トラックバックピープル(一般)

カテゴリー

« 制服向上委員会がフジロックフェスティバルへの出場を拒否された | トップページ | 放射能汚染は、われわれが生きている限り、逃れようがない(小出先生の話) »

頑張れ!藤波心「反原発のジャンヌ・ダルク」

昨日の制服向上委員会の記事には4桁のアクセスがあった。

制服向上委員会がフジロックフェスティバルへの出場を拒否された

holenailthawさんからはこんなコメントも頂いた。

以下は個人的推測 フジロックでは「NGO VILLAGE TALK」という小さなトーク・イヴェントが朝一に行われる 出演者は発表されていないのでコレに出るはずだったのではないかと 30日(土)のテーマは【エネルギーシフト!電気は自分で選びたい!】だし ところがSKi側が「歌いたい」と言い出す→フジ「トークだけだからダメ」→SKi「歌えないんなら降りる」という経緯があったんじゃないか スポンサーの圧力云々は知らんがテレビ局以外に原発関係会社はないと思う そもそも冠つけるような大金出す「スポンサー」はフジロックにいないし あくまで個人的推測なので真に受けないように

意外とここら辺が真実ではないかと真に受けた。

やはり音楽のインパクトは大きいと思う。

芸術は今震災や原発を無視は出来ないはずだ。
音楽、文学、美術、、
いまこそ声を上げよう
それが原子力村と軋轢を生むものであっても堂々と声を上げよう

今私たちの短歌グル−プでは「反原発歌集」の電子出版の準備をしている。

今日はこの娘を紹介しよう。


Photo

藤波心公式ブログ『ここっぴーの★へそっぴー』
なんと14歳の「若者」だが書いている内容はとても14歳とは思えない内容だ。

頑張れ!藤波心

以下7月15日の記事の一部の紹介です。

よく、「脱原発を言うなら、電気つかうな!」


と極端なことを言って、誇らしげにドヤ顔で

たたずんでいる人が居ますが、

私は、脱電気!と言っているのでもなく、

反文明!と言っているのでもありません。


一度、事故ったら、取り返しのつかない大変な環境破壊と、

莫大な損害賠償で国の財政を圧迫する、

こんなギャンブルみたいな発電法は、

人々の健康を害し、日本の経済を破綻させるから

やめたほうがいいと言っているだけです


ところで、今の日本、色々問題は山積みだと思うのですが、


私が今一番、最速で取り組んでほしい、そして危機感を持っているのが、

汚染された 
魚・海藻・野菜・肉・乳製品など食べ物の、問題です。


被災地をはじめ関東地方では

学校給食に被災地の食材を使わないでほしいという

親御さんが多数いらっしやって、

家庭で作った弁当を学校に持参させたりしている人も多いと聞きました。


こういう親御さんの事を、神経質すぎるといったり、

モンスターペアレントだと言ったりしている

風潮もあるみたいですが、はたして本当にそうでしょうか??

昨日今日と、福島で屋外に置いていた牧草を食べた肉牛から

高い放射性物質が検出され、

スーパーや焼き肉店などに出荷されてしまっていて

回収しているというニュースがありました。


そして、一部はすでに消費されてしまったとか。

でも、そのニュースの中で、

「基準値の○○倍だが、万が一食べても、健康に影響はないとのことです」

と、いつものセリフ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


あ゛あ゛~ 、 また言ってるって感じでした。

これらは、本当に「風評被害」なんでしょうか??

もう、いい加減に、「風評被害」って表現するの

やめにしませんか???


以下
アメーバニュース
「反原発のジャンヌ・ダルク」として注目の14歳・藤波心

からです。


「反原発のジャンヌ・ダルク」として注目の14歳・藤波心
山本太郎に続いて西田敏行、菅原文太など芸能界の大御所が続々と反原発の立場を表明している昨今、にわかに注目を集めている少女がいる。彼女の名前は藤波心(14歳)。おそらく最年少の反原発タレントと呼んでいいだろう。藤波は原発事故後の3月23日にアップし「批難覚悟で…」と題したブログのエントリーで14歳とは思えない大人びた持論を展開。

ソフトバンク社長の孫正義氏が「官房長官やら東大出の御用学者なんかより、14歳のアイドルのほうが的確な意見を述べている」と絶賛したことから一躍、反原発のジャンヌ・ダルクとよばれるようになった。さらに新宿アルタ前で開催された「6.11脱原発100万人アクション」に登場した際には、
「日本は美しい国で す。大好きな国です。それなのに、美しい国土が汚染されてしまっています……」
と語りかけ、2万人の観衆を前に童謡「ふるさと」を熱唱した。

藤波は現在兵庫県に住み、週末だけアイドルとして活動している。今年1月に発売された写真集「オトメゴ コロ—藤波心1st.写真集」はTBS ランク王国の「アイドル写真集ランキング」でもとりあげられ、5月には孫正義、池田香代子、ラ サール石井などが絶賛するフォトエッセイ集「間違ってますか? 私だけですか? 14才のココロ」(徳間書店)を出版。ニコニコ生放送やTBSのラジオ番組に出演した際には、ジャーナリストの上杉隆氏や岩上安身氏とも対談し、その時の模様もブログにアップしている。

その際立った存在感ゆえか、ツイッター上ではあからさまな拒否反応やアンチなコメントも多く見られるが、それらの反対意見にあえて直球で返す様子がまた注目を集めている。

ーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
-----


|

« 制服向上委員会がフジロックフェスティバルへの出場を拒否された | トップページ | 放射能汚染は、われわれが生きている限り、逃れようがない(小出先生の話) »

コメント

須賀さん

初コメント有り難うございます。
実にありがちなコメントだと思います。

>この国には世界初、世界で唯一原爆を2回も落とされた国です
そんなこともあり、核の恐怖を充分に熟知しているはずのこの国でまた原発が建てられました
そんな国に原発の危険性を訴えたところで何になるのでしょうか?

