無料ブログはココログ

« 1本のやらせメール原発全て止め | トップページ | 親父の49日の法要の為に大分に帰りました。 »

Photo

「今日も森にいます。東京チェンソーズ」を読んだ

東京都の創立五周年の平均年齢30歳の若者木こり集団のルポです。

義理の息子に本を借りた。

彼の前の会社の同僚が登場する

 日本中の林業が今危機にある

由布市で聞いた話では木を一本売っても大根一本分にしかならないという。
由布市では山はタダでくれるという。

復興住宅に日本の木を使おう

日本全国の図書館に入れましょう。

森が健全でないと、人類は生きていけません

林業で雇用を作り日本の自然を守ろう

こういう若者が出て来るのも必然だったのかも知れない

自然の摂理は人間を動かす

今年は国連の定める「国際森林年」です。

もっと林業を!


以下徳間初書店の売り文句です。


徳間書店は2011年4月26日、「若者だけの林業会社、奮闘ドキュメント 今日も森にいます。東京チェンソーズ 青木亮輔+徳間書店取材班 」を刊行いたしました。 四六版ソフト(カラー8p/モノクロ224p)定価1470円(税込み)
 これは、東京都の山岳地帯で起業した若者だけの林業事業体「東京チェンソーズ」と、同社の代表である青木亮輔氏を取材した1冊です。この不透明な時代、多くの人が、「働く」ということ、「暮らす」ということをもう一回考え直す必要があるのでは……と漠然と考えていると思います。彼らはなぜ、断絶しつつあり、将来が保証されていない業界(林業)に飛び込んだのか? そして、都会と比べて、著しく不便な山里(檜原村)に暮らすバイタリティとは? 代表の青木亮輔氏の原点回帰の理由を追いかけつつ、森で働く東京チェンソーズの若者達の志に迫っていきます。『神去なあなあ日常』著者、三浦しをんさんと東京チェンソーズ代表•青木亮輔のスペシャル対談も収録。

木こりをやるかな?


以上です。

原子力発電の新設を止め順番に停止し5−10年で再生可能エネルギーに全て転換しよう!!
被災地と全国の休耕田にメガソーラー発電所を作ろう!
30年間40円/kwhで再生可能エネルギーを買い上げよう。
脱原発を目指す政府を作ろう!
ーーーーーーーーーーーーーーー
評論関係はこの記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

文学関係この記事を使ってこちらでtwitter記事を書こう!

ーーーーーーーーーーーーーーー
日刊電子新聞
評論:デイリー 大津留公彦
文学:デイリー ootsuru
twitter
評論:http://twitter.com/kimihikoootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/kimihikoootsuru
文学:http://twitter.com/ootsuru
保存場所twilog http://twilog.org/ootsuru
ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
-----


以下見出しです。


内容
第1章 今日は青梅の神社の杜にいます 
ミッションは神社の杜をいっそう憩える場所にすること
知らないことばかりの東京の山事情
伐採の現場

第2章 林業マン 青木亮輔の出来るまで 
林業へ門戸は閉じていた
地下足袋を履く仕事をしたい!
期間半年、正規採用の可能性ゼロからのスタート
青木は森林組合に徹底的にアピールした
〝緊急雇用〟に若い志が集まった
緑の雇用〝1期生〟になる
見えてきた林業へのヴィジョン

第3章 青木亮輔の80%は探検部で出来ています 
目指すは植村直己のような……
農大入学! 専攻は〝探検部〟?
青木は北村昌之氏と出会った
『メコン川源流航行踏査 扎曲・扎阿曲編 1999年』
探検家 北村昌之が語る「青木亮輔」
お前はこれからどうする?
第4章 東京チェンソーズ誕生物語 
青木亮輔、現場から事務方へ転身する
若者たちは森林組合に待遇改善を求める
ならば、独立事業体をつくろう
まずは名前を考えた
ブログで「東京チェンソーズ」を発信する
静かに問題が勃発
東京都の「林業認定事業体」になる
ツリークライミングを通じて木のよさを発信する
取材を受けたら、求人の問い合わせが殺到する

第5章 東京の秘境 檜原村で暮らす 
檜原村という存在そのものに、青木は魅了されている
夜行性動物の観察と早朝野鳥観察
木工教室
秋川でキャンプ
山里に脈々と受け継がれる伝統芸能
新卒の新人、田丸光起の檜原ライフ
自炊と自給自足を楽しむ
林学と探検部のDNAを継ぐもの
パートナーは庭師

第6章 新生 東京チェンソーズの探検が始まった 
山の神
檜原村での森の仕事あれこれ
山主さんからみた「東京チェンソーズ」のお仕事ぶりは?
今日は裏宿神社の杜で植樹祭です


スペシャル対談 三浦しをん×青木亮輔 

FM横浜の紹介番組

« 1本のやらせメール原発全て止め | トップページ | 親父の49日の法要の為に大分に帰りました。 »

コメント

長野県のたまちゃん

コメント有難うございました。
檜原村に問い合わせすれば何かわかるかもしれません。

メガソーラーより休耕田で藻を!っていう投稿をみました。coldsweats01オーランチオキトリウムっていう藻ですね。筑波大学教授が研究していますね。精製プラントにお金かかるんじゃありませんか?まあ…それはさておき…confident私は42才で、現在就職活動していますけど、檜原村で原木キノコ栽培の求人はありますか?

林業求人情報をメールしてくださいませcoldsweats01

みやとんさん
コメント有難うございました。

太陽光発電は環境に負荷を与えない再生可能エネルギーです。
水を汚す事もありません。
人類は原発と共存で出来ない事が分かった以上、環境負荷の少ない再生可能エネルギーをドイツのように飛躍的に増やす必要があります。

この方向でない全ての政治家を拒否しましょう。

休耕田にメガソーラーなんて作ったら、環境、特に、水の循環系の環境にどんなにヒドイ悪影響を及ぼすかしれたもんじゃないでしょう。

休耕田につくるなら、藻でしょうね。

もっとも民主党は日本を悪くするために命をかけてるみたいですから、メガソーラーみたいな環境破壊をするかも、ですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/52155979

この記事へのトラックバック一覧です: もっと林業を!「今日も森にいます。東京チェンソーズ」を読んだ:

« 1本のやらせメール原発全て止め | トップページ | 親父の49日の法要の為に大分に帰りました。 »

カテゴリー