無料ブログはココログ

« 4月29日(金)原発学習会 | トップページ | 生活を便利にする為の電気を、危険なもので作り出して、おかげで不便な生活をする人間がいるなんて »

宮本たけし衆議院議員のメルマガたけし Express」の臨時号から紹介です。

昨日の衆議院文部科学委員会の質疑で、4月19日に政府の原子力災害対策本部と文部科学省が発表した「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方」について質問。ここで示された校庭使用制限の基準である「毎時3.8マイクロシーベルト」という値について議論した由

かなり紛糾したようです。

以下がサブタイトルです。

★文部科学省が4月19日に示した「学校の校舎・校庭等の放射線安全基準」
のずさんさが明らかに。今日の文部科学委員会は私の質問中、紛糾・中断!

★「計画的避難区域」の大人に適用される基準が子どもの基準でよいのか!

★「線量限度」とは「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」上限値

★実際には「線量限度」さえ守っていない文部科学省

★中学生は背が高いから、4.1マイクロシーベルトでもOKというずさん

★原子力安全委員会も文部科学省の言い分を否定!

★引き続く国会追及にご注目を!

以下全文です。

※緊急のお知らせですので、通しナンバーや「たけし Express」の体裁を整え

られず、とりあえず衆議院議員会館のパソコンからお送りします。


★文部科学省が4月19日に示した「学校の校舎・校庭等の放射線安全基準」

のずさんさが明らかに。今日の文部科学委員会は私の質問中、紛糾・中断!



 私は本日、衆議院文部科学委員会の質疑で、4月19日に政府の原子力災害

対策本部と文部科学省が発表した「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判

断における暫定的考え方」について質問。ここで示された校庭使用制限の基準

である「毎時3.8マイクロシーベルト」という値について議論しました。



 文部科学省は、この基準を国際放射線防御委員会(ICRP)が2007年

の勧告や本年3月21日の声明で「非常事態が収束した後の一般公衆における

参考レベルの1から20ミリシーベルト/年の範囲で考えることも可能」とし

たことから、「年間積算被ばく線量20ミリシーベルト」と定め、そこから子

どもが一日8時間屋外にいることを前提として「毎時3.8マイクロシーベル

ト」という基準を定めました。

 

 これは「原子力安全委員会」の助言をえて決定したと説明してきました。し

かしICRPの勧告は「1から20」という幅を持っており、しかもこの値は

大人も含む「一般公衆」の年間放射線量です。子どもにその最大値を適応する

ことの是非がまず議論になりました。



★「計画的避難区域」の大人に適用される基準が子どもの基準でよいのか!



 今回文部科学省が定めた「20ミリシーベルト/年」というものは、政府が

4月22日に発表した「計画的避難区域」の基準線量であり、大人でも避難を

呼びかけているような年間被ばく量を子どもに適用して良いのかということが

議論になりました。



 そもそもICRPがいう「線量限度」というものは、「ここまで被ばくして

よい」という値ではありません。「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」

という上限値なのです。



★「線量限度」とは「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」上限値



 かつて線量限度のことを「許容線量」と呼んでいた時期がありましたが、

「許容線量」という用語は「ここまで被ばくしてもよい」という間違った考え

方に陥りやすい響きを持っているので、「これ以上は絶対に被ばくしてはいけ

ない」という上限値であることがわかるように「線量限度」という用語に変更

した経緯があります。



 子どもは一般に放射線感受性が高い、つまり子どもは大人に比べて放射線の

影響を受けやすいというのは、もはや常識であるにもかかわらず、ICRPの

示した参考レベルの上限値、つまり「これ以上は絶対に被ばくしてはいけな

い」という線量限度を基準にしたのは大問題だと指摘しました。



★実際には「線量限度」さえ守っていない文部科学省



 その上で、今回、その「3.8マイクロシーベルト以下」という基準さえ、

まともに守られていないのです。4月19日の時点で、この基準を上回ったの

は、4月14日の放射線調査結果をもとに13学校・園だと発表されました。



 ところがその4月14日時点の調査結果を見ていると極めて不審な点がある

のです。例えばこの調査で「福島市立福島第三小学校」は高さ1m地点で3.

