
その点が不思議です。

Dさん

>極論すればそう言う事ですよ。多数派を形成する事により権力を持つ勢力と、そうでない勢力では立場が違いますからね。」
>ちょっと違いますね。与党になる気がない政党(政策を実現する気が無いと言う意味も含みます)など不要だと言う事です。」

わかりました。私の考えとは、かなり違うようなので了解は出来ませんが、Dさんの主張として承知しました。

>ちなみにアルパイシンさんが言われていた「悪徳新興宗教団体」と言うのは、共産党の事を知れば知るほど、「そうだよね」と思うでしょうね。」

これは、蒸し返さない方がいいでしょう。アルパイシンさんも「これは面目次第もありません。調子に乗って下品さが現れてしまいました。これについては共産党とその支持者の方々に深くお詫びします」と書いています。ここでDさんが、「ちなみにアルパイシンさんが言われていた」と蒸し返すなら面目丸潰れです。Dさんのコメントはアルパイシンさんへの”後ろ弾”になっています。

ガイヤルドさん

>「他党がどうなろうが、基本的にはどうでも良い」人が、共産党のために「警告」するというのは、おかしくないですか?

共産党のためではないはずですからおかしくないと思いますよ。共産党のためではなくったって言えるのです。そういうのを警告といわないのであれば,言葉を変えても良いですが,今適当な言葉を探し出せません。
Dさんは単に,「自分で自分の首を絞めてることになるよ」と言ってるだけだと思いますよ。

ガイヤルドさん

極論すればそう言う事ですよ。多数派を形成する事により権力を持つ勢力と、そうでない勢力では立場が違いますからね。

>>連立を組んで与党にならない少数政党は消えてもらう、ということでしょう。この考えを押し進めると最終的には、一党独裁しか残らないと思います

ちょっと違いますね。与党になる気がない政党(政策を実現する気が無いと言う意味も含みます)など不要だと言う事です。実際、今の共産党が出来る事は、そこらの圧力団体と同じレベルでしかありませんからね。

ちなみにアルパイシンさんが言われていた「悪徳新興宗教団体」と言うのは、共産党の事を知れば知るほど、「そうだよね」と思うでしょうね。少なくとも民主集中制をやめるなり、トップのみを党の金で贅沢させているような事をやめない限りは、「悪徳新興宗教団体」と思われても仕方ないでしょうよ。

>私が大津留さんに最初ごろに申し
>上げたことは,「この種の追及の
>ばかばかしさ」ということです。

2009年11月29日 (日) 14時47分のレスでは
「共産党にも説明責任は求めませんか?」「共産党も事実を明らかにできなければ公党たることをやめなければなりません。解党です。」
と言っていますねぇ。
自分のブログにも精力的に書いてますね。

まあ、脳内妄想に基づく「闇献金」は、確かに馬鹿馬鹿しい追及ですが。
事実に基づく「偽装献金」は、全然馬鹿馬鹿しい追及ではないので。
大津留さんの追及とパピヨンさんの追及のレベルを同列視してはいけませんね。

>私から見ると形式違犯に過ぎないこと

そりゃ、信者の目が節穴同然だということの証ですから。信者諸君は、政治資金規正法に照らして違法か合法かの判別もつかないから、「鳩山首相を追及するのは馬鹿馬鹿しい」とか「共産党こそ闇献金」とか、アホ踊りに狂奔しとるのですよ。

>それなら共産党にだっていろいろ
>突っ込まれることがあるだろうが!
>という意味で,上に書いたような
>いろいろな疑問を呈しているわけ
>ですよ。これはデマを飛ばすこと
>とは違います。

脳内妄想に基づく「闇献金」は、デマを飛ばすことと同じです。

>従って,告発するなど全く意識の外
>です。全く逆なんですよ。

鳩山首相は、会計事務担当だった元公設第1秘書が在宅起訴されてますので。

鳩山首相のメールマガジンではこんなことも言っている。
「私は政治家と秘書は同罪と考えます。政治家は金銭に絡む疑惑事件が発生すると、しばしば「あれは秘書のやったこと」と嘯いて、自らの責任を逃れようとしますが、とんでもないことです。政治家は基本的に金銭に関わる部分は秘書に任せており(そうでない政治家もいるようですが)、秘書が犯した罪は政治家が罰を受けるべきなのです。」

「共産党こそ闇献金」と突っ込むなら、刑事告発して起訴を要求すればよろしい。

Dさん

Dさんへの前のコメント(投稿: ガイヤルド | 2009年12月11日 (金) 17時25分)での「票(支持)を増やしたいのか、増やしたくないのか」の説明は、これでいいのですね?

>>票(支持)を増やしたいのか、増やしたくないのかの差でしかありませんよ。

>わかりました。票(支持)を増やしたい少数政党(支持者)は、どんな事(誹謗中傷)にも誠実に対応しなくてはいけないが、大政党(支持者)は票(支持)を増やす必要がないので、誠実に対応しなくてもいい、ということですね。
そして、大政党支持者はどんな事を書いても、それがたとえ間違っていても、誠実な対応をせずに無視してもいいということですね。

>アルバイシンさん

売り言葉に買い言葉になっている面もありますが、それを差し引いても、Dさんのコメントを「警告」と受け取るのは、無理があると思います。
ちなみに「警告」というのは、Dさんが、共産党及び少数政党(支持者)のために「警告」するという意味でしょう?。

>当然ながら、他党がどうなろうが、基本的にはどうでも良いとも言えます。」投稿: D | 2009年12月11日 (金) 01時49分

「他党がどうなろうが、基本的にはどうでも良い」人が、共産党のために「警告」するというのは、おかしくないですか?「自分としては、何の関わりも無い社民党がどうなろうが知った事ではありませんので」とも言っていますし、支持政党以外は知ったこちゃない、という立場でしょう。

>こちとら共産党に関わらざるを得ない立場にあります。関わるからには、政権に影響力を行使できる程度に伸びてもらわなければいけませんのでね。(もしくは、消えてもらうか)投稿: D | 2009年12月11日 (金) 01時49分

