無料ブログはココログ

« おは!twitter俳句(9月7日から9月14日) | トップページ | 都立城東職業能力開発センター(亀戸校)を廃止するな? »

9月の短歌です。

 秋景色あり   大津留公彦

秋の田を昼間に変える大雷夏の終わりのけじめのごとく

曇天に猫の尾揺れる背中から野菊咲けるを仲良く眺む

かりかりと猫の食する窓辺には秋景色あり季節は動く

蟋蟀のフォービートいくつも重なって朝の庭には季題の多し

鬱蒼たる京都 の山の竹の春家族で 迷いし思い出のあり

野分過ぎ白さ増したる白木槿狭庭の東南に位置を占めたり

熱帯夜の記録の切れし白露の朝布団掛ければ夏は逝きたり

「土俵の鬼」鬼を残してみまかるか白鳳連勝続く秋場所

 行き過ぎし人振り返る花野からようやくにして秋は立つなり


新日本歌人」(月刊月850円)と「炎」(年二回発行一冊1000円)の申し込みはメールフォームからどうぞ

twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« おは!twitter俳句(9月7日から9月14日) | トップページ | 都立城東職業能力開発センター(亀戸校)を廃止するな? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/49460717

この記事へのトラックバック一覧です: 秋景色あり(9月の歌):

« おは!twitter俳句(9月7日から9月14日) | トップページ | 都立城東職業能力開発センター(亀戸校)を廃止するな? »

カテゴリー