無料ブログはココログ

« 共産党宣言(マルクス+エンゲルス)を読んだ。(まんがで読破12) | トップページ | 「わが闘争」を読んだ(まんがで読破14) »

 続・資本論(マルクス+エンゲルス)を読んだ(まんがで読破13)

まんがで読破 続・資本論(マルクス+エンゲルス)を読んだ

共産党宣言と資本論と同じ事が言える。

(理論書の漫画ドラマ化なので資本論と同じく違う著作物ではある。
しかし漫画ドラマなのでその訴える点に関してはビジュアル的に訴える力がある。)

前半は剰余価値論と商品論で後半は資本論二部三部から取っている。

剰余価値に付いてはこの漫画で十分理解できる。
企業経営者はこの漫画位は読むべきだろう。
(ちなみtwitterによるとホリエモンはこのシリーズを読んでいるようです。)


また最後の恐慌の所の絶対的剰余価値の獲得の為の企業の競争による労働者が被る被害の描写は今の派遣村を思い出させる。

イギリスのあるアンケートで20世紀に最も影響力のあった人がマルクスだったことはこの資本論の分析が今も有効であるということを示しているのだろう。

最後のページは有名なこの言葉です。

みずからの道を
進み他人には
好きに言わせて
おけばいい

常識を疑え!

^^^

今回のクエスチョンです。

第一ページの言葉からです。

資本主義の支配のもと
社会は一つの
「巨大な○○の集まり」となる
○○は何でしょうか?

前回のクエスチョンの回答です。

革命によって
支配階級となり
その支配を自ら
廃止したときー

すべての人の
自由な発展の○○と
なるような
連合体が現れる

○○は何でしょうか?

○○は「条件」です。

ーーー
以下amazonより

商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
産業革命以降、さまざまな商品で溢れかえる現代社会。経済バランスが崩れることが予想されるとしても、なお利益を追求する資本主義社会が抱える矛盾とは?なぜ不況が起こるのか?なぜ失業者が増え、貧富の格差が広がるのか…?『資本論』第1部をベースにした『まんがで読破資本論』の続編として第2部・第3部を漫画化。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マルクス
1818~1883。ドイツの共産主義者であり革命家。エンゲルスと資本主義に関する考えを共有し、共産主義思想を打ち立てる。『資本論』第1部の主著はマルクスだが、第2部および第3部に関してはマルクスの遺稿を元にエンゲルスの手によって編集・出版された

エンゲルス
1820~1895。ドイツの共産主義者であり革命家。マルクスと資本主義に関する考えを共有し、共産主義思想を打ち立てる。『資本論』第1部の主著はマルクスだが、第2部および第3部に関してはマルクスの遺稿を元にエンゲルスの手によって編集・出版された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

今回はこんなところです。
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« 共産党宣言(マルクス+エンゲルス)を読んだ。(まんがで読破12) | トップページ | 「わが闘争」を読んだ(まんがで読破14) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47340223

この記事へのトラックバック一覧です:  続・資本論(マルクス+エンゲルス)を読んだ(まんがで読破13):

» 匿名の銃弾を送る卑怯者 [岩下俊三のブログ]
小沢一郎は検察の任意出頭要請を受諾した。いずれ全容が解明するであろう。問題は自民党やマスコミの悪意に満ちた情報を根拠に、民主党本部や小沢事務所に嫌がらせが増えたことだ。なかには銃弾を送りつけてくる暴力団と思しき劣悪なものもあり、扇動によって軽佻浮薄な行動....... [続きを読む]

» 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
10年1月20日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・日航・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・日航・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・テレビの切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» 【緊急転載】元大阪高検部長三井環氏告発、調査活動費年間6億円は全部検察の裏金。 [世界平和を実現しよう]
○私が右翼塾長から聞いた話しでは、調査活動費は右翼活動資金になっています。  元大阪高検部長三井環氏によると、調査活動費年間6億円は全部検察の裏金となっているそうです。  私が右翼塾長から聞いた話しでは、調査活動費はマスコミ報道では飲み食いに使ったことになっていますが、実際は右翼活動資金となっているそうです。警察では出来ない仕事を依頼されるそうです。主に選挙動員・選挙妨害です。  本当に飲み食いに使ったのならm(._.)m ゴメンすれば良い話です。ところが、検察は絶対にm(._.)m ゴメンし... [続きを読む]

» 憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
10年1月21日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ツイッターと首相{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・神社に無償私有地・最高裁判断{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・小沢さん{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

» ネグリさんと寅さん [road to true]
友人のブログ(murataな日記)にこんなコメントを書いた。 最近はまっているアントニオ・ネグリさんは面白い提案をしています。 〜世界のすべての人に「無条件かつ普遍的な保証所得」を与えなさい。 それは働いているから与えられる労働報酬とはちがい、 「生きている」ということに対して与えられる報酬。 なので、障害者だって失業者だってホームレスだってニートだって基本的な報酬がもらえる。 画期的だと思った。 それが、新自由主義とは対極にある考え方だから・・ 「生きていてくれてありがとう」という発想。 こうい... [続きを読む]

» 資本の掌握にもとづく経営権の取得について [愛と苦悩の日記]
■資本の掌握にもとづく経営権の取得について、勝つ・負けるという言葉を使うのが適切かどうかは別として、資本の理論からすると事実上すでに「負けて」いるにもかかわらず、なかなかその「負け」を認めようとしない日本人サラリーマンがいるのは、まさに、第二次大戦で日本軍が事実として米国に負けていたにもかかわらず、死ぬまで戦った玉砕の精神とまったく同じだ。こんな精神主義がいまだに日本企業の中にちゃんと生き残ってい...... [続きを読む]

« 共産党宣言(マルクス+エンゲルス)を読んだ。(まんがで読破12) | トップページ | 「わが闘争」を読んだ(まんがで読破14) »

カテゴリー