これだ連立を組んで与党にならない少数政党は消えてもらう、ということでしょう。この考えを押し進めると最終的には、一党独裁しか残らないと思います。

下のコメントも、現在は民主党が多数派なので、支持者や身内の間だけで踊り狂うのはそれほど問題ない、と読みかえることができますね。多数派は誠実に対応しなくていいが、少数派は誠実に対応する必要がある、ともいっています。これは、「逆」ではないですか? 多数派であるなら、より謙虚に対応する必要がある、というのが一般的でしょう。多数派というのは、政権与党でもあるわけですから。

>支持者や身内の間だけで踊り狂うのは、共産党関係者の悪癖だと理解した方が宜しいでしょうね。(共産党が事実上の多数派なら、それほど問題ではないけどね)投稿: D | 2009年12月10日 (木) 10時41分

ガイヤルドさん

>>少数派の圧殺を感じたからです。

少数派が多数派と同じ手法を取り続ければ、結果的に圧殺されるだけの事です。

ガイヤルドさん

>一点注意として「喩え話」でも「まるで悪徳新興宗教団体ですなあああああ 」というのは、慎重さが必要ですね。

これは面目次第もありません。調子に乗って下品さが現れてしまいました。これについては共産党とその支持者の方々に深くお詫びします。

それからDさんのコメントですが,これは恐らく擁護というよりは(ありがたいことに少しはあったと思いますが),ひとつ前に私が書いた趣旨,

「民主党や社民党を攻撃することによって,共産党だけが正しいのだ,という主張を展開する限りは,却って票が逃げてしまう」という警告をされたのだと思いますよ。支持者達の態度は逆効果しか生み出さず,少ない支持基盤が益々やせ細っていくという趣旨のことはDさんは常々仰っていますから。私もその通りだと思います。

やや話を迂回させます。先に『一緒に闘う姿勢が必要』と書きましたが,この理由を書きます。
そのような姿勢であれば,民主党や社民党支持者も共産党を選択肢の一つとして考えることができます。そうなれば政策の勝負で,共産党に票が来ることもありうるのです。
しかし,『共産党だけが』という姿勢ならば,これは全く異質の集団とみなされ,何言ってんだ!となるのです。つまり選択肢から除外されるわけです。
上の話はこういうことと通じてくるのです。
余計なことを書きましたか?

アルバイシンさん
>仮定の世界の話で,疑えばキリがないという喩え話です。

借用証を製造しているが、「喩え話」ですか。まあ、「借用証がある」というのを認めていることなので「喩え話」で了解しました。一点注意として「喩え話」でも「まるで悪徳新興宗教団体ですなあああああ 」というのは、慎重さが必要ですね。

>ひょっとしたらガイヤルドさんは,ある日突然,支持をやめたとか支持し始めたとなると思ってるのですか?

先に書きますが支持政党で言えば、無党派で前の選挙では民主党と社民党に一票入れています。それにどちらか言えば社民党マインドなので、アルバイシンさんと同じ?です。「村山政権の頃から見放し」た点も似ています。
支持政党云々の話は、何度も書いていますが、Dさんがアルバイシンさんを民主党支持と書き、それに私がアルバイシンさんのブログを引用して違うと書いたからです。

もともと私がコメントしたのは、Dさんのコメント※に見過ごせないものを感じたからで、このコメント(他にもありますが)から、少数派の圧殺を感じたからです。アルバイシンさんを擁護するために書いたのだろうと思いますが。

※>誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応しなければいけないのは、一方的に少数派である共産党及び共産党支持者でしかないのですよ。

ガイヤルドさん,
>アルバイシンさんは、「借用証がない」と思っているから、(共産党が)借用証を製造(これは偽造という意味ですね)してるかも、と思ったのでしょう。
いいえ,違いますよ。「借用証がない」と言ったことはありませんよね。そしてそう確信したのでもありません。しかし,疑問を持ったからお聞きしたのですよ。ですから
>ただの「契約書はあるのだろうか」という疑問から、借用証を製造はおかしくないですか?
は,仮定の世界の話で,疑えばキリがないという喩え話です。実際にそのキリがない話をしているのではないですよ。
それから支持政党の話ですか?ひょっとしたらガイヤルドさんは,ある日突然,支持をやめたとか支持し始めたとなると思ってるのですか?共産党支持なら知りませんが,オンオフの世界ではないですよ。社民党はすでに村山政権の頃から見放しています。しかし,マインドは近いものがあり,これまで支持してきた愛着もありますから,何とかまともになってくれ,という願いは今でも持っていて,見放したといってもゼロではないのです。とは言っても,ここ二・三年,民主党への支持が大きくなるにつれ存在感は非常に薄いものになっています。
その意味では共産党に対してもそうなんですよ。私の記事のどこかに,共産党は30名から40名はいた方が良いと書いています。しかし,今は不明を恥じながら撤回しなければなりません。一桁で十分のようです。今は,国会議員ゼロとなることを心配していますよ(これは真剣にです。ゼロになったらやはり日本のために良くないと思います)。小池さんが東京選挙区に出られるようですが,民主党や社民党を攻撃することによって票を増やすことは絶対に無理です。そちらの支持者の票を捉まえるには,一緒に自民党政治と対決する姿勢が大事で,共産党だけが対決しているという姿勢だと逆効果になりますよ。私の批判シリーズの最後の記事はこのような趣旨になります。まあ,老婆心ですから無視してください。
話が飛びましたが,私の支持政党とはそういう意味です。

>アルバイシンさん

誰宛なのかわかりませんが、私が関係していると思う所に答えます。

>皆さん,初めから,「借用書がない」とは申しておりませんよ。「契約書はあるのだろうか」という疑問を呈していただけですからよく見てくださいね。

その「「契約書はあるのだろうか」から「Dマゴギーさま  そうなんです。パピヨンの鋭い(^o^)指摘を受けて,今,遡って借用証を製造してるかも,なんて想像したりしています。」を書いたのですか?

アルバイシンさんは、「借用証がない」と思っているから、(共産党が)借用証を製造(これは偽造という意味ですね)してるかも、と思ったのでしょう。

ただの「契約書はあるのだろうか」という疑問から、借用証を製造はおかしくないですか?


