無料ブログはココログ

« 「おは!twitter俳句」(岩魚)(6月4日から6月22日) | トップページ | 義母(6月の歌) »

npj掲載御礼!!

3月11日の東日本大震災は地震と津波対策の重要性と共に、原子力発電所のとてつもない危険性を世界中の誰の目にも疑いの余地なく明らかにした、ドイツのメルケル首相の「フクシマが私の考えを変えた」という発言にみるようにドイツ、イタリアをはじめとした、欧州諸国では原発事故以後脱原発が流れとなっている。
広島、長崎での原子爆弾被爆により放射線の被害を知っており、世界有数の地震国でもある日本はそもそも、原子力発電をエネルギーの中心にする事などはあってはならなかったのだ。

私は他の全ての課題を留保して「脱原発を目指す政府」を作る事を提起する。
過去の全てのしがらみを乗り越えて脱原発の一点で結集しよう。
脱原発の為に必要な事は全てやろう。
共同集会、共同デモ、共同選挙、共同政府…

日本に脱原発を目指す政府を作り、三度被爆を経験した日本は高らかに世界に訴えよう。

世界中に脱原発を目指す政府を!

2011年6月23日 大津留公彦

以上

原子力発電の新設を止め順番に停止しスケジュールを作って再生可能エネルギーに全て転換しよう!!
被災地と全国の休耕田にメガソーラー発電所を作ろう!
30年間40円/kwhで再生可能エネルギーを買い上げよう。
脱原発を目指す政府を作ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーー
評論関係はこの記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

文学関係この記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
日刊電子新聞
評論:デイリー 大津留公彦
文学:デイリー ootsuru
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
-----

« 「おは!twitter俳句」(岩魚)(6月4日から6月22日) | トップページ | 義母(6月の歌) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/52026130

この記事へのトラックバック一覧です: 個人声明 脱原発を目指す政府を!:

» 新宿区ホームレス生活保護裁判の傍聴(報告) [喜八ログ]
新宿区ホームレス生活保護裁判(新宿七夕訴訟)の傍聴に、2011年06月21日(火)、東京地方裁判所まで行ってきました。その報告エントリです。 [続きを読む]

» 小出裕章京大助教の大乗的愛の反原発 [BLOG BLUES]
3.11以来、にわかにその存在が注視される、京大原子炉実験所。 わが国原子力学界の異端、梁山泊。陣取る反骨反原発の学者たち、 人呼んで、熊取六人衆。なにやら白浪五人男の如き響きが、か、かっけー! 六人衆の中でもめざましいのが、小出裕章氏だ。身分は還暦過ぎて助教、 助教授じゃないよ、助手のことだよ。男が筋を通すとは、こうゆうことなのか。 氏の学識と男気に感銘した有志運営による連載ブログ 「小出裕章(京大助教)非公式まとめ」は、全国民必読である。 しかし、やんぬるかなブログである。... [続きを読む]

» 佐賀県庁に戒厳令? [ペガサス・ブログ版]
戒厳令下の佐賀県庁 1ヶ月近くも待った知事の「回答」を求めて知事室に向かった県民に,職員のタテ.現場からの写メールを転載します. 手前の後ろ姿は元県議の太田きよ子さんと思われる. 県庁前テント村村長のツイッター:http://twitter.com/#!/take2ya 16時43分到着 中の人に水を渡すのも拒否?!... [続きを読む]

» 予告映像 [JCJ神奈川支部ブログ]
 6月25日の JCJ神奈川支部集会    現地を取材して 迷走する原発・放射能報道〜ダイオキシン報道から学ぶもの〜    の予告映像を、JCJ広告支部の人が作ってくれました。  jcjCAST on USTREAM... [続きを読む]

« 「おは!twitter俳句」(岩魚)(6月4日から6月22日) | トップページ | 義母(6月の歌) »

カテゴリー