無料ブログはココログ

« 不都合な真実 eco入門編を読んだ | トップページ | 子規、逝く! »

めざせエコピープル ECO検定(エコ検定) 予想問題

環境社会検定試験(eco検定)の勉強をしております。

何かの仕事の技術に直結する訳ではないが今後より重要性の増す勉強すべき分野ではないかと思う。
会社は従業員の内この合格者の人数が多いと銀行からの借り入れ利率が安くなるという話もあります。
ある意味で地球人は全員取得すべき資格だと言えるかもしれません。
合格者はエコピープルと呼ばれます。

東京商工会議所の主催で春と冬の二回やっています。
受験料は5250円です。
申込先は東京商工会議所 eco検定公式サイト

(私の受ける12月19日の分はもう終わっています。)

予想問題

〔ABS議定書(名古屋議定書)〕微生物や動植物を利用した抗生物質や抗ガン剤など、(特に途上国の)貴重な生物資源の利用やそれにより得られる利益の配分についての国際的ルールを取り決めた。

○かxか?

ーー

答え ○

ーー
参考

【COP10で何が決まったのか?】

〔ABS議定書(名古屋議定書)〕微生物や動植物を利用した抗生物質や抗ガン剤など、(特に途上国の)貴重な生物資源の利用やそれにより得られる利益の配分についての国際的ルールを取り決めた。これまでは、途上国の生物資源を先進国が収奪し、利益は途上国には少なかったり、生物多様性条約で作られた任意の国際ルール(ボンガイドライン)に従ったり、途上国ごとに国内法で強い規制を行うなど、対応は各国バラバラであったが、入手に同意が必要、利益を公平に分配など大枠での合意が得られた。しかし、大枠は先進国よりで、個別の協議に先送りであったり、不透明な点も残されている。

〔遺伝子組み換え補足議定書(名古屋・クアラルンプール補足議定書)〕輸入した遺伝子組み換え生物がその生態系に被害を与えた場合、輸入国は原状回復や賠償を求めることができる。遺伝子組換え生物が生態系に影響を与えないようにする輸送規定などを定めた「カルタヘナ議定書」の補足ルール。

〔2010年以降の生態系保全目標( 愛知ターゲット)〕「2010年までに生物多様性の損失速度を著しく減少させる」という2010年目標の達成失敗を受けて、「自然生息地の損失速度を少なくとも半減」、「少なくとも陸域の17%と海域の10%を保全」「劣化した生態系を15%以上回復」など20の目標が設定された。しかし、 京都議定書のように各国に義務付けられた数値目標ではない。

〔国連生物多様性の10年〕生態系保全目標を達成する以前に、日本で「生物多様性」についての認知度が低いことを受け、生物多様性に関心をもち行動する人が増えるように、来年以降の10年間を国連生物多様性の10年とすることを国連総会に提案する事が決まった。

〔その他〕科学的検知に基づき提言する、気候変動と政策のインターフェイスIPCCの生物多様性バージョン、生物科学と政策のインターフェイスIPBESの設置提案や各国で生物多様性についての教育や普及啓発(CEPA)の行動計画作成など、最終日だけで名古屋議定書などを含めた49項目の決議が行われた。

この文章の中から1問出るのはまず間違いないでしょう。

ーー

今年の7月25日の第8回試験の概要は以下の通りです。

受験者数:27582人、実受験者数:25208人、合格者数:16431人、合格率:65.2%、平均点:72.9点.

シャープは、国内グループ社員の環境社会検定試験(eco検定)合格者数が累計3872名に達し、eco検定合格者総数7万2088名(10月1日時点)のうち約5%がシャープ社員になったという。

ーー
こんな数字は頭に入れておきたい。

石油はあと40年で枯渇する。
日本人が1日に使用する水の量は314ℓなのにみそ汁一杯を流すとそれを綺麗にするのに1400ℓの水が要る。天ぷら油はその10


eco検定問題と解答例です

[104]eco検定重要キーワードまとめ

[問題]
空欄にあてはまる単語を下記から選びなさい。
( )の中が答です。7割できれば合格です。
単語
・1988 ・1992 ・ISO14001 ・アジェンダ21 ・ウィーン ・ストックホルム ・モントリオール ・ヨハネスブルグ ・ラムサール ・リオ ・ローマクラブ ・ワシントン ・環境基本法 ・気候変動枠組 ・京都議定書 ・国連環境計画 ・生物多様性条約 ・世界遺産条約 ・地球サミット ・有害廃棄物


年 主な取り組み キーワード
1972 国連人間環境会議(ストックホルム)会議 人間環境宣言
(ローマクラブ) 成長の限界
(国連環境計画)(UNEP)設立 本部はケニアのナイロビ 環境に関する諸活動の総合的な調整を行なうとともに、新たな問題に対しての国際的協力を推進
1975 (ラムサール)条約発効 [目的]水鳥とその生息地である湿地の保護
(世界遺産条約)発効 ユネスコに事務局
(ワシントン)条約発効 [目的]絶滅の恐れがある野生動植物の種の保存
1985 オゾン層の保護のための(ウィーン)条約 オゾン層の保護と人体などへの悪影響についての研究
1987 オゾン層を破壊する物質に関する(モントリオール)議定書採択 主なオゾン層破壊物質の全廃スケジュールなどを設定
(1988) 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)設立 [目的]地球温暖化の実態把握や予測、対策策定など
1989 バーゼル条約採択 正式名称:(有害廃棄物)の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約
(1992) (地球サミット)開催 持続可能な開発
(アジェンダ21)採択 21世紀に向けて、持続可能な開発を実現するために実行すべき行動計画
環境と開発に関する(リオ)宣言 持続可能な開発を実現するために実行すべき行動計画
(気候変動枠組)条約採択 地球温暖化防止条約、温暖化防止条約。地球温暖化問題に対する国際的な枠組みを設定した条約。
(生物多様性条約)採択 Convention on Biological Diversity / CBD 生物の多様性を「生態系」「生物種」「種内(遺伝子)」の3つのレベルで捕らえている
1993 (環境基本法)制定 「公害対策基本法」「自然環境保全法」をもとに新法として制定
1996 (ISO14001)発行 環境マネジメントシステムの国際規格
1997 ( 京都議定書)採択 温室効果ガスの具体的排出削減目標を数値で設定。 日本は-6%
2002 (ヨハネスブルグ)サミット開催 持続可能な開発に関する世界首脳会議 (ヨハネスブルグ)宣言を採択
2005 ( 京都議定書)発効 気候変動に関する国際連合枠組条約 ロシアが批准し、発効要件を満たした。 アメリカは離脱


ECO検定(エコ検定) 予想問題のリンク先です。

やや古い物は答えが違ってきます。

環境goo 目指せ!エコ検定合格〜過去問題に挑戦!〜

、ECO検定(エコ検定) 予想問題掲示板

ECO検定集会所問題倉庫

eco検定のぉと

今日はこんなところです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
TPPはTREMENDOUS POOR POLICYだ。

TPPには日本は絶対に参加すべきではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(定数削減問題)
秘書の経費も含めて、1人の国会議員にかかるお金は約7000万円です。80人分削ると56億円。
一方で、政党助成金は320億円ですが、これを削ったら何と450人分の国会議員を削るのと同じくらいになる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(消費税増税問題)
泉谷しげるの消費税「10%」だと!?

消費税増税絶対反対!大脇道場キャンペーン第5弾!導入以来、累計で224兆円。 同時期に大企業などの法人三税(法人税、法人住民税、法人事業税)などの減税が累計で208兆円。

Photo
ーーーーーーーーーーーーーーー

湯浅誠さんを東京都知事に!


「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
ーーーーーーーーーーーーーーー
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ーーーーーーーーーーーーーーー

« 不都合な真実 eco入門編を読んだ | トップページ | 子規、逝く! »

コメント

ぽえっち さん

コメント有り難うございました。
この記事は昨日今日とアクセスが多いです。
私は今日、明大和泉校舎で13時半からです。

参考になりました。私も今日の午後エコ検定試験を受けます。ありがとうございました(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/50283857

この記事へのトラックバック一覧です: めざせエコピープル ECO検定(エコ検定) 予想問題:

« 不都合な真実 eco入門編を読んだ | トップページ | 子規、逝く! »

カテゴリー