無料ブログはココログ

« 松尾芭蕉この一句 | トップページ | 鳩山首相の資産報告訂正は5億円以上 »

辺野古移転は公約違反!ミサイルPAC3の追加配備予算中止指示!

NPJ掲載御礼!


鳩山首相は年内に普天間基地の辺野古移転を表明する方向の様です。

既に来年度予算には取り敢えず盛り込む指示を出したようです。


1月の名護市長選挙は普天間基地の辺野古移転に賛成の現職と反対の革新統一候補の一騎撃ちとなりました。

そうすると首相は辺野古移転に賛成の現職の応援に行くことになるのでしょうか?

喜納昌吉率いる民主党沖縄は革新統一候補の応援を決めているのですが・・・

 

国民新党も県内移転は3党合意違反と言っています。

鳩山首相が年内に普天間基地の辺野古移転を表明するなら社民党も含めて政権離脱をするべきでしょう。

そうでなければ何の為の政権合意か意味がなくなります。

そうなるといろいろいいことがあっても「政権交代」とは何だったのかという本質的な問題となります。

このことに関してはブロガーに逡巡があってはいけない。


断固として抗議すべきです。


―――――――――――――――

岡田かつや TALK-ABOUT

200911 24 ()国会答弁-気の抜けない日々、しかし率直に思いを伝えたい国会答弁

にこんな書き込みをした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡田克也外相殿

 

沖縄(基地)(普天間)の県外移設はそれが実現出来なければ民主党の公約違反となるものです。

アメリカの要求する県内移設に従うのではなく断固として県外移設の公約の実現をお願いします。

 

又「ミサイル防衛」(MD)用の迎撃ミサイルPAC3の追加配備経費(944億円/北海道、青森、沖縄へ)の来年度予算への計上に難色を示されたとの報道に接しこのことでは是非その方向で頑張って欲しいと思います。


(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)の杉原浩司さんからメーリングリストに頂いたメールを以下に紹介します。

 

 

【緊急要請!】           [転送・転載歓迎/重複失礼]

<「岡田外相がPAC3追加配備に難色」報道!>

岡田外相と藤井財務相に「発言支持」の声を大至急届けてください!

 ~PAC3追加配備経費944億円の予算案からの削除を!~

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。

11
24日午前に開かれた2010年度防衛予算に関する閣僚委員会の場で、岡
田克也外相が「ミサイル防衛」(MD)用の迎撃ミサイルPAC3の追加
配備経費(944億円/北海道、青森、沖縄へ)の来年度予算への計上に難
色を示しました。岡田外相は「PAC3は防衛予算のかなりの部分を占め
る。有効性について国民に理解される説明が求められる。(「平成」)22
年度中に十分に検討すればいいのではないか」と述べたと報じられていま
す。この発言に藤井裕久財務相も「その通りだと思う」と賛同したとのこ
とです。

<岡田外相がPAC3追加配備に慎重論 防衛予算の新指針づくりで>
20091124 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091124/plc0911242153023-n1.htm

<外相、PAC3追加配備に難色 12月中旬に防衛力指針>
20091124 共同通信)
http://www.kyodonews.jp/feature/seikenkoutai/2009/11/post-1159.html

<PAC3の効果説明を=岡田外相>
20091124 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009112400863

 *1124日の朝日新聞夕刊でも報じられています。

PAC3追加配備経費の削除を求めてきた私たちは、この岡田発言を歓迎
します。民主党自体が、政策集でMDについて「費用対効果、技術的可能
性等の観点から総合的検討を加える」としていました。政権交代を機に、
守屋武昌元事務次官ら防衛省官僚が主導してきたMDを抜本的に見直すべ
きです。MDは真っ先に事業仕分けの対象となるべき「無駄の本丸」です。

一年先送りされた「防衛計画の大綱」の空白を埋める防衛予算策定の基本
指針は12月中旬までに決定されます。PAC3追加配備経費の削除を実現
するために、あと二週間ほどが勝負です。

まずは大至急、岡田外相と藤井財務相に「発言支持」「PAC3追加配
備経費の削除を」の声を届けてください。短いものでも構いません。一人
でも多くの声が届くことに意味があります。予想されるMD推進派の反発
に対抗することが必要です!

また、追加配備候補地の北海道、青森、沖縄在住の方は、地元の民主党
議員にも「PAC3追加配備反対」「経費削除を」の声を届けて下さい。
地元紙などへの投書も有効です。

【要請先】

岡田克也外相   (FAX03-3502-5047 TEL03-3508-7109
          (E-mail webmaster@katsuya.net

藤井裕久財務相  (FAX03-3508-3427 TEL03-3508-7127
          (E-mail info@fujii-hirohisa.jp


【呼びかけ】 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

 (TELFAX03-5711-6478 E-mail kojis@agate.plala.or.jp


ーー

2通目です。

【PAC3追加配備が政治的争点に!】  [転送・転載歓迎/重複失礼]

<26日の事業仕分けで「PAC3」や「大型ヘリ空母」に斬り込め!>
          (944億円)  (1,181億円)

