« 不破哲三氏の古典講義(空想から科学へ) | トップページ | やらせメールついに認めたけど8日もやるの? »

2011年7月 6日 (水)

粗にして野にして卑である松本龍

最近の政治家のむかつく発言としては最大級だった。

松本龍元復興大臣の一連の発言だ。

九州人全員とB型人間全員を道ずれにしようとする言い逃れも見苦しい


私は彼と同じ歳で九州の出身だ。
(私はB型ではないが妻はB型で九州出身だ)

大学の同級生が高校が同窓で応援しているとも聞いていた。
元の会社の九州支社に居る時に会社で無理矢理パーティ券を買わされた。
従ってあまりいい印象は持っていなかったし興味も無かった。

「書いたら、その社は終わりだから」との「脅し」に屈しなかった東北放送が勇気を持って流さなかったらこの事件は表沙汰にならなかったわけだ。
大マスコミ元大臣の脅しに屈した大マスコミはその日に書かなかった事を恥じてから批判記事を書くべきだろう。
日頃から多くの政治家がこういう脅しをしておりマスコミはそれに従っているのだ。

日本の大きな悪弊の一つだろう。


「書いたら、その社は終わりだから」 松本復興相「脅し」に屈しなかった地元テレビ
2011/7/ 4 20:00

しかし彼の発言はどうしてここまで高飛車なのか

twitterで彼が部落解放同盟だとつぶやきがあったので
ウイキペディアをみて想像がついた。
それは部落解放同盟だ。


生い立ち
福岡県福岡市出身。部落解放の父と呼ばれた松本治一郎[2]の養孫(血筋の上からは治一郎の大甥にあたる)であり、自身も部落解放同盟副委員長を務めた。実家は養祖父の代からの福岡の中堅ゼネコンの松本組で、弟が社長である[2]。自身も顧問を務める。
福岡市立馬出小学校から福岡市立福岡中学校、福岡県立福岡高等学校を経て中央大学法学部政治学科卒業。1980年、父松本英一(参議院議員)の秘書となる。

政界にて
1990年の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬して初当選し、以後7回連続当選(現在は福岡県第1区)。1996年、社民党を離党して旧民主党結党に参加。部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。日韓議員連盟常任幹事。国鉄労働組合のJR採用差別闘争に連帯している[3]。

松本龍は保有資産7億6073万円、菅内閣の閣僚の中でも突出してトップだ。

「部落解放同盟 松本龍」で検索したらこの記事がトップだった。

共産党・小池前参院議員「松本大臣発言は部落解放同盟の地金」
2011/7/ 5 15:45


辞任を表明した松本龍復興担当相の発言をめぐり、共産党の小池晃・前参院議員は2011年7月4日、ツイッターで松本氏の出自について言及しながら批判を展開した。
小池氏は、松本氏の発言を
「内容も口調も人間として最低。大臣はもちろん国会議員の資格なし」
と批判した上で、
「『書いたら終わりだぞ』というマスコミ恫喝は、部落解放同盟の地金が出たものでしょう」
と続けた。松本氏が部落解放同盟の副委員長を務めていることを引き合いに出したものだ。
さらに小池氏は、
「いわれのない差別がまかり通ってきた旧同和地区でも長年の住民の努力で同和問題は基本的に解消。不公正で乱脈な同和対策を続けること自体が新たな偏見を生みます。部落解放同盟による無法な利権あさりを許さず同和行政の完全終結を!。『解同』に対する批判を『差別』だというのは完全なスジ違いです」
と、解放同盟への批判を展開した。解放同盟と共産党は、1960年代後半から対立関係にある。
いわれのない差別がまかり通ってきた旧同和地区でも長年の住民の努力で同和問題は基本的に解消。不公正で乱脈な同和対策を続けること自体が新たな偏見を生みます。部落解放同盟による無法な利権あさりを許さず同和行政の完全終結を!。「解同」に対する批判を「差別」だというのは完全なスジ違いです。

NHK,ニュース7では、松本大臣の横柄な物言いは流すも、「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」は報じず。これが一番問題発言なのにね。やはりNHK中途半端に冷静なんだか、公正・公平のつもりなんだか?

こういう事を共産党の発言としてしか書けないマスコミも情けないが書かないよりいいだろう。

部落解放同盟の事を書くのはタブーの一つだから

(小池氏のこのつぶやきは今日早速ウイキに掲載されている)

 松本龍前震災復興担当相が5日に開いた辞任会見でこう言った。

「粗にして野だが卑ではない松本龍、一兵卒として(東日本大震災の)復興に努力していきたいと思っている」

実はこういう方が正しい日本の言葉の使い方だろう。

粗にして野にして卑である松本龍、菅首相を道ずれに引退して欲しいと思っている。

以下関連つぶやきです。

RT @kimuramoriyo: http://ow.ly/5wLYM 100mSv以下の被ばくにおける、がん発生は、不明な部分もある。しかし、低線量放射線による健康被害は放射線疫学上、大きな流れを形成している。それを無視して「何もわかっていない。安全だ」を繰り返すのは、やはり、違和感がある。

posted at 07:12:28

RT @kimuratomo: 『福島第一周辺の子1000人調査 甲状腺微量被ばく45%』精密検査を行う基準が、緊急時の年間被ばく限度100mSv(一歳児の甲状腺被ばく年換算毎時0.2マイクロシーベルト超)とは驚かずにいられない。今後のフォローは責任持ってなされるのか。 http://bit.ly/knBZW2

posted at 07:13:12

RT @maekitam: 【まだ余り知られてない】電力会社「総括原価方式(そうかつげんかほうしき)」は広告費も銀行融資も含め、全費用に「3%」上乗せしたものを電気料金として請求していいという電気事業法。自由資本主義から逸脱したトンデモ制度。わざと高く仕入れる→3%掛→利益増。日本経済は穴あきだ