6マイクロシーベルト/時、高さ50cm時点で3.9マイクロシーベルト/

時で「屋外活動の制限」を受けています。



 ところが、その表の一つ上にある「福島市立福島第一中学校」は、1mで

3.7マイクロシーベルト/時、50cmで4.1マイクロシーベルト/時

と、いずれも第三小学校を上回っているにもかかわらず「屋外活動の制限」を

受けていないのです。



★中学生は背が高いから、4.1マイクロシーベルトでもOKというずさん



 なぜかと問えば、小学生と中学生では身長差があるためだというのです。つ

まり中学生は背が高いので1m時点の値で決める、そこが3.8以下なら、高

さ50cmのところで基準を大きく超える4.1マイクロシーベルト/時の放

射線が検出されていてもお構いなしということです。



 「これ以上は絶対に被ばくしてはいけない」という線量限度を基準にしてお

きながら、こんなずさんなやり方は許されません。私の問いに、文科省の基準

に了承を与えたはずの原子力安全委員会でさえ、「そのような話は聞いていな

い」と答弁したものですから委員会は紛糾。



★原子力安全委員会も文部科学省の言い分を否定!



 しかも文科省が空間線量ばかりを問題にして、土壌放射能を無視しているこ

とを取り上げ、たとえば半減期が30年と非常に長いセシウム137でも20

の学校・園で土壌放射能が5000ベクレルを超えていることを示し、これを

なぜ考慮しないのかと迫りました。



 文科大臣の答弁は、「土壌放射能の吸引による体内被曝の影響は軽微」など

というもの。ところが、これも原子力安全委員会は「決して軽微とは考えてい

ない」と答弁し、大臣は答弁不能に陥りました。結果として委員会は、たびた

び中断。



★引き続く国会追及にご注目を!



 こと子どもたちの健康に関して、こんなでたらめは絶対に許されません。引

き続き国会で徹底追及していくつもりです。次回委員会は5月13日の予定。

今後の追及にご注目下さい。



 2011年4月27日    国会にて   衆議院議員 宮本たけし

----
こういう署名もあります。

<最終締切:4月30日(土)23時>  引き続きお願いします。
一人でも多くの署名をお願いいたします!!
★  ネット署名はこちらから
https://spreadsheets.google.com/viewform? hl=en&formkey=dFUyRmU4Wl9tczRVeVdHNE1GZnJrbGc6MQ#gid=0

―――――   ―――――   ―――――
  
緊急声明と要請:子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する



本フォームからの署名が、そろそろパンクしそうなので、新しくフォームを設定しました。もし、つながりづらければこちらからお願いします。 https://spreadsheets1.google.com/spreadsheet/viewform?hl=en&hl=en&formkey=dFViLWlJSXVRSEw0NjNRWE1DQVk3MUE6MQ#gid=0

呼びかけ団体:グリーン・アクション、グリーンピース・ジャパン、原子力資料情報室、福島老朽原発を考える会、美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会、国際環境NGO FoE Japan

<一次締め切り:4月25日(月)23時>
<最終締切:4月30日(土)23時>


こちらの署名もあります。

原子力ポスターコンクール中止要求署名

今朝は以上です。

ーーー

  原子力発電を再生可能エネルギーに転換しよう!!
ーーーーーーーーーーーーーーー
TPPはTREMENDOUS POOR POLICYだ。
日本開国ではなく真実はアメリカの為の日本「壊国」です。
TPPには日本は絶対に参加すべきではありません。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(定数削減問題)
秘書の経費も含めて、1人の国会議員にかかるお金は約7000万円です。80人分削ると56億円。
一方で、政党助成金は320億円ですが、これを削ったら何と450人分の国会議員を削るのと同じくらいになる。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(消費税増税問題)

消費税増税絶対反対!大脇道場キャンペーン第5弾!導入以来、累計で224兆円。 同時期に大企業などの法人三税(法人税、法人住民税、法人事業税)などの減税が累計で208兆円
ーーーーーーーーーーーーーーー

「国民が主人公」トラックバックピープル
にトラックバックを!
ーーーーーーーーーーーーーーー
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


« 4月29日(金)原発学習会 | トップページ | 生活を便利にする為の電気を、危険なもので作り出して、おかげで不便な生活をする人間がいるなんて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/51513116

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生は背が高いから、4.1マイクロシーベルトでもOK?:

» 文科省が子供に許容する3.8マイクロシーベルト毎時を体感する [ペガサス・ブログ版]
「技術的説明その2」を末尾に追記しました.(4/30) 文科省は4月19日に福島県教育委員会に出した通知で,子供の屋外活動での環境線量率の上限を3.8マイクロシーベルト毎時としました.数字だけでは実感しにくいので,この線量率でのガイガーカウンターの鳴り方を実験室で再現してみました.テスト線源にはアメリシウム241のガンマ線源を使いました.強さは37万ベクレル(10マイクロキュリー)です. まずは,カウンタの周りに何も置かずに,自然のバックグラウンドです.かなり退屈です. では次に,文科省が決め... [続きを読む]

« 4月29日(金)原発学習会 | トップページ | 生活を便利にする為の電気を、危険なもので作り出して、おかげで不便な生活をする人間がいるなんて »

カテゴリー