無料ブログはココログ

« クリスマス・イブ | トップページ | 「リア王」を読んだ(まんがで読破4) »

「赤と黒」を読んだ(まんがで読破3)

まんがで読破「赤と黒」(スタンダール)を読みました。

初々しい23才のラブストーリーであると共に19世紀始めのフランスの貴族階級の腐敗を痛烈に批判した本でした。
主人公ジュリアン・ソレルの最後の独白はこうでした。

この世に生まれて23年ずっと孤独だった。

貴族も平民も偽善者ばかりで家族の愛も得られず
信じられる人間などいなかった…
人間は騙し合いだと思っていた…
策略を駆使し地位を得てかけひきで女を手に入れ
他者を屈服させることが人生の勝利だと思っていた

あの人のようになることが目標だった
そのために僕は軍服の赤に憧れ
僧侶の赤に身を包み出世の道を突き進んだ…

だけどひとつだけわからないことがある

愛ってなんだ?

ここで問題です。

主人公ジュリアンが目指した「あの人」とは誰でしょう?

正解は次の記事で…

まんがで読破シリーズは
http://www.eastpress.co.jp/manga/


参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« クリスマス・イブ | トップページ | 「リア王」を読んだ(まんがで読破4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47079831

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤と黒」を読んだ(まんがで読破3):

« クリスマス・イブ | トップページ | 「リア王」を読んだ(まんがで読破4) »

カテゴリー