« 国会議員の皆さんへー従軍慰安婦問題の元軍属の証言を聞いて下さい | トップページ | スポーツは社会貢献ースポーツ省を作ったらどうだろうか? »

2010年10月26日 (火)

「おは!twitter俳句」(10月19から10月26日)

恒例の「おは!twitter俳句」の10月19から10月26日までの俳句です。

今回も
①@twryossy さんのtwitter季語案内
②私の俳句
③私のコメント
です。

2010年10月19日(火)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】青蜜柑(あおみかん):枝に青々とした色を見せている未熟の蜜柑。また青いままで店頭に出る香り高いものについてもいう。単に「蜜柑」と言えば冬の季語。
◆剥き癖のめいめいにある青蜜柑(岡田史乃)

甘酸っぱい運動会の青みかん 公彦

小学校時代は私は病弱で運動会はだいたいビリか見学だった。
しかし応援に来た親戚には愛想を振りまいて走りビリをしっかり確保していた。
親族みんなで弁当を囲んだ。
当時山の上の密柑畑に住んでいたので必ずその中に青みかんがあった。
その青みかんは甘酸っぱかった。

2010年10月20日(水)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】後(のち)の月:陰暦九月十三日の月。「十三夜」とも言い枝豆や栗を供えるので「豆名月」「栗名月」の異名も。今年最後の名月なので「名残の月」とも呼ばれる。
◆へだたりし人も訪(と)ひけり後の月(加舎白雄)

十三夜雲の晴れ間に出でよかし 公彦

妹が日本舞踊を習っていた。
毎週踊りの先生が自宅に来て終わるとお菓子タイムになるのが楽しみだった。
いくつかの踊りの歌を覚えている
その中の一つが「十三夜」

作詞:佐藤惣之助 作曲:山田栄一
銀杏(いちょう)がえしに 黒襦子(くろじゅす)かけて
泣いて別れた すみだ川
思い出します 観音さまの
秋の日暮の 鐘の声

(セリフ)
「あゝそうでしたわね。あなた
が二十歳(はたち)、わたしが十七。いつも清元の
お稽古から帰って来ると、あなたは竹谷
の渡しで待っていてくだすった。 そして
二人の姿が水にうつるのを眺めながら、
ニッコリ笑っていつも淋しく別れたけど、
はかない恋っていじらしいもんだわねぇ」

この台詞が懐かしい!

2010年10月21日(木)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】そぞろ寒:「すずろ寒」「そぞろに寒し」の形でも。秋が深まるにつれてうっすらとした寒さを覚えるようになる。心の寒さについても用いられる懐の深い季語。
◆そぞろ寒読めぬカルテを覗き見る(三枝邦光)

そぞろ寒バソコンスリープさせましょう 公彦

最近バソコンはシャットダウンしないでスリープにしている。
その方がたち上がりも早いし終了も早い
「そぞろ寒」の季節
バソコンも早くスリープさせましょう

2010年10月22日(金)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語】秋草(あきくさ):「八千草(やちぐさ)」「野の草」「色草」などとも。特定の草ではなく野山のさまざまの草をはじめとして花や実の付いたものについても用いる。
◆風渡るとき秋草の華やげる(高木晴子)

秋草に猫帰り来る朝曇り 公彦

我が家には猫と犬が居る。
犬は家犬だが、猫は出入りしている。
猫は夜遊び、朝帰りもする。
朝のおかげで早起きの私です。


2010年10月23日(土)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語】霜降(そうこう):二十四節気の一つ。暦の上では今日から晩秋の後半に入る。「寒露」から十五日後、露が凝結して霜となる時季。すでに初霜を見た地方もある。
◆霜降の日を舟唄に惜しみけり(才記翔子)

霜降や書きたき読みたきこと多し 公彦

読んだ本の読書感想文や短歌の同人誌の原稿などの書きたきことが多く、たまった読みたき本がたくさんある。


2010年10月24日(日)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】熊架(くまだな):「熊の棚」「栗棚」などとも。熊が冬眠に備えて樹上に座り実の生った枝を折り取った跡が棚のように見えるのでこの名が。「熊」のみは冬季。
◆聚落へくだる峠や熊の架(雨宮美智子)

熊架に熊のかなしみ残りけり 公彦

熊棚というのは初めて知った。
最近は熊の事件が多いのでこういうものを知っておく必要もあるでしょう。
決して熊は悪くありません。
人間の横暴に熊は悲しんでいます。

2010年10月25日(月)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】紫式部:「実紫(みむらさき)」とも。クマツヅラ科の落葉低木で秋に小さい紫色の実を結ぶところから平安朝の才媛の名が付けられた。実の白い「白式部」もある。
◆胸焦がすほどの詩(うた)欲し実むらさき(小澤克己)

水滴をそれぞれ溜めて実むらさき 公彦

庭木として植えられるのはコムラサキで,これを「ムラサキシキブ」と呼ぶことが多いようです。
コムラサキ by wiki

Komurasaki

2010年10月26日(火)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語】秋刀魚(さんま):九月に 北海道から南下を始めて晩秋に房総沖に達した後、紀州沖に向けて回遊する。江戸期の季語にはなく近代以降の句に詠まれるようになった。
◆火だるまの秋刀魚を妻が食はせけり(秋元不死男)

骨だけとなりたる無念の秋刀魚かな 公彦

秋の魚は秋刀魚である。

「秋刀魚の歌」という詩を紹介して今回は終わりです。

佐藤春夫  秋刀魚の歌 

あはれ
秋風よ
情〔こころ〕あらば伝へてよ
——男ありて
今日の夕餉〔ゆふげ〕に ひとり
さんまを食〔くら〕ひて
思ひにふける と。

さんま、さんま
そが上に青き蜜柑の酸〔す〕をしたたらせて
さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
そのならひをあやしみてなつかしみて女は
いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
あはれ、人に捨てられんとする人妻と
妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
愛うすき父を持ちし女の児〔こ〕は
小さき箸〔はし〕をあやつりなやみつつ
父ならぬ男にさんまの腸〔はら〕をくれむと言ふにあらずや。

あはれ
秋風よ
汝〔なれ〕こそは見つらめ
世のつねならぬかの団欒〔まどゐ〕を。
いかに
秋風よ
いとせめて
証〔あかし〕せよ かの一ときの団欒ゆめに非〔あら〕ずと。

あはれ
秋風よ
情あらば伝へてよ、
夫を失はざりし妻と
父を失はざりし幼児〔おさなご〕とに伝へてよ
——男ありて
今日の夕餉に ひとり
さんまを食ひて
涙をながす と。

さんま、さんま
さんま苦いか塩つぱいか。
そが上に熱き涙をしたたらせて
さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
あはれ
げにそは問はまほしくをかし。

以上です。

保存場所

http://twilog.org/ootsuru/asc
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 国会議員の皆さんへー従軍慰安婦問題の元軍属の証言を聞いて下さい | トップページ | スポーツは社会貢献ースポーツ省を作ったらどうだろうか? »

「twitter」カテゴリの記事

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/49855573

この記事へのトラックバック一覧です: 「おは!twitter俳句」(10月19から10月26日):

« 国会議員の皆さんへー従軍慰安婦問題の元軍属の証言を聞いて下さい | トップページ | スポーツは社会貢献ースポーツ省を作ったらどうだろうか? »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウェブページ