最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 | トップページ | 「明暗」を読んだ。(まんがで読破 18) »

2010年1月26日 (火)

ドン キホーテを読んだ(まんがで読破 17)

まんがで読破 ドン キホーテを読んだ

かみさんが読むように勧めた。
読んでその理由が分かった。
多分私がそうだと言いたいのだろう。ドンは狂人と思われていたが、実は正気だった。

まんがなので「今ドン キホーテには相手がこんなふうに見えています」と悪の魔法使いがおどろおどろしく絵で描かれているのでイメージを膨らませやすい。
小説のまんが化 はこれから一つのジャンルを形成するのかもしれない
年をとってもドン キホーテのように夢を追い続けたい。
かみさんのこの本を読ませたかった意図とは違うかもしれないが

この本は聖書に次ぐ世界的ロングセラー小説だとか。


2002年5月8日にノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得した。

17世紀のヨーロッパ文学が散りばめられているようで日本人には遠いところもあるが

————

内容(「BOOK」データベースより)
騎士道物語の読み過ぎで妄想に陥った農民のアロンソ・キハーダ老人は、みずからを伝説の騎士と思い込み、痩せ馬のロシナンテと従者サンチョ・パンサを引きつれ、家族や友人の心配をよそに冒険の旅に出る…。自意識や人間の成長などそれまでになかった「個」の視点を物語に盛り込み、「はじめての近代小説」ともいわれる17世紀の傑作を漫画化。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
セルバンテス
1547~1616。スペインの作家。下級貴族の次男として生まれる。読書漬けの少年時代を過ごすが、青年時代にはスペイン軍に入隊し捕虜生活も経験する。本国に戻った後、作家活動に入り、後世の文学に多大な影響を与えた。代表作『ドン・キホーテ』は聖書に次ぐ世界的ロングセラー小説である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


前回「こころ」のクエスチョンの回答です。

「先生」の台詞

精神的向上心の無い者は○○だ。

○○は何でしょうか?

それは「馬鹿」です。

今回のクエスチョンです。

またがった痩せこけた馬の名前は?
従者の名前は?

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 | トップページ | 「明暗」を読んだ。(まんがで読破 18) »

まんがで読破」カテゴリの記事

コメント

村石太仮面さん

コメントありがとうございます。
まんがde読破シリーズお勧めです。

ドンキホーテ 昔 アニメ映画で 見たような気がします。漫画同好会(名前検討中

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドン キホーテを読んだ(まんがで読破 17):

« 「シリーズ・東京モダン」で「ナオキ」を観た。 | トップページ | 「明暗」を読んだ。(まんがで読破 18) »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

よくおじゃまするサイト