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。

11月26日(木)の「事業仕分け」(第3ワーキンググループ)では、防衛
省案件が多数取り上げられます。自衛官の実員増要求、「思いやり予算」
(駐留軍等労働者の給与水準)、銃器類・弾薬のコストなどに加えて、
【装備品の調達(2010年度新規後年度負担)】(14:30~15:25 予定)
への注目を呼びかけます。

 <11月26日(木)「事業仕分け」スケジュール>
 http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov26r.pdf

 <行政刷新会議ワーキンググループ ライブ中継サイト>
 http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/live.html

 <行政刷新会議ホームページ(当日配布資料も終了後に掲載)>
 http://www.cao.go.jp/sasshin/

これには、理論上は「ミサイル防衛」(MD)用の迎撃ミサイルPAC3
の追加配備経費(944億円)や大型ヘリ空母の建造費(1,181億円)も含ま
れます。実際には、こうした具体的案件が直接問題にされる可能性は極め
て低く、調達方式のコスト削減などに議論が留まることが予想されます。

とりわけ、現職閣僚(岡田外相、福島消費者相)から異論の出ているPA
C3追加配備経費を含むMDは、初期配備だけで既に約1兆円、将来的に
は6兆円との試算さえある「金のなる木」であり「無駄の本丸」です。繰
り返しの呼びかけとなり恐縮ですが、仕分け人たちに対して、PAC3経
費や大型ヘリ空母建造費などを俎上にのせ、予算計上取り止めを求めるよ
う要請して下さい(短いものでも構いません)。仕分け議論にもご注目を。

 ◆久しく政治的争点から消え、既成事実化していたMDがようやく議論
 になり始めました。この貴重な瞬間を活かして、追加配備の是非が事実
 上決まる12月中旬までにできる限りの働きかけをしたいと思います。

「専守防衛、理解して発言を」社民・福島氏のPAC3慎重姿勢に自民・
石破氏が苦言          [産経ニュース/2009・11・25]
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091125/stt0911251254003-n1.htm

PAC3拡大配備、福島党首が有効性など問題視[読売新聞/2009・11・25]
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091125-OYT1T00591.htm

社民党がPAC3追加配備に慎重 思いやり予算は見直しを 基本政策
閣僚委員会で福島党首       [産経ニュース/2009・11・25]
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091125/stt0911251150002-n1.htm

【要請先】

◇蓮舫(主査)   (FAX)03-5512-2214    (TEL)03-3508-8214

          (E-mail) info@renho.jp

◇田嶋要      (FAX)03-3508-3411    (TEL)03-3508-7229

          (E-mail) http://www.k-tajima.net/goiken.html

◇枝野幸男[統括] (FAX)03-3591-2249    (TEL)03-3508-7448

       (E-mail) http://www.edano.gr.jp/inquiry/inquiry.html

◇仙石由人[行政刷新担当相] (FAX)03-3508-3235 (TEL)03-3508-7235

         (E-mail) office@y-sengoku.com

【支持・激励先:「PAC3追加配備中止の実現を!」】

◇岡田克也外相   (FAX)03-3502-5047    (TEL)03-3508-7109

          (E-mail) webmaster@katsuya.net

◇藤井裕久財務相  (FAX)03-3508-3427    (TEL)03-3508-7127

          (E-mail) info@fujii-hirohisa.jp

【呼びかけ】 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

(TEL・FAX)03-5711-6478 (E-mail) kojis@agate.plala.or.jp

 

http://www.geocities.jp/nomd_campaign/ (更新が滞っておりすみません)

今日はこんな所です。
 

人気ブログランキング
FC2ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

==================================================
国民が主人公へトラックバックを!
メールマガジン :大津留公彦の目発行中!
 「大脇道場」国会議員定数・比例削減反対共同キャンペーン中!
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中! 消費税のことはここで全部わかる!
=================================================

   

   

« 松尾芭蕉この一句 | トップページ | 鳩山首相の資産報告訂正は5億円以上 »

コメント

大津留さんのブログで私信をします。D氏へ。

大津留さんのブログは余りにも(投稿している私も含めて)余りにも目に余る投稿は削除されますが、礼節を持って投稿すれば右も左も関係なく討論できます♪

時々北海道ネタを投稿したりしています(旭川周辺ネタのみ(ToT))。大津留さんのブログは私の心の点滴だと思っています。勝手に『叔父貴』してしまいましたからね(汗)