>それから,支持政党の問題?何でこんなことを書く必要があるんだか。一ヶ月の間に変わった?

これは、私のコメント(投稿: ガイヤルド | 2009年12月11日 (金) 17時30分)に書いています。
Dさんが「「そもそも、アルバイシンの丘さんは民主党の支持者...以下略」と書いたからです。

「一ヶ月の間に変わった?」というのは、これも私のコメント(投稿: ガイヤルド | 2009年12月10日 (木) 17時24分)

>アルバイシンの丘2009年 10月 31日【左翼政党と普天間基地移設問題】
> http://papillon99.exblog.jp/12188374/#12188374 
>【注3】 以前から社民党を支持してきたパピヨンとしては実に心苦しい。こういうことでは一桁政党,
>泡沫政党と化しても何ら不思議はない。再建のために敢えて叱咤する。

から判断した次第です。しかし、民主党支持ということなので、「社民党支持のアルバイシンさん」というのは、訂正させてもらいます。

まず,Looperさん,私に代わって共産党に借用書の件調べてくださってありがとうございます。
借用書があったということはご同慶の至りです。この疑問は今後,口にしないことにします。
皆さん,初めから,「借用書がない」とは申しておりませんよ。「契約書はあるのだろうか」という疑問を呈していただけですからよく見てくださいね。
しかし,「借用書」が交わされているとしても,
「建設が終わった後の建設協力金とは何か」,「それで得ている運用益はどう解釈するのか」,「国会議員団という団体とは何か」,
となお疑問が存在するので引き続きお聞きしているわけです。

それから,刑事告発に関して。これまた大きな誤解ですねえ。
私が大津留さんに最初ごろに申し上げたことは,「この種の追及のばかばかしさ」ということです。
小沢献金の時もそうですが,私から見ると形式違犯に過ぎないことを針小棒大に騒ぎ立て,捜査当局と一緒に追求する共産党にいささか怒りを感じているわけです。(尤も,形式違犯という見解はそれぞれの人で違うでしょうが)
だから,それなら共産党にだっていろいろ突っ込まれることがあるだろうが!という意味で,上に書いたようないろいろな疑問を呈しているわけですよ。これはデマを飛ばすこととは違います。
従って,告発するなど全く意識の外です。全く逆なんですよ。
それから,支持政党の問題?何でこんなことを書く必要があるんだか。一ヶ月の間に変わった?
ずっと以前から民主党に期待する趣旨の記事を書いてきているでしょうが。

>パピヨン氏による共産党への冤罪
>ねつ造は、完全に否定されており
>ます。

異議なし。

>借入金による運用益の解釈は

こちらの2009年12月 1日 (火) 21時08分のレスで回答済みですが、何か?

>「国会議員団」の問題は

Looperさんが直接共産党に問い合わせて確認した答えで十分カバーされていますが、何か?

「日本共産党中央委員会の借入金は、5年前に新しい本部ビルを改築(総予算85億円)するさいに、本部建設募金(寄付および協力借入金。総額40億円を達成しました。)を募ったものがすべてです。
協力借入金については、①無利子、②借入期間は5年または10年、③一口10万円以上としてよびかけました。現在、返済期日どおりに順調に返済をしているところです。協力された方々とは借入証書を交わし、返済と同時に回収しています。収支報告に掲載した借入金は、まだ借入期日を迎えていないか、協力者の申し出により借入を継続しているかのいずれかです。申し出があれば期日前であっても返済しています。」

どうしても納得できないなら、共産党の刑事告発をやればよろしいのでは。
西松事件の二階ルートについて、「政治資金オンブズマン」共同代表の上脇博之氏らは政治資金規正法違反の疑いで東京地検に告発し、東京地検は二階秘書を略式起訴した。

http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51283359.html

パピヨンさんもDさんとか美爾依大センセイとか植草一秀大センセイとかと一緒に、正々堂々と共産党の刑事告発をやればよろしい。告発状ができたら是非拝見したいものですな。

>実は鳩山首相は返済する際に母に
>領収書をもらおうと思っていたん
>ですよ

>どうして鳩山首相の方だけ問題に
>なるんですかね???

脳内妄想に耽らず事実を直視しよう。

鳩山首相は「借入証書なし」「返済なし」「借入金としての政治資金報告書への正確な記載なし」。
母から借りて後で返す金なら、何で借入金と明記せずに、故人献金とかに偽装するのやら?

しかも弟が「自分も母から資金提供受けていた、贈与として」「だから贈与税払う」と言ったので、一層窮地に追い込まれている。

「政治資金報告書への虚偽記載」は、不注意による申告漏れではなく、故意の所得隠し。
弟は「自分はその点兄とは違う(=自分のは虚偽記載してない、意図的な脱税ではない)」と弁解している。

>アルバイシンさん

支持政党を間違っていてすいません。まさか一ヶ月ほどで、「以前から社民党を支持してきた」から民主党支持に変わるとは思わなかったもので。

>民主党支持です。どんな問題があるんですかね?

これは、Dさんが「そもそも、アルバイシンの丘さんは民主党の支持者であって共産党のやっている事に理解を示す義務などはありませんよ」と書いたからです。いま民主党支持のアルバイシンの丘さんは、Dさんのこの文に同意するのですか?

