無料ブログはココログ

« 政府が貧困問題についてどういう方針を持つかによって決める | トップページ | 映画[タワーリング・インフェルノ]をBSで見た »

「天災は忘れたころにやってくる」
「文明が進めば進むほど、災害は激烈さを増す」
寺田寅彦

NHKスペシャツ メガクエイク巨大地震 第三回 巨大都市を未知の揺れが襲う
 長周期地震動の脅威


を見た。
 
長周期地震というものを初めて知った。
25年前のメキシコシティーの地震ではこの長周期地震によって特定の高さのビルばかりが壊れたという。
そしてメキシコシティーはアステカ王国の遺跡の島の回りを埋め立てて作られた沼地の上の都市である事がその被害が大きかった理由だという。

問題は東京は同じように沼地の上に出来た都市なので大きな被害が予想されると言うことだ。

 長周期地震動のリスクは高層ビル設計の中で長年“想定外”とされ続けてきたという。
さらに、長く揺れ続けることによって湾岸部などでは液状化被害が拡大し、建物の基礎や地下のライフラインに深刻な被害を与えるという。
石油タンクが壊れると東京湾は長い間使用出来なくなり物流が止まると言う。

霞ヶ関ビルの時には取られていた長周期地震対策が経済論理優先になり地震対策のおろそかな高層ビルが多く作られて来たと言う。

アステカのことわざに人類は地球の揺れで滅亡するというという物があると言う。

寺田寅彦の予言は常に心されるべきだろう。


ところでこの番組に、高校の同級生 東京工業大学時松孝次教授が専門家として登場したのには驚いた。


 彼は地震の専門家だったのだ。
高校の優等生時松君としか知らない私には驚きだった。

今度遭ったらハンサムボーイがちょっと太って見えたよとからかっておこう。


NHKホームページから
【総合】2010年3月7日(日) 午後9:00〜9:49 放送

近い将来高い確率で発生が危険視されている南海トラフでの巨大地震。スーパーコンピューターによる最新解析によると、放出された膨大な地震波のエネルギーは、とくに東京・大阪・名古屋といった大都市圏に集中的に襲いかかり、長く大きく高層ビル群を揺らし続ける「長周期地震動」を発生させると予測されている。関東大震災以後、大地震を知らずに発展を続けてきた日本のメガシティは、その危機を乗り越えられるのか。_未知なる脅威「長周期地震動」の実像を知る手がかりは、25年前に中南米最大の都市メキシコシティを襲った巨大地震に隠されていた。震源からはるか400キロ離れた都市直下で急激に増幅し、およそ1分間にわたってビル群を揺さぶり、破壊した謎の地震波。その背景には、もともと非常に脆弱な地盤を人間が埋立て、都市を築いてきた歴史が秘められていたのだ。_メキシコシティと同様、江戸期以降あいつぐ土地改良と埋立てによって世界最大級の都市を築き上げてきた東京。しかし、長周期地震動のリスクは高層ビル設計の中で長年“想定外”とされ続けてきた。さらに、長く揺れ続けることによって湾岸部などでは液状化被害が拡大し、建物の基礎や地下のライフラインに深刻な被害を与えることも最新研究でわかってきた。にわかに突き付けられた未経験の災害の脅威に、都市文明はどう向き合うのか。最新研究成果と都市の秘められた歴史を軸に、メガシティに迫る危機の実像をつぶさに描き出す。

次回3月14日は最終回で津波についてです。

以上です。
ーーーーー

4年後増税を許さないために、キャンペーン第4弾!
消費税増税絶対反対!大脇道場で勉強しよう!

ーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 政府が貧困問題についてどういう方針を持つかによって決める | トップページ | 映画[タワーリング・インフェルノ]をBSで見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/47752211

この記事へのトラックバック一覧です: 長周期地震動の脅威:

» 「かたりれん」のお知らせ(東京・四谷、03-19) [喜八ログ]
「女性と貧困ネットワーク」発行の女性と貧困ネットワークマガジンより「かたりれん(※)」のお知らせを転載します(※女性だけで仕事や生活の悩みについて語り合う集まり、毎月1回実施)。... [続きを読む]

» 奈良県警組織対策犯罪課幹部焼身自殺のその後、2警官暴力団との癒着発覚! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
★ポチっとblogランキング(^^ゞにご協力ください 前回、奈良県警組織犯罪対策課の幹部が焼身自殺した事件について指摘したが、今日の朝日新聞朝刊の社会面に、奈良県警の「2警官、組合員から金品か」という報道がなされていた。 これは、暴力団担当の奈良県警組織犯罪対策課2課の二人の警察官が、捜査情報を組員に漏らして現金や腕時計などを受け取っていたとされるもので、組員が別件で大阪府警に逮捕され、二人の警官との関係を供述したことから発覚したものだという。 これらを鑑みると、奈良県警の組織犯罪対策課の... [続きを読む]

» 寺田寅彦から地震大連想ゲーム [岩下俊三のブログ]
寺田寅彦は夏目漱石の小説にしばしば名を変えて登場してくるが、本来の物理学者として、いまも私は一目置いている。なぜなら彼はいち早く大陸移動説を唱え、「震動」に深い含蓄があるからである。とくに地震の概念に関しては、文学的ともいえる言説で、「不可抗的な自然の威....... [続きを読む]

« 政府が貧困問題についてどういう方針を持つかによって決める | トップページ | 映画[タワーリング・インフェルノ]をBSで見た »

カテゴリー