私は右ですけど、左の思想でも『受け入れる』度量を持ちたいと思っています。最終判断するのは本人だと思っています。

曖昧と言うより、其方方面の人は『安全保障』を何故毛嫌いするのか私には分らないです(溜息)。


F104Jスターファイター様

>>そうですね。無駄を極力減らしつつ国民、国家の安全保障と雇用、経済を守るのが政府の腕の見せ所ですね。

至極、同意です。
ただまあ、わが国は9条と日米安保のせいで、極めて安全保障の面では、良くも悪くも”いいかげん”ですからね。

書き忘れましたけど、安全保障を二の次にして国全体ひっくるめて新・柏原日記『消された声』第二章なんて事は真っ平御免ですからね。

そうですね。無駄を極力減らしつつ国民、国家の安全保障と雇用、経済を守るのが政府の腕の見せ所ですね。


Dさん

「兵器なんて完成した時から陳腐化が始まるのだから、全ての装備が無駄」

いいですね。
名言です。

是非ムダは極力排除して国民の暮らしの向上を図りましょう。

長期的に見ればPAC3などの開発費を他へ回す事も可能かも知れませんが、短期的にはどう解決されるおつもりですか?
まさか、企業内で余剰人員を勝手に解決してくれとでも言うおつもりなんでしょうか?
素人同士の議論において細かな数字で示せとは言うつもりはありませんが、軍事費不要論を提示される方々は、あまりにも突っ込みに対する準備が不足していると思いますよ。(専門家でも似たようなものですが)
ついでに言うと、専守防衛するしかない我が国においては、本来は無駄に近い防衛装備であっても、削減は極めて難しいですよ。(と言うか、兵器なんて完成した時から陳腐化が始まるのだから、全ての装備が無駄と言えば無駄なんだけどね)

PAC3の開発などを中止してもすぐに多くの失業者は出ません。
寧ろ6兆円を自由に使えるようになれば新しい雇用の場が出来、自衛隊員の受け皿以上の大きな失業対策が出来るでしょう。

 D氏の言うように『軍事費を削りました。大量の失業者(自衛官並びに企業の関係者)が出ました』になりかねませんね。なおさら社会不安になってしまいますよ。

 それと、D氏の指摘のように退職した自衛官を採用して災害専門部隊を作ったとしても、即応に答えられるレスキュー装備など、必要になるだろうし。

 それと、国の安全保障を蔑ろにすべきでは無いと思います。

 

>>軍事を経済対策と考えたらまずいでしょう。

将来の経済対策ではなく、現実に今の軍事費を削るだけだと、自動的に失業者が出るという事ですよ。
よく言われる災害専門部隊への配置転換論にしても、今と変わらない予算規模になるか、下手すりゃ新規装備を揃えなければならない都合で、今以上の予算が必要になる可能性が高かったりします。

Dさん

軍事を経済対策と考えたらまずいでしょう。
アメリカでも日本でも今ほど「軍事よりも生活を」という政策が求められているときはないと思います。

軍事費削って経済失速ってな事になる危険性の方が大きいでしょうねー。

北の友人へ

総額の六兆円と言えば国家予算の一割近い金額です。
そんな金があるなら雇用状況の改善などに使うべきです。
「軍事企業栄えて民滅ぶ」にならないようにしなければなりません。

 早速ご返事を頂き有難う御座います。

 以前にもやりあったと思いますが、日本の防衛は文字通り、『防衛』に特化しています。国民、国土を守るのに必要なシステムとしてのPAC3です。
 イージス艦が迎撃に失敗した時の最後の切り札ですよ。

 それとヘリ母艦が槍玉に上がっているようですが、ヒダリの人は『正規空母』を調べたら?と、思いますよ。知識が無さ過ぎる。

 防衛利権も何も海外に『(パッケージとして)武器輸出』を禁じられている以上、日本国内だけしか利権が働かないと思いますけどね…。

 北朝鮮の核の脅威、中国の軍事的脅威など、如何しても出費が必要な分野です。何に禍根を残すのですか?具体的に教えて下さい。

北の友人へ

生存報告&元気なコメントありがとうございます。

PAC3の射程は半径20キロです。
鴻池元官房副長官が言ったように「鉄砲の弾を鉄砲の弾で撃ち落とすようなもの」です

80億円もの税金が既に消え、防衛利権を生み、
「C3追加配備経費を含むMDは、初期配備だけで既に約1兆円、将来的には6兆円」になると言われている。
ここで止めなければ将来に禍根を残します。

お金は貧しい私たちの為に使いましょう。

お晩で御座います。生存報告+です。

過去にもやりあったと思いますが、PAC3とヘリ空母を槍玉に挙げていますが理由が分らないです。

自分達の頭上に落ちるかもしれない『ミサイル』(A(核)B(生物)C(科学)兵器の搭載可能性あり)の迎撃に有効、或いは『抑止力』としてのPAC3ですよ?あえて汚い書き方をしますが、サヨクはミサイルが落ちて被害多数だった時の責任は取れるのかと言いたい!

それとヘリ空母を槍玉にあげていますが…。本気でアメリカの正規空母の見学をしてこいと言いたい!!!(超激怒)

空母艦載機を調べてこいと言いたい!!!(超激怒)

空軍仕様の機体は空母には使えないって!!!(超激怒)ましてやヘリ空母で通常機なんか運用は不可能だ!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/46860570

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古移転は公約違反!ミサイルPAC3の追加配備予算中止指示!:

» 木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年11月26日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ 25日事業仕分け・結果{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ 26日事業仕分け・予定{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・科学者反発{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

« 松尾芭蕉この一句 | トップページ | 鳩山首相の資産報告訂正は5億円以上 »

カテゴリー