無料ブログはココログ

« IT業界重大ニュース2009 一位はtwitter | トップページ | 紅白歌合戦Twitter視聴 »

今年の映画№1は「沈まぬ太陽」


今年劇場の映画は5本しか見ていない。

如何にも勉強三昧の1年であったことの証左だろう。

従ってランキングを付けるのも相応しくないが1本だけ挙げるとすればやはり沈まぬ太陽だろう。

この映画は私にとっては生涯で最高の映画の一本と言える。

今後の人生でも「男の矜持」を大事にしたい。

そう思わせる一本の映画だった。

――――

映画カテゴリー「大津留の映画評論」の13件の記事

から一部を紹介します。http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/cat8114218/index.html

 

 

20091115 ()

映画「なくもんか」を見ました。 

映画「なくもんか」を見ました。

Gnj0910020506015p7

なくもんか は、宮藤官九郎 が脚本で
阿部サダヲ が主演を務める、舞妓haaaan!のコンビ。

これって「ホームドラマ」なのかな?

映画にはいまいち入り込めなかったが竹内結子が良かった。

竹内結子の写真をアップします。

156944_c450

 

Gnj0910020506015p2

200911 1 ()

今がラスト・チャンスなんだ。"this is it"

"this is it"の意味は
「これがそれ」
「これで終わり」
「さあ、いよいよだ!」
「これは本物だ」
「これがそうだ!

だそうだ


故マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の最後のリハーサル映像を収めた映画『マイケル・ジャクソン THIS IS ITThis Is It)』を妻と娘とで三郷のMOVIXで見てきました。

5歳のころからJackson5の一員として歌ってきた彼の音楽性の高さを実感しました。
(又、自分らもマイケルの歌と育ってきた世代なのだとJackson5時代の映像を見て思いました。)
映画の中ではそのJackson5の時代のI will be there も二度歌われました。
一度はリハーサル映像の中でそして最後にもう一度。
なぜか「もうすぐそこに行く」という風に私には聞こえました。

マイケルがリハーサルを終えて手を円陣を組んで手をつないだ共演者達にマイケルがするスピーチはみんなへの感謝と公演の成功への思いが溢れていてついウルウルしてしまいました。

又、環境問題に対するマイケルの思いは尋常でないものがあり森林伐採されるアマゾンのことを心配し4年以内に環境破壊をやめさせるという強い思いを語っていました。

地球環境破壊を止める最後のチャンスーいまがその時だ
これがマイケルの残したラスト・メッセージだ。
私にはそう聞こえた。
"this is it"

20091026 ()

男の矜持(沈まぬ太陽)

NPJ掲載御礼!

Ogurakantarou


映画「沈まぬ太陽」を見た。

「男の矜持」を描いた作品だ。

若松節郎監督は会場で買ったパンフレットにこう書いていた。

「仲間を守るとか責任を果たす。そういうことが今を生きる我々には欠けているように思われます。
ここで恩地が貫く男の矜持が、映画全体の骨子を成していると思います。
ですから社会派というより人間ドラマだという想いが強い。」

20091012 ()

映画「クヒオ大佐」と湾岸戦争

映画「クヒオ大佐」を見た。
実在の希代の詐欺師が起こした結婚詐欺事件を元に作られたそうです。

妹と弟に誘われて突然行ったので、映画の予備知識があまり無く映画が始まった時にまだ違う映画の予告編をやっているのかと思って見ていた。
それは最初の方は湾岸戦争の時の90億ドル支出のニュース映像とその構成劇だったからだ。
第二部「クヒオ大佐」と出たのでやっと本編が始まっているのだと確認できた。

それ位第一部と第二部が繋がらない。
しかしそれは言うまい。
これはあくまでも娯楽物語である。

2009923 ()

「最高の人生の見つけ方」?


DVD
「最高の人生の見つけ方」を妻と観た。

モーガン・フリーマンとジャック・ニコルソンの男の友情物語です。

原題は「バケット・リスト=棺おけリスト」
(死ぬまでにやるべきリスト?)

(少し日本語の題がオーバーだと思うが・・・)

 そのリストは

・スカイダイビングをする

・ライオン狩りをする

・ミラミッドを見る

・タジマハールを見る

・万里の長城に行く

・香港に行く

・涙がとまらないほど笑う 
   
・世界一の美人とキスをする

・スカイダイビングをする

help a complete stranger for a common good

2009728 ()

「アマルフィ」を観た

Photo

妻と「アマルフィ」を観た。
映画を見たのは何だか久しぶりだった。

イタリアの景色を見るだけでも楽しいと妹が言うので見に行った。
確かにイタリアの景色が素晴らしい。
特にアマルフィの景色は素晴らしく一度行ってみたいと思った。

それと全篇を流れるサラブライトマンの曲「Time to say good bye」が素晴らしい。
本人が登場したのには驚いた。

天海祐希も魅力的だ。

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« IT業界重大ニュース2009 一位はtwitter | トップページ | 紅白歌合戦Twitter視聴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47161436

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の映画№1は「沈まぬ太陽」:

» 謹賀新年 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
10年1月元旦 金曜日 読者の皆様 明けまして御目出度うございます。            新聞とテレビから私が感じたことを書くブログを初めて三年経ち、昨年一年の民主党政権になってから感じることは、民主党は自民党の失政の尻拭い内閣だと感じて,この政権は少し長い目で見つめていこうと思っていました。 処が、最近の新聞やテレビ・清治評論家と称する人々は民主党を育てるのでなく足を引っ張り、政権から引きずりおろそうと云う報道が多く、何処か何か大きな力がはたらいている感じがしてならない。 其れと民主党... [続きを読む]

» 【日記&年末挨拶】「国民が引き受ける政治」と自分の距離感 [散策]
今年は、マル激を秋から見るようになり、まあ驚くことがままありました。 [続きを読む]

» 優れた反戦映画でもある「アバター」 [ペガサス・ブログ版]
映画「アバター」を鑑賞しました.冒険物語のスペクタクルとしても素晴らしいですが,同時に優れた反戦映画です.映画館に足を運んだのは,出勤はしたものの,まだ屠蘇気分の醒めやらぬ4日夜のことです. 3D映写ということで,どんな割引もない2千円の高価な映画ですが,とても見応えがあります.3時間近い長編なので,3Dメガネをかけての鑑賞は疲れるだろうと思っていましたが,非常に自然に仕上がっているので,老朽化した眼でもセーフでした. 応援のクリック歓迎 さて内容ですが,地球から遠く離れた惑星「パンドラ」に埋蔵... [続きを読む]

« IT業界重大ニュース2009 一位はtwitter | トップページ | 紅白歌合戦Twitter視聴 »

カテゴリー