無料ブログはココログ

« 闘いはみんなで作る(短歌) | トップページ | 「しがみつかない生き方」「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』を読み終わりました »

今日は仕事が半ドンだったので午後からスタートして日本橋から越中島まで歩いた。

日本橋から人形町 浜町公園 新大橋を渡って江東区深川の芭蕉記念館本館 別館 から清澄公園 (深川江戸資料館)(東京都現代美術館) 富岡八幡宮 越中島のコースを半日歩いた。

以下紹介しよう。

人形町はテレビで放映された「新参者」で盛り上がりがある。まだポスターがあちこちに張ってあった。
番組でも出て来た鯛焼き屋は今日もすごい行列だった。
(人形町には先日も訪れた。)
昼食として明治座前のそば屋で鴨せいろを食った。

そのあと浜町公園を通り抜け新大橋を渡った。
新大橋は江戸時代から新大橋で両国橋が大橋と言われていたので新大橋になったと言う。

橋が完成していく様子を、当時東岸の深川に芭蕉庵を構えていた松尾芭蕉が句に詠んでいる。

「初雪やかけかかりたる橋の上」
「ありがたやいただいて踏むはしの霜」

新大橋という名前には317年の歴史があるのである。
勿論今の橋とは違うが木造の最初の橋は広重の絵で残っておりゴッホがそれを模写している事でも有名である。
その絵は橋の中程に鉄の版画で掲示されていた。

広重とゴッホの新大橋
Photo
隅田川を渡って江東区深川の芭蕉記念館に行った。
3階建ての建物でしばし芭蕉ワールドに浸った。
芭蕉は日本橋からこの地に330年前に移って来た。
そして奥の細道などの旅はここから始まった。
有名なこの句はここで詠まれたようだ。

ふる池や蛙飛こむ水の音

芭蕉記念館の門をくぐると、小さな日本庭園があります。 芭蕉の俳句にちなんだ花や草木、池、滝を配して、四季折々の自然を感じることができます。 庭園築山には芭蕉庵を模した茅葺き屋根の祠(ほこら)と「古池や」と「川上と」芭蕉句碑、玄関前には「草の戸も」芭蕉句碑があります。

記念館入口の句碑
草の戸も住み替る代ぞひなの家 (元禄2年吟)

築山の句碑
ふる池や蛙飛こむ水の音 (貞享3年吟)
川上とこの川下や月の友 (元禄6年吟)

芭蕉記念館のホームページより

記念館では俳句に関するいろんな催し物が行われているようです。
俳句に関するアカデミックな会が行われている若い女性の研究者が発表をしていました。
少しそそられましたが参加はあきらめて記念館の裏木戸を出るとそこは隅田川で遊覧船が通っていました。

川沿いの道を川下に少し歩くと史跡庭園があり芭蕉像や芭蕉に関するレリーフがありました。

近くに芭蕉稲荷大明神という神社もありました。

芭蕉の俳句の句碑が並ぶ隅田川のほとりの測道を歩いて小名木川にかかる万年橋を渡り、通りを左に曲がって少し歩くと清澄庭園に着きました。

以下wikiの清澄公園の紹介です。

Photo_2

この地には元禄期の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷があったと伝えられる(真偽不明)。享保期には下総関宿藩主・久世氏の下屋敷となり、ある程度の庭園が築かれたと推定されている。 1878年(明治11年)、荒廃していた邸地を三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が買い取り、三菱社員の慰安と賓客接待を目的とした庭園の造成に着手。1880年(明治13年)に竣工し、深川親睦園と命名された。三菱社長の座を継いだ岩崎弥之助は庭園の泉水に隅田川の水を引き込むなど大きく手を加え、1891年(明治24年)に回遊式築山林泉庭園としての完成を見た。なお、1889年(明治22年)には庭園の西側にジョサイア・コンドル設計による洋館が建てられている[1]。 その後、1923年(大正12年)に発生した関東大震災で庭園は大きな被害を受けて邸宅も焼失したが、図らずも近隣住民の避難場所となり多くの人命が救われた。それを受けて1924年(大正13年)、三菱3代目社長の岩崎久弥は当時の東京市に庭園の東半分を公園用地として寄贈。市は大正記念館の移築(1929年5月竣工)や深川図書館の新館舎建設(同年6月竣工)など整備を進め、1932年(昭和7年)7月24日に清澄庭園として開園した。 1973年(昭和48年)に東京都は残る西半分の敷地を購入。翌年から整備を開始し、1977年(昭和52年)に開放公園(清澄公園)として追加開園した。
今テレビの龍馬伝で汚い格好で出てくる岩崎弥太郎がその後如何に大富豪となったかを表す公園である。 亀や鯉や白鷺としばしの時間を過ごした。 ここにも

ふる池や蛙飛こむ水の音

の大きな句碑があった。

そのあと(深川江戸資料館)(改装の為休館中)(東京都現代美術館)をパスし木場公園仁行きました。
Photo_3


そのあと
三十三間堂跡の碑を見て最初に大相撲が行われたと言う富岡八幡宮に行き横綱力士の碑や間宮林蔵の碑を見て越中島の駅に5時にたどり着きました。

なかなか中身の濃い小旅行でした。


iphoneの「マップ」というのが道案内の役に立ちました。
iphoneに入っている3500曲の中から金子みずずの詩の朗読やマッキーや陽水やビージーズなどを聞きながら半日過ごしました。

かみさんも友人も暑いのでパスと言うので一人で行きました。
確かに今日梅雨明けしたと言う空は暑かったですが江戸散歩が少し病みつきになりそうな感じです。
もう少し涼しくなってから又違うコースを行きたいと思います。


新日本歌人」(月刊月850円)と「炎」(年二回発行一冊1000円)の申し込みはメールフォームからどうぞ

twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 闘いはみんなで作る(短歌) | トップページ | 「しがみつかない生き方」「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』を読み終わりました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/48903705

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋から越中島まで歩いた(人形町 芭蕉記念館 清澄公園等 ):

« 闘いはみんなで作る(短歌) | トップページ | 「しがみつかない生き方」「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール』を読み終わりました »

カテゴリー