posted at 07:13:27

RT @yamamototaro0: カタログハウスのCMに出る事になったよ!今日放送の「徹子の部屋」「報道ステーション」内でOA ♬ まだ僕も観ていないのでリアルタイムでチェックします。有難う、カタログハウスm(_ _)m

posted at 07:13:46

RT @koike_akira: 昨夜のタックルでは「白メガネ」の学者さんのトンデモぶりが浮き彫りになったのでは。「メルトダウンかどうかわからない」とか「100mSv以下の危険性は不明」とか「低い放射線量は体にいい」とか。これが「専門家」ですから絶句です。大竹さんは「なんか似てるんだよね~」と嫌がってましたけど。

posted at 07:15:14

RT @koike_akira: いわれのない差別がまかり通ってきた旧同和地区でも長年の住民の努力で同和問題は基本的に解消。不公正で乱脈な同和対策を続けること自体が新たな偏見を生みます。部落解放同盟による無法な利権あさりを許さず同和行政の完全終結を!。「解同」に対する批判を「差別」だというのは完全なスジ違いです。

posted at 07:15:30

RT @SeiichiMizuno: NHK,ニュース7では、松本大臣の横柄な物言いは流すも、「今のはオフレコ。書いたらその社は終わり」は報じず。これが一番問題発言なのにね。やはりNHK中途半端に冷静なんだか、公正・公平のつもりなんだか?

posted at 07:15:43

RT @TAMURATAKAAKI: 「原発に頼らない安心できる社会へ!」をかかげる城南信用金庫。省エネ、太陽光パネル応援・・・昨夜の報ステや今朝の朝ズバでも紹介された。吉原毅理事長「企業としてはっきり発言し、地道に行動に移して、社会をよりよくする」。拍手! こういうところに預金したいものだ。金はないが・・・

posted at 07:25:52

以上です。

原子力発電の新設を止め順番に停止し5−10年で再生可能エネルギーに全て転換しよう!!
被災地と全国の休耕田にメガソーラー発電所を作ろう!
30年間40円/kwhで再生可能エネルギーを買い上げよう。
脱原発を目指す政府を作ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーー
評論関係はこの記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

文学関係この記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
日刊電子新聞
評論:デイリー 大津留公彦
文学:デイリー ootsuru
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
-----


« 不破哲三氏の古典講義(空想から科学へ) | トップページ | やらせメールついに認めたけど8日もやるの? »

「日本共産党」カテゴリの記事

「東日本大地震」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

青い鳥さん

コメントありがとうございました。

笠井亮さんは今日一日ニュースで流れてたようですね。

私は松本龍も同い年で知人が友人ですが、笠井亮さんも同い年で知人が友人です。

先のコメントについて、訂正します。

【誤】『八尾高校』


【正】『兵庫県立八鹿高校』


1974年に起きた「八鹿高校事件」の事を指しました。 訂正のうえ、お詫び申し上げます。

松本 龍は『解同』だったのですネ… 以前、大阪府の日本共産党の府議会議員が議員控室にて『解同』に暴行を受け負傷するという事件がありました。 更に遡り、関西の『八尾高校』に於いて『解同』が同校の教職員に対し体育館内で殴る蹴るの暴行をし瀕死の重傷を負わせたという事件などの許せない事がありました。 当時大マスコミは殆ど報道しませんでしたし、当時の政府与党も見て見ぬ振りを決めこみました。
昨日も日本共産党の笠井亮衆議院議員が予算委員会で玄海原発再稼働の不当性や原発推進派による原発擁護の世論操作を厳しく追及していましたが、やはりどの政党がタブーに敢然と立ち向かう勇気ある政党かが良くわかります。
脱原発を現実のものとする為には、原発利権に巣くう輩のあらゆる卑劣な妨害が予想されますが、命(特に子や孫たちの命)にはかえられません。 勇気を持って立ち上がりましょう。
(文責;青い鳥)

【一句】

青嵐の
みちのくの民
晴れ近し

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/52139856

この記事へのトラックバック一覧です: 粗にして野にして卑である松本龍:

» 朝日新聞声欄に「3代世襲の『解放の議席』疑問」 [酒井徹の日々改善]
朝日新聞名古屋版7月10日の「声」欄に、 「3代世襲の『解放の議席』疑問」と題する 筆者の投書が掲載されました。 投書はまず、 被災地知事への放言問題などで 松本龍復興担当相が任命後わずか9日で 辞任に追い込まれたことを指摘。 「部落解放の父」とうたわれる祖父の松本治一郎氏以来、 国会で3代にわたる彼の議席が 「解放の議席」と呼ばれていることを紹介しています。 その上で、 政治家の親族を持つ者が 結果として政治家となることが 絶対に悪いとまでは言わないが、 松本氏... [続きを読む]

» 「軽度の躁」では説明できぬ「九州B型」発言 [酒井徹の日々改善]
――解放運動の理念との整合性はどこに―― 放言問題で辞任した松本龍前復興担当相が、 入院先の九州大学病院で、 「軽度の躁(そう)状態」と診断されたようである。 確かに、 被災地知事に対する居丈高な物言いや態度は 尋常なものとは思えない。 震災対応への重圧の中で こうした症状を引き起こしてしまったのだと 考える方が自然であろう。 ただ、 今回の松本龍氏の発言の中には、 単に「躁状態」では説明の付かないものが 含まれていることに注意したい。 態度が大きかったり... [続きを読む]

« 不破哲三氏の古典講義(空想から科学へ) | トップページ | やらせメールついに認めたけど8日もやるの? »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