無料ブログはココログ

« カツドウカ、政府へ
反貧困・湯浅誠の1年のyoutube | トップページ | youtubeに観る万智ちゃん(現代短歌研究会のご案内) »

「アパートの鍵貸します」を観た

Photo

今夜BS2で映画「アパートの鍵貸します」を初めて観た。
(妻は二度目で細かいところに改めて感心していたが)

1960年に出来た巨大生命保険会社が舞台の映画。

古き良きアメリカの会社という感じで社内でクリスマスパーティーがあったり皆が
運命共同体と言った感じ。
派遣社員や契約社員といった感じの殺伐さがないのは主人公の一人のシャーリー マクレーン演ずるエレベーターガールまで含めて全員が社員だからだろう。

ラブコメディなので不倫や社内恋愛の話ばかりなのだが私は会社の在り方というものを感じながら観た。

会社は従業員の為のものだ。
派遣労働などという形を進め、都合が悪くなれば派遣切りをして何とも思わない経営者の在り方を思った。
昨日一昨日の派遣村の記事を書いた事もあり、そんな見方をしてしまった。

ビル ワイルダー監督はそんな見方を予定はしていなかっただろうがーーーー

以下amazonより
http://www.amazon.co.jp/アパートの鍵貸します-DVD-ビリー・ワイルダー/dp/B00005TOGT
内容紹介
アカデミー賞作品賞他、計5部門を受賞。
名匠ビリー・ワイルダーがサラリーマンの悲哀をペーソスたっぷりに描く、
ハリウッド屈指の傑作コメディ!

<キャスト&スタッフ>
C・C・バクスター(バド)…ジャック・レモン
フラン…シャーリー・マクレーン
J・D・シェルドレイク…フレッド・マクマレイ

監督・製作・脚本:ビリー・ワイルダー
脚本:I.A.Lダイヤモンド
撮影:ジョーゼフ・ラシェル

●字幕翻訳:柴田香代子

<ストーリー>
上役の情事の為に自分のアパートを貸しているしがない会社員バド。それもみんな出世のため。だが、人事部長がつれ込んできたエレベーターガールの女性フランは、バドの意中の人だった。出世か、それとも恋人か、最後にバドが選んだ答えとは……?

<ポイント>
◎1960年アカデミー賞主要5部門受賞(作品賞/監督賞/脚本賞/美術監督・装置賞/編集賞)
●「ハリウッドが生み出したコメディの最高傑作」とうたわれた、ビリー・ワイルダー監督の傑作コメディ。名優ジャック・レモンが扮する悲哀溢れるサラリーマン、キュートな魅力を放つシャーリー・マクレーンなど、キャスト陣も秀逸。

<特典>
●オリジナル劇場予告編

Amazon.co.jp
   独身で保険会社の平社員バドは、出世の糸口として上司の逢い引きに、自分のアパートの部屋を提供することを思いつく。ところがある日、課長が自分の部屋に連れ込んできた会社のエレベーターガールは、バドが密かに思いを寄せる女性だった…。
   サラリーマンの悲哀をペーソス豊かにつづったソフィスティケーションコメディ。名匠ビリー・ワイルダー監督の代表作のなかでも、特に語られることの多い名作である。主演のジャック・レモン、シャーリー・マクレーンの息の合ったコンビネーションも魅力的だ。60年度のアカデミー賞では作品、監督、オリジナル脚本、編集、美術監督賞を、ヴェネツィア国際映画祭ではマクレーンが主演女優賞を、それぞれ受賞している。(的田也寸志)

アパートの鍵貸します

今日はこんな所です。
おやすみなさい!
ーーーーー
民主党政権は「4年間は消費税増税凍結」を言うが、その後は「上げない」とは一切言っていません。
4年後増税を許さないために、キャンペーン第4弾!
消費税増税絶対反対!大脇道場で勉強しよう!

ーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

« カツドウカ、政府へ
反貧困・湯浅誠の1年のyoutube | トップページ | youtubeに観る万智ちゃん(現代短歌研究会のご案内) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47647705

この記事へのトラックバック一覧です: 「アパートの鍵貸します」を観た:

» 「宮下公園」から世界を見つめる~上映&スピーキングツアー2010~ [喜八ログ]
「OurPlanet-TV」が主催する『「宮下公園」から世界を見つめる~上映&スピーキングツアー2010~』情報を紹介します。 [続きを読む]

« カツドウカ、政府へ
反貧困・湯浅誠の1年のyoutube | トップページ | youtubeに観る万智ちゃん(現代短歌研究会のご案内) »

カテゴリー