>ところで,借用書は交わされているということですかな?
>見本を見たいものだけど,まあ,そこまではいいとしましょう。

「そこまではいいとしましょう」ではおかしいし、いい加減に「借用書があった」というのを認めたらどうですか?「借用書ない」と主張している推論が間違っていたのでしょう。速やかに記事の訂正をした方がいいです。

Dさん
すいません。2009年 10月 31日までは、「以前から社民党を支持してきた」と、アルバイシンさんは書いていたのですが、この一ヶ月ほどで、社民党の「政権担当能力に疑問があって」民主党支持に変わったようです。それでもマインドは社民党に近いらしいです。

>票(支持)を増やしたいのか、増やしたくないのかの差でしかありませんよ。

わかりました。票(支持)を増やしたい少数政党(支持者)は、どんな事(誹謗中傷)にも誠実に対応しなくてはいけないが、大政党(支持者)は票(支持)を増やす必要がないので、誠実に対応しなくてもいい、ということですね。
そして、大政党支持者はどんな事を書いても、それがたとえ間違っていても、誠実な対応をせずに無視してもいいということですね。

だから民主党支持のアルバイシンさんは、自ブログのコメント欄で「Dマゴギーさま  そうなんです。パピヨンの鋭い(^o^)指摘を受けて,今,遡って借用証を製造してるかも,なんて想像したりしています。」と書いてもそのままで、しかし、日本共産党(支持者)はこの文にも誠実に対応する必要があるということになる。よくわかりました。

ガイヤルドさん

>>これは、おかしいでしょう。少数派の共産党・共産党支持者には、「誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応」を求めながら、同じく(いや、それ以上に)少数派である社民党・社民支持者(であるアルバイシンさん)により誠実な対応を求めないのは、矛盾しているでしょう。
なぜ社民支持者のアルバイシンさんだけ、誠実な対応をしなくていいようになるんですか?

票(支持)を増やしたいのか、増やしたくないのかの差でしかありませんよ。
こちとら共産党に関わらざるを得ない立場にあります。関わるからには、政権に影響力を行使できる程度に伸びてもらわなければいけませんのでね。(もしくは、消えてもらうか)
当然ながら、他党がどうなろうが、基本的にはどうでも良いとも言えます。
なお、このガイヤルドさんへの回答は、Looper氏への回答にもなります。

何かアクセスがまた急に増えたので何事かと思ったら,ここで話題になっていたのですか。

Dさん,いろいろすみません。ありがとうございます。社民党支持とか民主党支持とか書いていますが,民主党支持ですよ。マインドは社民党に近いけど,政権担当能力に疑問があって,民主党支持です。どんな問題があるんですかね?

ところで,借用書は交わされているということですかな?
見本を見たいものだけど,まあ,そこまではいいとしましょう。
では次。
1.その借入金による運用益の解釈はどのようにお考えですかね。
2.「国会議員団」の問題は依然として回答はないようですが,どうなんですか?

> 本当に痛いお方だ。
> つくづく共産党支持者の程度が解りますな。

いつもの捨て台詞がでましたねwww
誰でも「共産支持者」とレッテル貼りさえすれば、何か反論したと錯覚しちゃう典型的反共Dマゴギストの行動パターン。
いやー、良いサンプルだ。

で、Dさん、あなたのデマの始末もどうするのかな?

Dさん

>アルバイシンさんが社民党支持者でしたら、それこそ特別誠実な対応を求める必要は無いと思います。

これは、おかしいでしょう。少数派の共産党・共産党支持者には、「誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応」を求めながら、同じく(いや、それ以上に)少数派である社民党・社民支持者(であるアルバイシンさん)により誠実な対応を求めないのは、矛盾しているでしょう。
なぜ社民支持者のアルバイシンさんだけ、誠実な対応をしなくていいようになるんですか?

>自分としては、何の関わりも無い社民党がどうなろうが知った事ではありませんので。

これは、社民党・社民支持者(であるアルバイシンさん)をバカにしていますね。アルバイシンさんを民主党支持者と勘違いしたから、擁護しようとしたということですか?そして、社民党支持者と分かったからには、どうなろうと知ったことではないと。

latter_autumn氏へ

もっと、おやんなさい。
どんどん共産党支持者の評価が下がるだけだから。

ガイヤルドさん

>>勝手に民主党の支持者と決めていいのですか?そもそもアルバイシンの丘さんは、社民党支持と書いています。

そうですか民主党の行く末を憂えておられたのでてっきり民主党の支持者だと思っておりました。

>>「一方的に少数派である」社民党支持者のアルバイシンの丘さんに当てはまって”自爆”です。
Dさんは、「一方的に少数派である」社民党支持者のアルバイシンの丘さんに誠実な対応を求めてください。

アルバイシンさんが社民党支持者でしたら、それこそ特別誠実な対応を求める必要は無いと思います。
自分としては、何の関わりも無い社民党がどうなろうが知った事ではありませんので。

>疑問・批判をされた時に、誠実に
>対応できないなら、黙っているべき
>なんですよ

さよう。鳩山首相の偽装献金問題を批判された時に、誠実に対応できない民主党信者諸君は黙っておるべきでしたな。そこで黙っておらずに、共産党に対して「闇献金」とか何とか見当違いの八つ当たりを書き散らしたりするから、事実に基づく反撃をくらって、己の無知と低能を曝け出し恥の上塗りをする羽目になる訳で。

>誹謗中傷であろうが事実であろうが、
>誠実に対応しなければいけないのは

うんうん、民主党と民主党信者は誠実に対応しなくていい、ということだよネ。
民主党信者諸君の思考回路がどんなものかは、よーく解っておりますヨ。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/hatoyama_donations/wiki_header/?hn=2

>共産党が、ややこしい事をしている
>「事実」自体

脳内妄想炸裂!

>支持者や身内の間だけで踊り狂うのは

事実を直視できずに脳内妄想に耽る民主党信者諸君のことなのであーる☆

>事実上の多数派なら、それほど問題で
>はないけどね

民主党信者諸君は多数派だから皆でアホ踊りにフィーバーしても問題ないっ♪

>反共や不支持者を増やしたいなら別
>だけどね

内輪だけでヨタ話に没頭しとる信者は、論破される前から信者なので、増やすも何もありゃしない。

Dさん

>そもそも、アルバイシンの丘さんは民主党の支持者であって共産党のやっている事に理解を示す義務などはありませんよ。

勝手に民主党の支持者と決めていいのですか?そもそもアルバイシンの丘さんは、社民党支持と書いています。

アルバイシンの丘2009年 10月 31日【左翼政党と普天間基地移設問題】
http://papillon99.exblog.jp/12188374/#12188374 

【注3】 以前から社民党を支持してきたパピヨンとしては実に心苦しい。こういうことでは一桁政党,泡沫政党と化しても何ら不思議はない。再建のために敢えて叱咤する。
―――――――――――――――――――――――――――――

>誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応しなければいけないのは、一方的に少数派である共産党及び共産党支持者でしかないのですよ。

「一方的に少数派である」社民党支持者のアルバイシンの丘さんに当てはまって”自爆”です。

Dさんは、「一方的に少数派である」社民党支持者のアルバイシンの丘さんに誠実な対応を求めてください。

>>爆笑!
Dさんは、その程度の民度と言うことですね。了解!

