無料ブログはココログ

« 映画アバターは反戦映画 | トップページ | プーチン主義のロシア—新生ロシア 激動の10年 »

This is it を見て義弟も義理の息子も言っていたのは あの金髪の女の子のギタリストがいいという事。私もそう思った。その名はオリアンティ。1月29日の朝日の夕刊にインタビュー記事が出ていた。

1月27日に日本でライブプレイを披露したようだ。

オリアンティは2009のグラミー賞で演奏を披露しマイケルからオーディションに声かけた由。Beat itやBlack or whiteで凄いギタープレイをしている。 マイケルからいろんな意見を貰ったという。

金髪をなびかせマイケルと共演したオリアンティは世界デビューアルバムbelieveを出しハードなギターと力強いボーカルを披露している由。
オリアンティのこのアルバムはマイケルのリハーサル前にほぼ仕上げていたがgod only knowsというバラードは彼の死後 自分の気持ちを浄化させるためにも作ったという。
是非聞いてみたい。


Photo
「あまりにリアルで近づくとエモーショナルになってしまう」と、マイケルフィギュアから少し離れての演奏とトーク。「もっと! このソロパートは君が主役になる瞬間だ。もっと高く!高く!」というマイケルとのやりとりが、オリアンティ自身も印象深く残っているという

Orianthi in "This is It"

Orianthi and Michael Jackson during the "This Is It" tour rehearsals

MichaelJackson's guitarist Orianthi Best Videos HD
http://www.youtube.com/watch?v=5VFgvknXZ8c



 

« 映画アバターは反戦映画 | トップページ | プーチン主義のロシア—新生ロシア 激動の10年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47441107

この記事へのトラックバック一覧です: マイケルは名ギタリストを残した:

» 映画「おとうと」 [road to true]
今日、久しぶりに映画を見た。山田洋次監督の「おとうと」。 基本にあるスタイルはまるっきり「寅さん」だった。 兄妹(寅〜さくら)にかわって、姉弟愛が中心に描かれている。 寅やにかわって、下町の薬局が弟の「ふるさと」。 甥のみつおにかわって姪の「小春」。 ただ、大きく違う点もある。 その時代性と社会性をどこまで作品に描きこむかという点だ。 この「おとうと」という作品はその点で、「男はつらいよ」に代表される喜劇人情ものと、「故郷」・「同胞」・・以来「学校」シリーズへとつらなる社会派作品との両方を統合... [続きを読む]

» 増えている「無縁死」は問題なのだが、、、 [岩下俊三のブログ]
無縁死という聞きなれない言葉を久しぶりに聞いた。僕はテレビを忌み嫌い民放はもとよりNHKもめったに見ない。なぜなら殆どが嘘だからだ。そういう現場にながくいたから、もう嘘の報道は見たくないとずっと思っていた。しかし、たまたま「無縁社会」というNHK....... [続きを読む]

» 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 [護憲+グループ・ごまめのブログ]
10年2月1日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・日中の歴史{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・納税者場号{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ TV国会ヤジ合戦{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) ... [続きを読む]

« 映画アバターは反戦映画 | トップページ | プーチン主義のロシア—新生ロシア 激動の10年 »

カテゴリー