無料ブログはココログ

« 不公正もたらす“自由” | トップページ | 「真実でないが有益な説明」? »

共産党の志位委員長の共産党綱領関係講義のtwitterつぶやき特集

今日のリツイートです。

共産党の志位委員長の共産党綱領関係講義のtwitterつぶやき特集です。
戦前と戦後の憲法制定過程と安保締結の経緯がテーマ。


明日、志位さんは韓国KBS(国営放送)の取材をうけるそうです。
同放送は「朝鮮の植民地支配に反対した同志」として日本共産党を見ているとのこと。

NHKではやらないのかな?

RT @oya_kero 明日、志位さんは韓国KBSの取材をうけるそうです。同放送は「朝鮮の植民地支配に反対した同志」として日本共産党を見ていると。

posted at 22:23:38

RT @oya_kero 占領軍は一年弱で民主化措置をひっくりかえし、日本を反共の防波堤に。占領時代にアメリカいいなりの骨格がつくられた、と志位さん。

posted at 22:23:25

RT @yoyoshimata 今日は志位さんの講義。戦後、占領下の反動化が、今日の日本に様々な負の遺産を残している、と。深いな。この時期のこと、あらためて突っ込んで勉強したい。

posted at 22:23:14

RT @yoyoshimata 「戦後の日本の変化を語る際、沖縄は違う歴史を持ったことを忘れてはならない」と志位さん。これも、大事なこと。

posted at 22:22:52

残念見れない!RT @ueda01 http://tl.gd/8ri32n

posted at 22:21:47

RT @oya_kero: 桃太郎は地主の子! 成敗される鬼は小作の子! 戦前はそうやって身分の違いを植え付けたのか。そして小作争議もあったと。志位さん綱領講義の3回目。

posted at 22:16:27

新潟?RT @jcpnagasaki: 志位さんの綱領講義益々さえてますね。戦前、秋田県で教師たちの心意気と実践に圧倒されました。戦後、占領軍の政策を変えさせるきっかけに、日本国民のたたかいがあったことも、新たな確信になりました。今まで、中国との関係ばかりで、理解していました。

posted at 22:15:43

RT @jcpnagasaki: 綱領講座、素晴らしかったです。安保条約の三重底の構造とごまかし、それが如何に今の日本に決定的な役割を果たしているのか、よく分かりました。やっぱり、志位さんはすごい!

posted at 22:13:01

今日は本当にこんなところです。

ーーーーーーーーーーーーーーー
TPPはTREMENDOUS POOR POLICYだ。

TPPには日本は絶対に参加すべきではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(定数削減問題)
秘書の経費も含めて、1人の国会議員にかかるお金は約7000万円です。80人分削ると56億円。
一方で、政党助成金は320億円ですが、これを削ったら何と450人分の国会議員を削るのと同じくらいになる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(消費税増税問題)
泉谷しげるの消費税「10%」だと!?

消費税増税絶対反対!大脇道場キャンペーン第5弾!導入以来、累計で224兆円。 同時期に大企業などの法人三税(法人税、法人住民税、法人事業税)などの減税が累計で208兆円。

Photo
ーーーーーーーーーーーーーーー

「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
ーーーーーーーーーーーーーーー
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。
CoRichブログランキング
br />
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 不公正もたらす“自由” | トップページ | 「真実でないが有益な説明」? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/50883237

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党の志位委員長の共産党綱領関係講義のtwitterつぶやき特集:

« 不公正もたらす“自由” | トップページ | 「真実でないが有益な説明」? »

カテゴリー