本当に痛いお方だ。
つくづく共産党支持者の程度が解りますな。

>(現状では、借用書があると言う事が高い角度で推測可能だと言うだけ)

だったら、「ない疑いがある」と何の事実証拠もなく、妄想だけで騒いだ件の始末を付ける必要があるでしょう。

私はずっと言ってます。
事実に基く批判なら、どうぞいくらでもして下さい。むしろ賛同・応援しますとね。
で、デマ、妄想での事実無根の批判は、誰に対してであれ許されないとね。

>>それは何党支持者でも関係ありません。
>物凄く関係ありますよ。3%程度の支持率しかなく他国の共産党により最悪のイメージを持つ所の支持者と自民や民主の支持者では、立場が全く違いますよ。

爆笑!
Dさんは、その程度の民度と言うことですね。了解!

おおつるさん

>>予断と偏見に基づき事実に基づかない推論は感心しませんが事実が明らかになってもそれを認めないのは誠実な態度とは言えません。

共産党が、ややこしい事をしている「事実」自体は、何も変わっていない事をお忘れなきように。(現状では、借用書があると言う事が高い角度で推測可能だと言うだけ)

>>それは何党支持者でも関係ありません。

物凄く関係ありますよ。3%程度の支持率しかなく他国の共産党により最悪のイメージを持つ所の支持者と自民や民主の支持者では、立場が全く違いますよ。

Dさん

予断と偏見に基づき事実に基づかない推論は感心しませんが事実が明らかになってもそれを認めないのは誠実な態度とは言えません。
それは何党支持者でも関係ありません。ちなみに私は選挙区は民主党に入れた者です。

おおつるさん

>>ややこしいことをやっているかも知れないという言い方こそ根拠のない誹謗中傷の類です。
議論は事実の積み上げでなされなければなりません。

誹謗中傷であろうが事実であろうが、誠実に対応しなければいけないのは、一方的に少数派である共産党及び共産党支持者でしかないのですよ。

>>推論が間違った部分に付いては受け入れる誠実さも欲しいです。

相手に受け入れる誠実さを求めるよりも、自分達が相手や第三者に受け入れさせる誠実さを何故持とうとしないのですか?
そもそも、アルバイシンの丘さんは民主党の支持者であって共産党のやっている事に理解を示す義務などはありませんよ。
支持者や身内の間だけで踊り狂うのは、共産党関係者の悪癖だと理解した方が宜しいでしょうね。(共産党が事実上の多数派なら、それほど問題ではないけどね)

Dさん

ややこしいことをやっているかも知れないという言い方こそ根拠のない誹謗中傷の類です。
議論は事実の積み上げでなされなければなりません。
推論が間違った部分に付いては受け入れる誠実さも欲しいです。
それが無ければネトウヨの投げ捨てコメントと同じになります

おおつるさん

疑問・批判をされた時に、誠実に対応できないなら、黙っているべきなんですよ。特にネットでの議論は、内輪だけで行っている訳ではない事を念頭におかなければいけません。

>>疑問を提起した人はいさぎよくはっきりと結論を受け入れるべきでしょう。

結論と言っても、借用書があると言う事だけで、共産党が「ややこしい」事をやっていない結論とは、ほど遠いんですけどね。

Dさん

そもそも今回の論争には根拠がなく共産党に対する無理解から来ていると思います。
疑問を提起した人はいさぎよくはっきりと結論を受け入れるべきでしょう。
L氏の事を言うのはその後でしょう。

共産党に関する疑問・批判に対して、その疑問・批判が筋違い・間違いだったとしても、Looper氏みたいな対応をするのは避けるべき。まあ、反共や不支持者を増やしたいなら別だけどね。

パピヨン氏による共産党への冤罪ねつ造は、完全に否定されております。

http://looperblog.blog52.fc2.com/

そこまで堕ちたかという感想ですね。

latter_autumnさん

さすがはよく勉強しておいでですな。形だけは。
しかし,以下の疑問があるのですよ。

1. 政党はそこに書かれた方法で運用してよい,ということですね。よろしい。
誰も共産党が利付国債で財テクをしていることに文句を言ってるわけではない。
ただ,その原資はきれいなお金でなくてはならない。ところが借入金としての契約書が無ければ,これは一体どういう金を運用しているんだ,ということになる。だから,契約書はどうなんだろう?と疑問を呈しているのです。運用益の解釈に必要なんです。
共産党に訊けば,と仰いましたね。そう,それがまさに説明責任を求めることなんですよ。あなたもそう思うの?
2.次,国会議員団の問題。これは個人名ではなくて団。だから,借入金というのがどういう性格かで問題になる可能性が高い。あなたは

>借金と献金は別ですし、貸付と寄附も別です。共産党の借入金は政治資金規正法5章「寄附等に関する制限」に何ら抵触しませんが

と言ってます。借金と献金は別なんてそんな法の網の目をくぐるようなことをするでない,と言いたいが,今は言わないでおきましょう。
今の問題は,「団」からの借金の運用による運用益とは一体なんだ,ということをお聞きしてるのです。その運用益を明らかに供与しているが,それは一体,どういう性格の金だ,というわけです。
契約書自体が存在しなければ,それは一体どんな金だ,寄付か献金かわからんじゃないか,ということです。
国会議員団に返済した形跡が無い,ひょっとしたら永久借入という抜け道=明らかな違法行為,の恐れが無いかを心配してあげてるわけです。
3. そして最大の疑問。
>少なくとも、個々の借入金を返済した際に、1件5万円以上なら全部、支出の領収書の写しを作成して監査対象に含めるようにしていますが、何か?

