無料ブログはココログ

« 新しい共同の形(シンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して —石原都政への対抗軸—) | トップページ | 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 »

名護市長に稲嶺進さん当選!辺野古に基地はもう作れない

沖縄県名護市長選挙は基地受け入れ反対の稲嶺さんが当選した。

自ら支援した候補なので民主党は辺野古に基地を作ることはもう出来ないだろう。

沖縄の他の地区にも作れないように秋の知事選も基地反対勢力の大同団結で明確に基地反対派の知事を当選させたい。

基地はいらない!

それだけでいい

^^^^
以下読売記事です。

名護市長に稲嶺氏、普天間合意の実現困難に
基地移設

万歳する稲嶺進さん。左は妻の律子さん(24日午後9時59分、沖縄県名護市で)=江口聡子撮影
  沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設受け入れの是非が最大の争点となった同県名護市長選は24日投開票され、受け入れに反対する新人で前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主、共産、社民、国民推薦)が、容認派で自民、公明両党の支援を受けた現職・島袋吉和氏(63)(無)を破って初当選した。

 鳩山首相は選挙結果を普天間移設先決定の判断材料にすると明言しており、受け入れ反対派の稲嶺氏が勝利したことで、名護市辺野古に移設するとした2006年の日米合意の実現は極めて困難となった。市長選の結果は、在日米軍基地の再編計画全体の行方にも影響を与えそうだ。

 当選後、稲嶺氏は「辺野古の海に基地を造らせないと皆さんに約束した。信念を貫く」と決意を語った。普天間の代替施設について、「海上にも陸上にもいらない。これ以上ごめん被りたい」と強調。そのうえで、「鳩山首相には『基地の沖縄県内でのたらい回しはやめてください』と言いたい」と述べた。

 普天間移設問題をめぐり、鳩山政権は昨年12月、名護市辺野古沖の米軍キャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画を白紙化し、移設先を新たに選定する方針を決定。鳩山首相は今年5月末までに結論を得るとし、その際には、現行案の移設先である名護市長選の結果を判断材料とする意向を表明した。このため、米政府も高い関心を寄せてきた。

 名護市は、日米両政府が1996年に普天間飛行場の全面返還に正式合意後、移設先として浮上したが、地元の賛否は受け入れをめぐって激しく割れた。97年には賛否を問う市民投票が行われ、反対票が過半数を超えたが、98年以降に行われた3回の市長選では移設容認派の候補が勝利した。今回は、民主党が昨年9月に政権交代を果たした結果、「県外、国外移設」に期待する県民世論が再燃した中での選挙戦となった。
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 新しい共同の形(シンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して —石原都政への対抗軸—) | トップページ | 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 »

コメント

ま、あれやね。
勝ってからの方が大変でしょうな。
民主党が今叩かれているのと同じ状況になりかねませんからね。
稲嶺氏にとって唯一の希望は、現状が民主党政権だという事ぐらいかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47383728

この記事へのトラックバック一覧です: 名護市長に稲嶺進さん当選!辺野古に基地はもう作れない:

» 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
10年1月25日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ JNN世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・自由民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・名護市長に基地反対派{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» 祝!稲嶺氏当選。 [今日の喜怒哀楽]
【喜】 昨日投開票された名護市長選で、基地受け入れ反対派の稲嶺氏が当選した。 これで辺野古への基地移設は難しくなったと思われるが、総理周辺の発言を聞くと、イマイチ釈然としないものも感じられる。 <鳩山首相>現行案排除せず 普天間移設、ゼロベースで結論 1月25日11時19分配信毎日新聞  鳩山由紀夫首相は25日朝、沖縄県名護市長選の結果が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題に与える影響に関し、「ゼロベースで国が責任を持って 5月末までに結論を出すとしてい... [続きを読む]

» 【祝!当選】鳩山政権は速やかに意志を統一して普天間基地の無条件返還を要求すべきだ!【名護市長選】 [ステイメンの雑記帖 ]
 1996年12月に日米両政府間で調印された沖縄普天間基地の移設返還問題であるが、その後の歴代の宦官ジミン政権は問題解決を先送りにし続けてきた!  それから13年余が過ぎ、日米両政府間の懸案になってしまったこの問題が大きな転換点を迎えた!  24日に投開票が行われた名護市長選において、 宦官ジミンやナンミョー煎餅の支援を受け辺野古沖移設受け入れを主張した現職 を 移設受け入れ反対派の統一候補が見事に粉砕 したのだ!   17,950 稲嶺  進  無新(祝!当選)   16,362 島袋 吉和 無現... [続きを読む]

» オバマ大統領への絶好の交渉カードを自ら破り捨てた民主党 [JUNSKYblog2010]
2010年1月27日(水)  民主党は、辺野古への米軍移転が重要争点になった名護市長選挙で、自ら支援した稲嶺候補が勝利した直後の平野官房長官の例の発言で、米国オバマ大統領への絶好の交渉カードを自ら破り捨ててしまった。  官房長官は総理と表裏一体なのにも関わらず、鳩山首相は官房長官が勝手に発言したかの容易装い、自ら国の『最高権力者』であるという閣僚や官房長官への指導責任も放棄して、無責任の極みである。  鳩山首相は、【「いろんなものが検討される可能性がある。どこが入って、どこが入っていないという議... [続きを読む]

« 新しい共同の形(シンポジウム・新しい東京 福祉・環境都市を目指して —石原都政への対抗軸—) | トップページ | 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 »

カテゴリー