何だか文章のつながりがおかしいですね。

「この国でまた原発が建てられました」
に繋がるのは
「決してあってはならなかった事が今回のことではっきりしました。
原発を許して来た私たちは深く反省しなければなりません。」等でしょう。

>原発がなくなれば今まで働いていた従業員は一斉に職を失うことになる…

メガソーラー発電所を作れば無人で動かす原発とは違いその性格から多くの雇用を生む事になります。
東北や全国の休耕田に太陽光等の再生可能エネルギー製造装置を設置すべきでしょう。
震災で職を無くした人の職がすぐ出来ます。
全量買い取り法案が成立すればその為の費用は自治体や政府への新たな負担はありません。
電気代8千円が最大500円くらい上がる程度です。
国民はそれで危険な原発を無くせるなら甘受するでしょう。

>さらに今現在ある核燃料を何処に棄てる気ですか?
原発を止めるということは核燃料を何処かに押し付けることになる

何かこれも変ですね。
原発を止めるということは新たな核燃料を必要としない事です。
原発の再開でこれ以上の核廃棄物を作り続ける事こそ地球の消滅もあり得る子孫への負担を増やして行く事になるのではないですか?
最終処分の技術開発のみに注力すれば処分の方向性は出て来ると思います。

>電気も危ないわなぁ

これは東電のデマです。
東電は電気が余っているので東北電力へ余剰電力をまわす体制を取っています。
この電力不足キャンペーンは私に言わせれば国家的詐欺みたいなものです。

>クリーンエネルギーに転換すればいいとも言ってた気もするけど馬鹿だろ…
んなもん出来るんだったらとっくにしてるよ…
この赤字国家で技術開発なんて進むわけないだろ…
ろくに研究所に援助もしてないんだから


「ろくに研究所に援助もしてない」事が問題なのです。
殆どのエネルギー予算を原発に使って来た事が問題なのです。
独占企業である東電がトヨタと同じような広告費用を使うという事の異常さを思いましょう。

太陽光はアメリカでは既に原発よりも安くなっています。
世界一だった日本の太陽光はドイツに遥かに引き離されています。
政府の政策によってなされた事は国民の動かす政府の政策で是正され無ければなりません。

おやすみなさい。

投稿: 大津留公彦 | 2011年8月21日 (日) 01時39分

私は脱原発に反対する者です
もちろん脱原発のジャンヌ・ダルクなんて言われて持ち上げられてる藤波心も正直どうかと思います…
私が言いたいのは
脱原発って言うぐらいなら電気使うな
とかいうことではありません

不可能な理想を掲げ、正義を語る人間が目障りなのです
この国には世界初、世界で唯一原爆を2回も落とされた国です
そんなこともあり、核の恐怖を充分に熟知しているはずのこの国でまた原発が建てられました
そんな国に原発の危険性を訴えたところで何になるのでしょうか?
さらに藤波心は原発についての知識不足以前に考えが浅はか過ぎる…
原発を今すぐにでも止めてほしい
なんてほざいていたけど原発がなくなれば今まで働いていた従業員は一斉に職を失うことになる…
さらに今現在ある核燃料を何処に棄てる気ですか?
原発を止めるということは核燃料を何処かに押し付けることになることすらわかってないよ…
まぁそれに次いで電気も危ないわなぁ…
クリーンエネルギーに転換すればいいとも言ってた気もするけど馬鹿だろ…
んなもん出来るんだったらとっくにしてるよ…
この赤字国家で技術開発なんて進むわけないだろ…
ろくに研究所に援助もしてないんだから…

…てなわけで私は藤波心を持ち上げてる人間の意見を聞いてみたいですノシ

投稿: 須賀 | 2011年8月20日 (土) 22時36分

たけむらさん

御無沙汰です。

九大跡地問題 このブログでも紹介させて頂きたいと思います。是非情報をお寄せ下さい。
週末は大阪と豊田と車で走ります。

投稿: 大津留公彦 | 2011年7月22日 (金) 06時46分

いつも、最新情報、多方面にわたる豊富な話題に感謝です。藤波さん 注目してみます。
九大跡地も、瀬戸際であちこち動いて回っています。話題は山のようにあるのですが、ブログ記事を掲載できなくて、皆さんに申し訳ないです。

投稿: たけむら | 2011年7月22日 (金) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!藤波心「反原発のジャンヌ・ダルク」:

« 制服向上委員会がフジロックフェスティバルへの出場を拒否された | トップページ | 放射能汚染は、われわれが生きている限り、逃れようがない(小出先生の話) »