と書いたね。というのであれば,鳩山問題でも,実は鳩山首相は返済する際に母に領収書をもらおうと思っていたんですよ。知らなかったんですか?
どうして鳩山首相の方だけ問題になるんですかね???

>共産党にも説明責任は求めませんか?
>共産党も事実を明らかにできなければ
>公党たることをやめなければなりません。
>解党です。

で、政治資金規正法には「個人から無利子で借金すべからず」「個人からの借入金を運用して利息を得るべからず」などとは書かれていませんが、何か?
「・・・寄附その他の政治資金に係る金銭等を、次に掲げる方法により運用して」いるだけですが、何か?
そして、借入金も利息も政治資金報告書に偽りなく記載し、徹底的に事実を明らかにし、監査を受けて問題ない旨の確認をとっていますが、何か?

>団体としての貸付だったらまた別の問題
>が出てきますね。すなわち団体からの
>献金・寄付行為はだめなんでしょう?

借金と献金は別ですし、貸付と寄附も別です。共産党の借入金は政治資金規正法5章「寄附等に関する制限」に何ら抵触しませんが、何か?

>共産党のこの件には契約書が存在するのか,
>どのような契約書か

少なくとも、個々の借入金を返済した際に、1件5万円以上なら全部、支出の領収書の写しを作成して監査対象に含めるようにしていますが、何か?

>共産党への疑問は自分で調べて得られた
>ものです

政治資金規正法をよく調べたら、こんなお門違いの言い掛かりは付けようがないと思いますがね。
むしろ鳩山首相の方がはっきりクロだと判るはずですがね。

>鳩山母が,自分の財産を息子に貸して
>いたのと同じものになりませんか?

それもちゃんと借入金として記載していれば、問題ありませんよ。でも違うでしょ。

鳩山首相の場合、故人献金等の偽装献金として虚偽記載してたでしょ。借入金として事実を正確に記載してない以上、その分の返済も当然発生しようがない訳で。どこが「同じもの」なんだか。

>借入金を銀行に預ければ利息はいや
>でも生み出されます。この利息は貸し
>付けた個人の利息が移動したものと
>みなせます。すなわち,闇献金に相当
>する恐れがあります

>無税云々ではなくて,利息を頂いて
>いるわけですから

政治資金規正法には以下の規定がありますが。

(政治団体及び公職の候補者の政治資金の運用)
第八条の三 政治団体はその有する金銭等を、公職の候補者はその者が政党から受けた政治活動に関する寄附その他の政治資金に係る金銭等を、次に掲げる方法以外の方法により運用してはならない。
 一 銀行その他の金融機関への預金又は貯金
 二 国債証券、地方債証券、政府保証債券(その元本の償還及び利息の支払について政府が保証する債券をいう。)又は銀行、農林中央金庫、株式会社商工組合中央金庫若しくは全国を地区とする信用金庫連合会の発行する債券(次条第一項第三号ロにおいて「国債証券等」という。)の取得
 三 金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(昭和十八年法律第四十三号)第一条第一項の認可を受けた金融機関への金銭信託で元本補てんの契約のあるもの

>日本共産党の政治資金報告書を見たの
>ですが
>ちょっと不思議なのは
>利息は不要の契約だったのでしょか?

共産党に直接訊いてみたらどうですか。

しかし仮に無利子だとしても、銀行等、金融業からの借入金でないのなら、別に不思議でも何でもないと思いますがね。営利企業が無利子で貸してたら、そりゃ不思議ですけどね。

>共産党自身には利息が入っているはず
>ですよね。

それは政治資金報告書に書いてあるでしょ。「その他の収入」「受取利息」として、ちゃんと申告してますよ。

>個人が無利子を承知すれば,その契約
>は有効で,政治資金規制法からみても
>問題は無いですか?

全然問題ありませんが、何か?

パピヨンさん

いずれにせよ推測するしか我々には方法がありませんが鳩山さんの事件は元秘書の言うように「借用書が無」ければ贈与税の対象になる事ははっきりしたと思います。

すみません。念のため,付け加えておきます。

>いずれにしろ,共産党にも説明責任を求めたいですね。

>鳩山さんの方はまだここで私見を申し上げる必要はありません。

と私は書きましたが,この理由についてです。

共産党への疑問は自分で調べて得られたものです。
それに対し,鳩山総理の問題は,すべて印象記事(おおつるさんの記事をふくめて)でしか見ておらず,自分で検証することができません。従って,このようなコメントになった次第です。

ご回答ありがとうございました。

>★無利子でも賃貸借契約は成立します。

論点がずれていますよ。共産党のこの件には契約書が存在するのか,どのような契約書か,という疑問です。あるだろう,という想像だけでは鳩山問題も同じですよ。善意に想像することはできますから。

>★会社から無利子融資を借りても無税だと思いますのでこの場合も無税だと思います。

これも無税云々ではなくて,利息を頂いているわけですから,政治資金の一部になったでしょ?ということですよ。

>★借入金は当然いずれ返済しなければなりません。

これも返済した形跡が見当たらないからこの疑問が出てくるわけなんですが。団体としての貸付だったらまた別の問題が出てきますね。すなわち団体からの献金・寄付行為はだめなんでしょう?この場合の団体は良いのですかね?

