無料ブログはココログ

« かずさアカデミアパークの千葉県誘致企業で指名解雇 | トップページ | 人間は基本的に「善」(いいtwitter体験を!) »

日本橋から中央道りを上野まで歩く

昨日の土曜日は午前中仕事をして午後は日本橋から中央道りを上野まで歩いた。 実際に歩いた時間は2時間足らずでした。 前に日本橋から木場公園まで歩きましたが今後日本橋起点でいろいろ歩いてみようと思います。 昨日の旅程です。 ココログは2M以上の写真をアップできなくなったのでweb上の写真をアップします。 まず昼食はコレド日本橋の地下で弁当を買って隣の公園で食べました その地には漱石が通った寄席があったそうです。 その公園脇にある漱石の碑文です。

Photo

江戸っ子漱石はロンドンを舞台にした作品にも日本橋を言挙したほどだ。青春小説「三四郎」、倫理探求の名作「こころ」には、ここの路地の寄席や料理屋が描かれている。 こんな説明がありました。 江戸っ子漱石は落語好きでした。『三四郎』には、週に四十時間もの講義を聞く三四郎を、「そう、活きてる頭を、死んだ講義で封じ込めちや、助からない」と、与次郎が寄席へ連れて行く場面が描かれています。  次に本場の寄席へ連て行つてやると云つて、又細い横町へ這入 つて、木原店(きはらだな)と云ふ寄席へ上つた。此処(こゝ)で 小さんといふ落語家(はなしか)を聞いた。   〈第三章〉 この明治の青春の一舞台となっている日本橋の木原店(きはらだな)跡に、この度、「夏目漱石の碑(漱石名作の舞台の碑)」が完成したわけです。 椿わびすけの家別館 掲示板 夏目漱石が好きなかたへ http://wabisuke.bbs.coocan.jp/?m=listthread&t_id=376 白木名水の碑がありました。

Photo_2

◆現地説明板の記載内容です。 江戸時代のはじめ、下町一帯の井戸は塩分を含み飲料に適する良水が得られず付近の住民は苦しんでいました。 正徳元年(1711)、白木屋2代目当主の大村彦太郎安全は私財を投じて井戸掘りに着手しました。翌2年、たまたま井戸の中から一体の観音像が出たのを機 に、こんこんと清水が湧き出したと伝えられています。以来、付近の住民のみならず諸大名の用水ともなって広く「白木名水」とうたわれてきました。 白木名水は湧出してから数百年の時を経て消失しましたが、江戸城下の歴史を理解する上で重要な遺跡です。この「名水白木屋の井戸」の石碑は江戸時代の呉服 商を継いだ白木屋デパート、東急百貨店と続く長い歴史の後に、日本橋一丁目交差点角にあったものを、平成16年(2004)ここに移設再現したものです。 東京都指定旧跡。

Photo_3

凧の博物館 たいめんけんビルの5階。国内はもとより、世界の凧 も展示されている たいめいけんはいつも人が並んでいる。 その五階の凧の博物館に行きました。 ◆凧の博物館のHPには次の記載がある。(抜粋) 「たいめいけん」は有名な日本橋の洋食屋さん。伊丹十三監督の名画「たんぽぽ」に登場した、卵にナイフを入れた瞬間、中身がおいしそうにとろけ出すオムライスは、「たいめいけん」のオムライスです。 その先代社長の茂出木心護さんが、昭和52年11月15日、お店の5階に公開したのが「凧の博物館」。現在の館長は2代目社長の茂出木雅章さん。毎年、国内外に50回くらい出張があるため、3,000種類以上ある凧は今も増え続けているそうです。 「凧の博物館」には、「日本の凧の会」事務局も設置。凧揚げ大会、世界の凧揚げ情報など、日本と海外を結ぶ基点となっています。館内には、日本各地の凧はもとより世界中の凧がびっしり展示され、大きさも切手大から2m以上のものまで目の前に所狭しとある。 所在地:  中央区日本橋1-12-10 たいめんけん5階

Photo_5

日本橋に来た。 日本橋のたもとの下でトランペットを吹いている人がいたので降りて行ったら日本橋を再生するプロジェクトの展示をしていました。 「トランペットの演奏は展示物を見てもらうきっかけです」と書いていた。 税金を使わないで橋を再生しよういう試みのようです。 「三丁目の夕日」の中でCGで復活した日本橋はリアルに復活するでしょうか? 日本橋みち会議 http://www.nihonbashi-michikaigi.jp/img_meeting/title01.jpg メトロリンク日本橋という無料巡回バスに少しだけ乗りました。 日銀の隣にある貨幣博物館に寄りました。 さすが政府の作った本格的な博物館でした。 思わず時間をすごしてしまいました。 日本各地の歴史的な貨幣や世界中の紙幣や貨幣がありました。 回転式のストッカーを操作して昔の 大分と今のイラクの貨幣見ました。

Photo_4

(先日学校の同窓会をやった味香房 花羽(みちば)はこの近くで飲み放題で3千円という安さだった。) 東京都  中央区日本橋本石町4-4-12 ここから中央道りを北上して神田駅のガードをくぐって万世橋を過ぎ秋葉原に着いた。 寄りたい店もあったが今日は素通りして歩く。 秋葉原は平均年齢が若く歩くのも大変なほど人が多い。 外神田辺りまで来ると人は減って御徒町近くの上野広小路辺りでまた人が増えた。 上野駅に着く。 中央道りは上野駅で終わり後は昭和通りと合流するようだ。その道は入谷/下谷に繋がる。 不忍池の回りを散策しました。 蓮の原のようでした。 不忍池で作った俳句です。 不忍池敗蓮はみな陽に向かう やれはすの葉の下影に隠れたり 蓮の葉を突如揺るがす巨大鯉 夕月夜人に言えない事もあり 次回は日本橋から国道一号線を南下してみたいと思います。 今日はこんな所です。

twitter 評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru 文学:http://twitter.com/ootsuru 参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。 CoRichブログランキング br /> →人気ブログランキングへ
良ければこちらもお願い致します
FC2ブログランキング
更によければこれもお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

« かずさアカデミアパークの千葉県誘致企業で指名解雇 | トップページ | 人間は基本的に「善」(いいtwitter体験を!) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/49837838

この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋から中央道りを上野まで歩く:

« かずさアカデミアパークの千葉県誘致企業で指名解雇 | トップページ | 人間は基本的に「善」(いいtwitter体験を!) »

カテゴリー