無料ブログはココログ

« 鴨とダイサギ | トップページ | 冷泉家の和歌守展 »

30分で資本論を読んだ(まんがで読破2)

私は資本論を読み切ったことがない。
学生時代と社会人になってからの計三回トライしたがいずれも挫折している。
どこまで読んだかも忘れたが多分半分位で止まっていると思う。

それを30分で読んだ。
「武士道」で紹介した「まんがで読破」シリーズでだ。

工場を設立するロビンが主人公である。

第一巻の労働の価値をモチーフに物語としたまんがなので「資本論を読んだ」とはとても言えないがこれが資本論を読む動機になるようなら意味があると思う。

この土日でこのシリーズを何冊か読んだ。

福沢諭吉・学問のすすめ

(特別ドラマが行われている「坂の上の雲」の主人公の一人秋山好古が一番偉いと思うと言う福沢諭吉の「学問ノススメ」の言葉は「一身独立して一国独立」だという。)

(人は自由であるために独立心が必要でありその為には学問が必要)(諭吉はワシントンが一代で終わっている事などアメリカの個人主義に感心した。)

ダンテ・神曲

(この地獄と天国のどちらが自分に相応しいか?)

メルヴィル・白鯨

(友を納めるはずだった棺に命を委ね漂流するイシュメルが悲しい。)
(アメリカも鯨を激しく捕っていた)

山本常朝・葉隠

(仕事人の4タイプ・急々・だらり急・急だらり・だらりだらり)(佐賀恐るべし)

いずれも初めて読んだ。

いずれも本編を読んでみたい。
・・特に資本論!
・・待っとれ!!

国民が主人公へトラックバックを!
メールマガジン :大津留公彦の目発行中!
 「大脇道場」国会議員定数・比例削減反対共同キャンペーン中!
「大脇道場」消費税増税反対キャンペーン中! 消費税のことはここで全部わかる!

=================================================

   

   


« 鴨とダイサギ | トップページ | 冷泉家の和歌守展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47023592

この記事へのトラックバック一覧です: 30分で資本論を読んだ(まんがで読破2):

» 小沢一郎を擁護したくないが、、、。 [岩下俊三のブログ]
小沢一郎はかって司法試験に落ちたことがある。再度挑戦するまもなく、父の後を継ぎ、若くして国会議員になった。しかし法律とりわけ憲法を熟読している。まんがで早分かりしているのではない。一字一句を読んでいる。法解釈は必ずしも熟読してはいない。官僚や学者のひとつ....... [続きを読む]

» 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
09年12月15日 火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・後味悪い習国家副主席来日{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・関西三空港{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・予算・移転・贈与税{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・また、生物が消えていく{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» ポスト・ポストモダンの思想 [road to true]
現代思想は、マルクス理論の一面的な理解に始まり、それへの二項対立的な批判から発展してきた。 第一にそれは、マルクス理論の客観主義への一面化とそれに対する主体論の反撃として。必然性と偶然性の二項対立として。 下部構造による上部構造の規定、生産力=生産関係の矛盾による社会制度の発展の法則として定式化されたマルクス主義。「正統派」マルクス主義者によって、このような側面が過度に重視されていったことへの反動として登場したのが、たとえばルカーチであり、たとえばサルトルだったのであろう。 彼らの説く「主体性」は... [続きを読む]

« 鴨とダイサギ | トップページ | 冷泉家の和歌守展 »

カテゴリー