無料ブログはココログ

« 国際ペンクラブ東京大会2010に参加します | トップページ | 国際ペン東京大会開会式&レセプション参加記 »

一週間de資本論

今夜から4夜連続で資本論の勉強がテレビでできます。

一週間de資本論(1)◇難解なことで知られるマルクスの「資本論」が今、再び注目されている。
そこには貧困や派遣切り、恐慌など資本主義の"い ま"が描かれているからだ。
4回連続でマルクスの「資本論」を分かりやすく読み解き、テーマに沿ったゲストを迎え「資本論」の世界に多角的に迫る。
1回目 は、第1章の「商品」の分析から「貨幣」が「資本」へと変化していく過程を読み解く。
後半は経済アナリストの森永卓郎氏が登場。
現代日本の「資本論」ブー ムの火付け役、 神奈川大教授の的場昭弘氏と共に、マルクスの"オタク"な一面も紹介しながら「資本論」に迫る。
gooテレビ番組から
 
放映予定
 第1回 9月27日(月)
   第2回 9月28日(火) 「労働力という商品」
   第3回 9月29日(水) 「恐慌のメカニズム」
   第4回 9月30日(木) 「歴史から未来を考える」

世に「難しいけど分かりたい」コトは数多い。あの超難解本『資本論』もその一つ。しかも現在の経済不況の中、異例の大ブレイク中というからなおさらです。 そこで、この番組では『資本論』をこれ以上やさしくできないくらい分かりやすくお茶の間に届け、なんと一週間でその本質を速習してもらうことを目指しま す。達人プレゼンターの解説に加え、各回のテーマに即した旬の対論者をスタジオに招き、みなさんがスッキリするまで説明し尽くします。

一週間de資本論
「第1回“資本の誕生”」
2010/09/27 22:25 ~ 2010/09/27 22:50 (NHK教育)
地上デジタル(2)
趣味・生活・健康・実用
Gコード 8443621

資本論と現代


 難解なことで知られるマルクスの 「資本論」が今、再び注目されている。なぜなら「資本論」には貧困や派遣切り、恐慌など、資本主義の”いま”が描かれているからだ。4日連続で「資本論」 を分かりやすく読み解いていく。1日目は「資本論」の基本中の基本、第1章の「商品」の分析から「貨幣」が「資本」へと変化していく過程を分かりやすく伝 える。番組後半は、経済アナリストの森永卓郎さんがスタジオに登場。現代日本の「資本論」ブームの火付け役、神奈川大学教授の的場昭弘さんと共に、マルク スの”オタク”な一面も紹介しながら、オタクの視点から「資本論」に迫る。

再放送
2010/10/04 5:35 ~ 2010/10/04 6:00 (NHK教育)


一週間de資本論
「第2回“労働力という商品”」
2010/09/28 22:25 ~ 2010/09/28 22:50 (NHK教育)
地上デジタル(2)
趣味・生活・健康・実用
Gコード 8410393

資本論と現代 湯浅誠


 4日連続でマルクスの「資本論」を 分かりやすく読み解いていく。2日目は「労働」をテーマに第8章からひもとき「労働力」を分析、資本主義の秘密に迫る。マルクスは労働者たちに「”資本 論”は第8章から読め」と言った。なぜなら、第8章は机上の理論ではなく、生きた労働者の数々のエピソードが登場するからだ。番組後半は、特定非営利活動 法人(NPO法人)自立生活サポートセンター・もやい事務局次長で「年越し派遣村」の元村長の湯浅誠さんが登場。不況や派遣切りで仕事や住居を失い、生活 に困っている人たちを現場で支え続けてきた湯浅さんが「資本論」が持つ現代性について語る。

一週間de資本論
「第3回“恐慌のメカニズム”」
2010/09/29 22:25 ~ 2010/09/29 22:50 (NHK教育)
地上デジタル(2)
趣味・生活・健康・実用
Gコード 8314165


 4日連続でマルクスの「資本論」を 分かりやすく読み解いていく。3日目は、リーマンショック以後の世界経済について発言している同志社大学大学院教授・浜矩子さんをゲストに迎え、マルクス が論じる恐慌のメカニズムが現代人に何を問い掛けるのかを考える。いつどのような経済危機に見舞われるのか、わたしたちは不安を抱えている。マルクスは 「資本論」の中で、19世紀の英国で起こった景気・不景気の循環について考察、資本家が労働者を雇って利益を上げる営みそのものの中に、急速に起こる「不 景気=恐慌」の原因を見て取ろうとした。一方、20世紀以降、さまざまな経済政策を使って政府が景気をある程度コントロールできると考える経済学者も現れ ている。

一週間de資本論
「第4回“歴史から未来を読み解く”」
2010/09/30 22:25 ~ 2010/09/30 22:50 (NHK教育)

なおこの番組の講師の的場昭弘さん(神奈川大学経済学部教授)は
  「変革のアソシエ」というNPOの講座で「共産主義について ――『初版 
  共産党宣言』を読む」という講座(全8回・第2火曜日、19時~21時、
  各回ごとの参加も可)を担当しています。
  http://homepage3.nifty.com/associe-for-change/study2010/study06.html

ーーーーーーーーーーーーーーー

湯浅誠さんを東京都知事に!


「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 国際ペンクラブ東京大会2010に参加します | トップページ | 国際ペン東京大会開会式&レセプション参加記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/49579619

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間de資本論:

« 国際ペンクラブ東京大会2010に参加します | トップページ | 国際ペン東京大会開会式&レセプション参加記 »

カテゴリー