無料ブログはココログ

« 共産党と社民党は本気で第三極を作れ! | トップページ | アクティビストのためのTwitter講座! 入門編 »

表参道が燃えた日

65万アクセス御礼!

Photo_2


我が家の次女は原宿に毎週のように行っている。
付き合って行った事もあるが若者の波を泳いで歩くのが大変だ。
若者の街と言えばまずここだろう。

今日は戦争に変わるニュースがあった。
それは原宿/表参道に関わることだ。

その表参道の青山通りと交わる交差点の、みずほ銀行前に小さな追悼碑がある。
第二次世界大戦の終戦直前に起きた、山の手大空襲で犠牲となった人たちを追悼するために建てられたものです。

1945年3月10日の下町大空襲は、早乙女勝元さんたちの努力でよく知られています。1日で10万人以上の人が亡くなる、大規模なものでした。

1945年5月25日夜、青山、原宿、赤坂、麻布、渋谷など山の手地域が炎に包まれた。
「東京最後の大空襲」といわれ、飛来した米軍機や投下された焼夷(しょうい)弾の数などは、同年3月10日の東京大空襲を上回る規模だった。
死者約3700人といわれている。
( 2008-05-26 朝日新聞 朝刊 東京西部 1地方 )

今日その65回目の法要が行われたというニュースがあった。

「山の手空襲」は3年程前に体験者などの証言集が出版されたことがきっかけとなって、新たな証言や資料が集まっていて、被害の実態を次の世代に残そうという動きが出ています。
あまりに長い時間が経ってしまい証言を出来る人は被爆者と同じく限られているでしょう。
私等は何も知りませんでしたが後に続く世代がこの経験は継承して行かなければならない事でしょう。

中野区内の宗教者により宗教の違いを超えて結成された「明るい社会づくり中野区宗教者懇話会」(根本智英会長・真言宗梅照院住職)が平成12年以来、
山の手大空襲のあった5月に毎年行っているそうです。
第1回は仏式、第2回は神式、第3回はキリスト教式、第4回は立正佼成会の儀式、第5回は金光教の儀式、第7回は解脱会の儀式、第8回は仏式の儀式が行われたそうです。

ベトナムのナパーム弾、イラクやアフガニスタンのクラスター爆弾などは、東京大空襲から開発が始まったそうです。

今に生きる「表参道が燃えた日」です。

参考サイト
山の手空襲から65年で法要

「明るい社会づくり中野区宗教者懇話会」

東京新聞
灰の「山の手」伝える絵 空襲65年 

表参道が燃えた日−山の手大空襲の体験記−


やっとコメントが出来るようになりました
どしどしコメントをお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーー

湯浅誠さんを東京都知事に!

ーーーーーーーーーーーーーーー

4年後増税を許さないために、キャンペーン第4弾!
消費税増税絶対反対!大脇道場で勉強しよう!

ーーーーーーーーーーーーーーー


「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 共産党と社民党は本気で第三極を作れ! | トップページ | アクティビストのためのTwitter講座! 入門編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/48458743

この記事へのトラックバック一覧です: 表参道が燃えた日:

» アフガニスタンの麻薬、ロシアへ流れ込む [マスコミに載らない海外記事]
Strategic Culture Foundation 2010年5月24日 アレクサンドル・バレンツェフ 国際麻薬・法律執行局のトップ、デビッド・T・ジョンソン国務次官補の、アメリカ国務省、国際麻薬国際麻薬管理戦略レポート(INCSR)によれば、アヘン用ケシ作物根絶という発想を否定すべきなのだという。 アフガニスタ... [続きを読む]

» 女性のメーデー(2010-05-16)の動画 [喜八ログ]
2010年05月16日(日)東京・渋谷で行われた「女性のメーデー "WOMEN'S "WALKING"MAYDAY"」の動画を2本紹介します。 [続きを読む]

« 共産党と社民党は本気で第三極を作れ! | トップページ | アクティビストのためのTwitter講座! 入門編 »

カテゴリー