無料ブログはココログ

« 誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた | トップページ | twitterとホリエモンが語る野口事件 »

今朝の朝日新聞によると東京では今年は労働組合などの派遣村でなく東京都が年末年始に住む所がない人の為の宿泊先を用意したという。
国立オリンピック記念青少年総合センターで行う。
生活相談は12月28日午後から1月4日まで行う。
去年と違い専任の職員を配置し運営費は国が負担するという。
関係者の努力がこういった形になったのだろう。
関係者に敬意を表します。
しかし不十分な点も多い。
それは都民の求職者に限られていること、28日までにハローワークで受付票を貰った人だけ、しかも人数は500人に限られている。

各都道府県はどうなっているのだろう。ご存知の方はお教え下さい。


派遣村ひとの善意のあれよかし 公彦

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた | トップページ | twitterとホリエモンが語る野口事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47084618

この記事へのトラックバック一覧です: 都が官製派遣村を作るのはいいが:

» 岡山市「年越派遣村」が開設されます [再出発日記]
岡山市ではついに派遣・労働者支援センターが「年越し派遣村」を開設することになりました。ここにとりあえずのチラシを作っているようですが、そのままこのブログに転載できないので、チラシから抜書きして紹介します。私も出来るだけお手伝いに行こうと思っています。20...... [続きを読む]

« 誤った天皇の国事行為論を小沢氏が間違いだとやっと認めた | トップページ | twitterとホリエモンが語る野口事件 »

カテゴリー