無料ブログはココログ

« 2011九条を考える歌人のつどいに参加しました | トップページ | 核廃棄物の全国的な拡散反対 »

原発無くても来年夏はやって行ける

 東京電力が来年の夏に向け、保有する全ての原発が東日本大震災の影響や定期検査で停止しても、問題ないことを報告書に纏めているという。

計画停電とは何?

「原子力は重要な基幹電源」とは何?

原発は必要なのか?

揚水式発電とは原発とセットのものだったはずなのに当初の計算に入ってなかったのは何故。

火力発電ではCO2が増えると言うのは原発の惨事の前には成り立たない議論だ。

参考
東京新聞ニュース

【経済】
東電が“原発抜きの夏”を試算 今年上回る供給力2011年11月22日 17時38分

 東京電力が来年の夏に向け、保有する全ての原発が東日本大震災の影響や定期検査で停止しても、火力発電や揚水式発電の増強により、今夏の最大供給力を上回る約5700万キロワットを確保できるとの試算をまとめたことが22日、東電関係者への取材で分かった。

 東電は福島第1原発事故後も「原子力は重要な基幹電源」との立場を変えていないが、実際には原発がなくても計画停電などの影響が出ない可能性が高い。原発を中心とした供給計画を立てているほかの電力会社にも影響を与えそうだ。

 国内の商業用原子炉54基のうち、東電は電力会社トップの17基を保有している。

(共同)

ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2011九条を考える歌人のつどいに参加しました | トップページ | 核廃棄物の全国的な拡散反対 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53322275

この記事へのトラックバック一覧です: 原発無くても来年夏はやって行ける:

« 2011九条を考える歌人のつどいに参加しました | トップページ | 核廃棄物の全国的な拡散反対 »

カテゴリー