無料ブログはココログ

« 平山良明氏ジェームズ三木氏講演録 | トップページ | 福島党首が小選挙区制導入時に賛成した誤 りを自己批判 »

「心臓が1回、大きな鼓動を打った」

9月10日に厚生労働省文書偽造事件で村木厚子元局長に無罪判決が言い渡された。
裁判所が事実に基づく自主的な判断を出したことは評価出来るが近畿地検の生かした誤りの指弾まですべきだったと思う。

 事件では、障害者団体元会長が国会議員に証明書発行の口添えを依頼したことが発端とされたが、議員がその日ゴルフ場にいたアリバイが裁判で判明している。
各関係者の証言も検察のストーリーと全く合致しておらずこれで有罪判決を出せるはずはない。

6人の検事が調書作成過程を示すメモを廃棄していたと報道されている事はその事実の解明と責任追及がなされるべきだろう。
近畿地検の担当者と責任者の処分が必要です。


「可視化でストップ!違法な取調べ」のタイトルで開かれたシンポジウムが大阪弁護士会の主催で昨日行われたようだ。


弁護人「検察の責任、検証する」 元局長無罪でシンポジウム

主任弁護人の弘中惇一郎弁護士は「判決が確定したら、なぜこんなことが起きたのか、検察にどういう責任があるのか検証していきたい」と述べた。

検察と言う組織の名誉の為にも責任の所在を明らかにして欲しい。


今後同様な事件を起こさない為にこれが必要だと思います。

1。テレビやメディアの法廷内の自由取材
2。調書作成過程の映像記録義務(これがない調書は証拠としない事とする)


当面
控訴断念と村木さんの現職復帰が必要です。

当日の記者会見ではこういうやり取りがありました。
ーー

横田信之裁判長の「無罪」との声を聞いた瞬間、「心臓が1回、大きな鼓動を打った」という。

——検察の捜査について
 裁判でいくつも、検察が考えていたことと違う事実が明らかになった。もうちょっと丁寧に捜査していただければ。私は検察を信頼していきたいし、みんなそう思っていると思います。
——逮捕から1年余り、悔しい思いはありますか
 公務員の50代は仕上げの時期。その意味で悔しさはありますが、過ぎたことを悔やんでも仕方がない。子どもとたくさん話をし、拘置所の中でたくさん本を読みました。それはそれで意味のある時間だったと思っています。もう十分ですが。
 ——検察に対し何らかの責任を追及する考えは
 具体的には考えていないが、大きな権限を持つ組織として、きちんとこの問題を受け止めてくれたらいいと思っています。

村木元局長「心臓が1回、大きな鼓動を打った」
asahi.com

この人のインテリジェンスと人間的な柔らかさが垣間見れるようです。

以下が参考になります。

JUNSKYblog2010

NHK 【追跡AtoZ】 で明らかにされた地検特捜部の異常な捜査手法

ーーーーーーーーーーーーーーー
(NHK問題)
日曜討論に全政党の参加を!
ーーーーーーーーーーーーーーー
(定数削減問題)
秘書の経費も含めて、1人の国会議員にかかるお金は約7000万円です。80人分削ると56億円。
一方で、政党助成金は320億円ですが、これを削ったら何と450人分の国会議員を削るのと同じくらいになる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(消費税増税問題)
泉谷しげるの消費税「10%」だと!?

消費税増税絶対反対!大脇道場キャンペーン第5弾!導入以来、累計で224兆円。 同時期に大企業などの法人三税(法人税、法人住民税、法人事業税)などの減税が累計で208兆円。

Photo
ーーーーーーーーーーーーーーー

湯浅誠さんを東京都知事に!


「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 平山良明氏ジェームズ三木氏講演録 | トップページ | 福島党首が小選挙区制導入時に賛成した誤 りを自己批判 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/49427490

この記事へのトラックバック一覧です: 「心臓が1回、大きな鼓動を打った」:

» 菅首相だろうが小沢首相だろうがどっちだっていい、問題は自分が首相ならどうゆう政治を行うかだ [BLOG BLUES]
ここ一両日、民主党党首選挙戦の熱気が、いくらか安らいだようだ。 うふふふふっ、「BLOG BLUES」の前回エントリが、冷や水ぶっ掛けたからかな。 んなことはありませんね。あまりに熱狂的報道であったため、 さしものマスコミも息切れしたんでしょうな。 僕は、本当に、思うんだ。どうして、マスコミをマスゴミと揶揄するブロガーが、 こうも手もなくマスコミの狂乱に歩調を合わせて、取り乱すのか。 マスコミなんか馬鹿なんだからさ、クールに構えりゃいいのよ。 したら、彼らも、少しは己の馬鹿さ加... [続きを読む]

« 平山良明氏ジェームズ三木氏講演録 | トップページ | 福島党首が小選挙区制導入時に賛成した誤 りを自己批判 »

カテゴリー