いずれにしろ,共産党にも説明責任を求めたいですね。

鳩山さんの方はまだここで私見を申し上げる必要はありません。

 パピオンさん

記事読ませて頂きました。
労作だと思います。
私の考えを★コメントさせて頂きます。

>1.個人との貸借契約に関して,利息とか期間などを書いた契約書が存在するのだろうか?その際,無利子ということであれば寄付行為に当たらないのだろうか。
★無利子でも賃貸借契約は成立します。
これは実態的に返済するものだと思います。

たとえ寄付であっても贈与と違い総所得金額等の3割までは控除限度額を受けられます。
医療費控除と同じ確定申告の対象となります。

> 2.共産党の資産には預金と利付国債があり,これから利息を得ている。この利息の一部は借入金が無ければ生まれなかったはずであり,これは献金の一部に相当しないのだろうか。つまり,無利子の借入れは闇献金に相当するとは考えられないだろうか。

★会社から無利子融資を借りても無税だと思いますのでこの場合も無税だと思います。

参考までに情報提供ですが鳩山首相は贈与税が免除される利付国債に興味を示しておられるようです。

首相、無利子国債に関心? 学者らとの懇談、話題に
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091015AT3S1401Q14102009.html

> 3.日本共産党国会議員団から,毎年1億5千万円の借入金が入っている。しかし,この三年間,返済には1円も存在しない。特に昨年の参議院選挙で国会議員が入れ替わったはずだが,議員で無くなった人への返済が計上されないのはおかしいのではないか。

★借入金は当然いずれ返済しなければなりません。
その場合、議員の交替があれば議員団から議員でなくなった個人へいずれ返金が行われるのではないでしょうか?
寄付するのであれば寄付名簿に載るでしょう。

鳩山首相の「事件」はこう進展しています。
パピオンさんのこの事件に関しての鋭い分析を期待します。
こっちははっきり「借用書がない」と証言しています。
ーーー
 元公設第1秘書は特捜部の任意の事情聴取に対し「『貸してほしい』と言って始まった資金提供なので貸付金だと思っていた」と説明している模様だ。しかし ▽2回目以降、贈与なのか貸付金なのかについて確認していない▽鳩山氏側にとって自由に使える資金だった▽借用書がない▽返済されていない▽実母側は使途も把握していない--ことなどから、特捜部は贈与であるとの見方を強めている模様だ。贈与と認定されると、鳩山氏には贈与額の最大50%が課税され、鳩山氏が修正申告しなければならない。

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20091128ddm041010037000c.html

貴ブログにも同文を書き込みます。

すみません。ちょっと書き漏らしました。記事のアップの前に信頼する大津留さんにコメントを差し上げたのは,少しでも共産党に有利な議論をお聞きしたかったからなんですが,私にはあまり届かなかった気がしますので残念に思った次第です。

こんばんわ。ここに書いた私の疑問を記事にしましたのでTBさせていただきました。よろしくお願いします。

>貧しい共産党の支持者からの借入金の積み上げと「裕福な家庭に育ったので」という総理の自分でもわからないという不明瞭な金銭処理とを同列に論じようと言うのはどだい無理な話だと思います

と書かれましたが,貧しい支持者が何百万とか何千万とか,何年も貸し付けておくのは無理でしょう。そういうことができるお方は貧しいはずはないのではないですかね。

>政治と金の問題を解明するには自民も民主もない。徹底的に事実を明らかにすべきだろう。

と書かれましたが,そうであれば共産党も例外であってはなりませんよね。

なるほど,お考えはよくわかりましたので,これで結構です。

パピオンさん

報告書の最後の巻の資産の項の借入金一覧を見ました。
全て個人からの借入金ですね。
20年度は総額10億円で一番多いのは議員団からの借入金1.5億円ですね。

個人又は個人の団体が無利子で貸し付けをするのは違法ではないと思うます。

無利子でも使い道や期間がはっきりしていれば借入金だと思うます。
共産党本部建設の為の貸付金等もあるのではないかと思います。

貧しい共産党の支持者からの借入金の積み上げと「裕福な家庭に育ったので」という総理の自分でもわからないという不明瞭な金銭処理とを同列に論じようと言うのはどだい無理な話だと思います。

総理の犯罪ということになれば「それほどのことですかね?」という訳には行かなくなると思います。
総理に真摯に事実の解明と説明をすることを勧めます。

>借入金の所が見つかりませんが「借入金総額は11億余円」というのは無利子ではないのではないでしょうか?
個人からの無利子借入というのは少ないと思いますし短期間だと思います。

無利子の借り入れであることの証拠として,返済金に端数がないということを指摘したのです。

>「金額・金利・貸出期間・使用目的」がはっきりしているかどうかで法律的には貸付用件を満たすと思います。

ということが,共産党のこの借り入れについては成立しているだろうか,と疑問を呈しているわけです。利子を払った形跡がないから,金利の契約が結ばれていたとは思えないわけです。
大津留さんがご存じないと言われるのであれば,どうして鳩山首相の方だけご存知なのでしょうかね。共産党にも説明責任は求めませんか?

>事実を明かにできなければ首相辞任に値するだろう。

と書かれていますが,そうであれば共産党も事実を明らかにできなければ公党たることをやめなければなりません。解党です。首相辞任よりも軽いですが,これ以上のことはないのでこれで留めるしかありません。
しかし,それほどのことですかね?

ちなみに,借入金の項目は,報告書の最後の巻の資産の項にあります。

パピオンさん

コメントありがとうございます。
「共産党の政治資金収支報告書」の詳細版を始めて見ました。
ここまで詳しく出ているとは知りませんでした。
私も寄付すればここに名前が載るのですね。

借入金の所が見つかりませんが「借入金総額は11億余円」というのは無利子ではないのではないでしょうか?
個人からの無利子借入というのは少ないと思いますし短期間だと思います。

「金額・金利・貸出期間・使用目的」がはっきりしているかどうかで法律的には貸付用件を満たすと思います。

首相の問題は貸付用件を満たすとは思えません。

ご回答ありがとうございました。

共産党の政治資金収支報告書は下記,総務省のデータで見ることができます。

http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/

ところで,

>推測では個人からの無利子の借入金で共産党には利息が入ってないのではないかと思います

というご回答ですが,二点,問題が感じられます。
1.個人からの無利子の借入金とは個人の好意に頼ったものでしょう。だけど個人が無利子を承知すれば,その契約は有効で,政治資金規制法からみても問題は無いですか?もし契約書が存在しなければ(存在してもいいけど),鳩山母が,自分の財産を息子に貸していたのと同じものになりませんか?
2.借入金を銀行に預ければ利息はいやでも生み出されます。この利息は貸し付けた個人の利息が移動したものとみなせます。すなわち,闇献金に相当する恐れがあります(これをいうなら,鳩山母にも当てはまりますが)

いかがでしょうかね。
ちなみに,共産党の平成20年度の借入金総額は11億余円に上ります。

パピヨンさん
ご無沙汰です。
貸付金として処理していたというのは朝日新聞の情報です。共産党の収支報告書は調べた事がないのでわかりません。
推測では個人からの無利子の借入金で共産党には利息が入ってないのではないかと思います。

こんばんは。パピヨンです。久しぶりのコメントお許しください。

さて,御記事中の『鳩山首相は貸付金としている。』と書かれていますが,赤旗記事には書かれていません。これはどういう情報でしょうか?

