無料ブログはココログ

« たね蒔きジャーナル2011/5/30のお話(避難、内部被爆測定、5,6号機のこと) | トップページ | 小出先生 2011/5/31のお話(海洋汚染、汚染水、バーミクライトのこと) »

消費税増税にも年金の支給開始年齢引き上げにも断固反対する!

2015年までに段階的に消費税を10%にし、年金の支給開始年齢を68−70歳に引き上げるという。

全く正気の沙汰ではない。

都電は当面の廃炉費用を2070億円引き当てたが、実際の廃炉費用は1.5兆円〜10兆円かかるという。
賠償金はそれを遥かに上回るという。
政府はその為に東電に賠償金スキームという補助金を出そうとしている。

多分その為の財源としての消費税増税であり年金支給開始遅らしだろう。

冗談じゃない!

1兆ドルを越す外貨準備や日銀や大企業の内部留保金を使っての復興国債引き受けで復興や原発収集のお金は出る。

自民党と公明党は内閣不信任案を出すという。
原発災害への対応が理由だという。

地震や津波による原発事故の可能性の指摘を無視して来たのは自民党政府ではなかったのか
その反省が無く民主党を批判しても党利党略でしかない。
そもそも自民党は国民からノーを突きつけられた政党ではないのか?

民主党も結局自民党と同じことをやっている。
原発を進めるとサミットで広言もして来た。

この国はどうなっているのか?

原発を止めると宣言しないと他の原発の技術者が福島に支援に行けず福島は被爆線量が許容値以下の人は早晩居なくなる。
このまま推移すると炉の冷却ができなくなり日本のみならず世界に影響を与える大事故が起こる可能性がある。

早く原発ゼロに向けたスケジュールを発表するべきだ。
ドイツのメルケル首相は原発の撤退期限を2022年と設定したことに国民は再生エネルギー開発を急げば2015年までに可能と反発を受けている。

日本は2015年までに段階的に消費税を10%にし、年金の支給開始年齢を68−70歳に引き上げるという。

全く正気の沙汰ではない。

消費税上げは経済を駄目にする汽笛のような物だ。
橋本内閣で実証されている。

冗談じゃない!

消費税増税にも年金の支給開始年齢引き上げにも断固反対する!

参考

2011/05/31 マジキチニュース
年金の支給開始年齢を68から70歳に引き上げ、消費税も

昨日のテレビの"鶴瓶の家族に乾杯"で鶴瓶とさだまさしが石巻の以前訪ねた所を訪ねていた。
さだまさしは前の夜の番組の終了後寝ないで急遽駆けつけたという。
見ていて少しうるうるした。
NHKの小野アナウンサーも番組終了時には目を真っ赤にしていた。

こういう番組を見ると私はそれでも日本を信じたいと思う。

本人の映像と歌がないのでこれを掲げます。
テレビではいつもは全部聞けませんがいい歌です。
"Birthday" from "鶴瓶の家族に乾杯" played by ocha

以上です
ーーーーーーーーーーーーーー

原子力発電の新設を止め危険箇所は停止しスケジュールを作って再生可能エネルギーに全て転換しよう!!
被災地と全国の休耕田にメガソーラー発電所を作ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーー
評論関係はこの記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

文学関係この記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
日刊電子新聞
評論:デイリー 大津留公彦
文学:デイリー ootsuru
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« たね蒔きジャーナル2011/5/30のお話(避難、内部被爆測定、5,6号機のこと) | トップページ | 小出先生 2011/5/31のお話(海洋汚染、汚染水、バーミクライトのこと) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/51822085

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税増税にも年金の支給開始年齢引き上げにも断固反対する!:

» 小沢新党結成も止むを得ない選択かも・管内閣は「国民の生活」破壊の政策推進 [国民の生活が第一は人づくりにあり]
 ここ数日「内閣不信任案提出」と管内閣の運命についての解説がマスコミの話題をさらっているが、マスコミ迎合政治の管首相は現体制の存続に全力を挙げているようだ。そして言葉では兎も角・中身は震災復興も「国民の生活」もそっちのけで、反省0で自己保身に汲々している。その証拠は、本日6月1日(水)の日経新聞一面の見出し:「不信任案、あす採決の公算・首相・鳩山氏、会談は平行線」の記事の中で、「‐‐‐‐‐ 首相と鳩山氏の会談時間は2時間10分を超えた。‐‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐民主党執行部は不信任案否決の...... [続きを読む]

« たね蒔きジャーナル2011/5/30のお話(避難、内部被爆測定、5,6号機のこと) | トップページ | 小出先生 2011/5/31のお話(海洋汚染、汚染水、バーミクライトのこと) »

カテゴリー