それから記事とは直接関係無いのですが,日本共産党自身のことについて,最近少し疑問に思うようになったのです。
それで,日本共産党の政治資金報告書を見たのですが,資産の項目には,民間個人から大量の『借入金』が存在していました。そして,支出の項目には,『借入金返済』が存在しています。
毎年少しずつ入れ替わっているのだと思いますが,ちょっと不思議なのは,『借入金返済』欄の返済額が,完全にラウンドナンバーになっていることです。つまり,端数がないのです。これは明らかに元金だけの返済であると思われるのですが,利息は不要の契約だったのでしょか?
しかし,共産党自身には利息が入っているはずですよね。その分の申告は不要なんでしょうか?
もし何らかの事情をご存知でしたらご教示いただけないでしょうか。

さとしさん
少し了見が狭くないですか?
相手の欠点を指摘してあげることが本当に相手を愛する事だと思います。
相手の欠点を無理矢理隠そうとする行為は相手を潰してしまう事になることもあります。

解りました。政官癒着勢力の思惑に乗るんですね!? さすが共産党!! 来年の参院選は共産党も官権の仲間として闘います!

さとしさん
さとしさんあたりからこんなコメントが来そうな気がしていました。
私は勿論自公政権の復活を望みません。私は民主党の選挙区候補に一票を投じた者です。しかしお金の問題の追求に自民党も民主党もありません。
自民党がやっているからそっちが先と言う言い訳は成り立ちませ。
ましてや金権政治を批判して生まれたて政権ですから、お金の問題にはより敏感でなければなりません。
この問題の対応を誤ると政権の命取りになりかねないと危惧するものです。

昔「人間の条件」という映画で主人公が言う「帝国主義の為でなく社会主義の為の使役だからいいだろうでは今の僕は満足出来ないのだ」というようなセリフがあったのを思い出しました。
鳩山さんには良くかんがえた真摯な対応をして欲しいと思います。

あなたは今の政権を転覆させるつもりですか? あなたは自民党に政権を戻したいのですか? あなたは自民党と司法官僚の思惑に乗るのですか? 鳩山を摘発するより先に摘発されなければならない輩がいっぱい居るのではないですか? あなたは前に私が述べた意味がまだ解っていないようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/46868856

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の資産報告訂正は5億円以上:

» 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年11月27日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ 26日の仕分けの結果と理由{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ 28日の仕分けの予定{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・赤ちゃんポスト{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 5・丹波篠山に角竜類の化石{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» H1N1インフルエンザ・ワクチンの接種がヤップ島でも始まった! [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
スーパー台風22号Nidaがヤップの北を通過中だけど、かなり距離があるので、南西の風で雲は多いが穏やかなお天気になっている。 おかげで、雨降りが心配だったスノーケリング・ツアーも楽しく執り行えて、とくにベタ凪ぎに近いナマコ・ヘブンの浅場は、透明度の良い潮水に満たされていたが、切れて流れ出した海草が、南風に押されて水路の端に吹きだまっていたのもおもしろかった。 その吹き溜まりの藻の塊を抜け、サンゴで腹をこすりそうなくらい浅いところに、フィンを使わず手だけでプカプカ浮いて水中をのぞくと、なぜだか... [続きを読む]

» 共産党による浅野批判の悪意性(8) [アルバイシンの丘]
 いよいよB(2)の最後の論点を採り上げます。赤旗はずいぶん細かい点を衝いて浅野批判を行いました。しかし,それは厳密に言えば正確な尺度とは言えなかったのです。それにいち早く気がついたのが東本氏でした。それで,赤旗に反論を試みるのですが,『赤旗の数字は正確な尺度ではない』で留めておけば,この論点に関するその後の混乱はなかったはずだったのです。 だけど,東本氏は別の数字を持ち出して,『こちらの方が正確な尺度である』と反論したのです。ところが,こちらも正確な尺度とは言えませんでした。こうして,このAML保... [続きを読む]

» 共産党の借入金って何だろう? [アルバイシンの丘]
 最初は確かに日本共産党・民青同盟悪魔の辞典+ キンピー問題笑える査問録音公開中というブログのどれかの記事のいずれかのコメントで知ったのだった。しかし,今となっては良く思い出せずそのコメント氏にまことに申し訳ないのであるが,最終的に総務省の政治資金収支報告書のリンクにたどり着いた。政治資金収支報告書及び政党交付金使途等報告書  そこにあったのは,収入と支出と資産についての各年ごとに10巻前後からなる大部の報告書であった。そこでパピヨンは上のリンク場所にあった19年から21年までの3年間にわたる定期... [続きを読む]

» 事実はどうでも良い人たち [Looper's Log]
今回も、ガイヤルドさんへお返事を兼ねて、あの方たちのトンデモぶりを明らかにしてみます。ガイヤルドさん 調査能力というか、調べる... [続きを読む]

» 都知事選(2007年)から見えたもの [アルバイシンの丘]
 ここ最近の共産党批判記事シリーズもようやく最後を迎えようとしている。その最後としてまとめておかなければならないことがある。  このシリーズにおける共産党批判は図らずも多岐に亘ってしまった。初めは2007年都知事選における共産党の浅野批判についてのみのつもりであった。その時に為された共産党による浅野批判はひどく悪意に満ちたものであったことを[AML保存書庫]によって検証した。  ところが,その過程でその他にもいろいろな批判すべき点があることに気がつき,その一つとして政治資金に関する共産党の主張で... [続きを読む]

« 辺野古移転は公約違反!ミサイルPAC3の追加配備予算中止指示! | トップページ | 何故太陽光発電補助中止? »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