無料ブログはココログ

« 「共産党の歴史的英断」となるか? | トップページ | 高遠本の町プロジェクト »

「おは!twitter俳句」(秋惜しむ)

「おは!twitter俳句」(秋惜しむ)(10月27日から11月07日)です。

次の順番です。

@twryossy さんのtwitter季語案内:  おは!

私の俳句:   @twryossy

句作に関する私のコメント :★

です。

(一部twitterでのつぶやきと変わっている場合があります)

このブログのトップに掲げ続けてきたハイクブログが10月末で閉鎖になりました。
それしか見てないという人も居られました。
ソコにしかテデータを置いてないものもありkivedooorにデータの問い合わせをしてますが難しいかもしれません。
まことに残念です。

では今回のハイクです。

2011年11月07日(月)

おは! RT @ka_ru_: RT @twryossy: 【今日の季語679】秋惜しむ(あきおしむ):「惜しむ」は春夏秋冬それぞれについて用い、季節の移ろいを惜しむ思いを籠めた季語を形成するが、秋はとりわけその思いが深い。
◆身を出でて離れざる影秋惜しむ(深谷雄大)


@twryossy 秋惜しむ欠礼葉書を仕上げつつ 公彦


★実夫と義母の喪中につき新年の挨拶を遠慮させていただきます。


2011年11月06日(日)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語672】酸橘(すだち):ユズに近い柑橘類。「木酢(きず)」の別名が示すように強い酸味があり、独特の風味を持つ。徳島県の特産品として江戸期から栽培されている。
◆庖丁のまへに玉置く酸橘かな(百合山羽公)

@twryossy スダチと書く酢橘の写真みられけり公彦

★柳生 真吾さんにfacebookで「 これならカボスと間違えない!」と的確なコメントを頂きました。

ちなみにこんな写真です。


Sudachi


2011年11月05日(土)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語677】雪迎(ゆきむかえ):子蜘蛛が糸を放ち上昇気流に乗ってきらめきながら空を漂い新天地を目指す。雪国ではその後に降雪を迎えるところからこの名が出た。
◆十方に音なかりけり雪迎へ(小林輝子)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語677:別記】「雪迎」の傍題には空を飛ぶ蜘蛛の糸のみをいう「遊糸」があるが、三春の季語「陽炎(かげろう)」の傍題にも同じ語があるので混同されやすい。


@twryossy 雪迎命はかくして繋がれり 公彦


★新しい言葉を知った。
言葉の足跡 : 『雪迎え』 http://t.co/dwd6uTdn
2011年11月04日(金)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語676】秋寂び(あきさび):「秋寂ぶ」の動詞形でも。冬が近付き目に触れるものが枯れ始める荒涼とした情景のみならずそれを眺めるわびしい気分をも内包する季語。
◆秋さぶや脇侍欠いたる黒仏(上田五千石)

@twryossy 秋寂びや孫と遊べる五十尽 公彦

★「五十尽」というのは59歳の私の造語です。

2011年11月03日(木)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語675】文化の日(ぶんかのひ):かつて明治天皇の誕生日であったこの日を、昭和21年発布の新憲法に謳う戦争放棄・平和と文化の増進を旨として祝日に制定した。
◆子の指に生(あ)るる折鶴文化の日(藤井 明子)

@twryossy 烏鳴き犬駆けて来る文化の日 公彦

★朝は家の窓からカラスの泣き声に起こされ部屋のドアを押して入ってくる犬に起こされる。
休みの日も会社に行かなくていいのかというように。

2011年11月02日(水)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語674】干柿(ほしがき):「吊し柿」「甘干(あまぼし)」などのほか「柿干す」「柿吊す」の動詞形の傍題も。軒先に暖簾のように吊された情景は秋を彩る風物の一つ。
◆吊し柿空見る窓は残し置く(笠井清女)

@twryossy 吊るし柿珠玉の如く輝きて 公彦

★綺麗な吊るし柿は珠玉のごとく美しい

2011年11月01日(火)

おは! RT @twryossy: 【今日の季語673】初猟(はつりょう):「猟解禁」の傍題も。現行規則の解禁日は11月15日だが戦前はひと月早かったので晩秋の季語とされた。同音の「初漁」は新年の季語。
◆野の風や初猟の犬すでに逸(はや)る(富田直治)

@twryossy 初猟の如く唸りて頭を下げて 公彦

★うちの犬です。猟はしたことはありません。
父犬はオーストラリアチャンピオンのジャックラッセルテリアなのですが…


江戸川沿いを歩きました。写真と俳句です(改) http://t.co/nSezEgKJ

2011年10月31日(月)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語672】肌寒(はださむ):秋が深まり肌にふと寒さを感じる時季に用いる。同季の「そぞろ寒」「うそ寒」が心理的なものを含むのに対してこちらは皮膚に感じる寒さ。
◆肌寒や雲をぬぎゆく朝の恵那(巽恵津子)

@twryossy 肌寒や猫は愛撫を所望せり 公彦

★うちの猫は最近はメシ! ソト!以外にナデナデ!という要求もするようになった。
人恋しいのか?

2011年10月30日(日)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語671】胡桃(くるみ):「胡桃割る」などの傍題も。日本に自生したのは「鬼胡桃」のみ。皮が薄く割りやすい「姫胡桃」「樫胡桃」などはすべて渡来種かその変種。
◆真二つに割れて胡桃の部屋正し(山口波津女)

@twryossy 胡桃には胡桃の思い揺るぎなし 公彦

★くるみにも思いはある。胡桃の揺るぎない思いが。


2011年10月29日(土)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語670】末枯(うらがれ):「末枯る」の動詞形も。晩秋に草木の葉が先から次第に枯れてくること。「うら」は「もと(元)」に対する古語で《先端》の意を表す。
◆末枯や単線海とわかれゆく(佐野良太)

@twryossy 末枯れの庭にも秩序ありにけり 公彦

★我が家の庭の樹木の枯れるのには順番があることを知った。


2011年10月28日(金)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語669】栗飯(くりめし):「栗強飯(くりおこわ)」の傍題でも。栗の鬼皮・渋皮を剥き味付けして米と炊き込む方法と、炊きあがる寸前に茹で栗を加える方法がある。
◆お返しの皿に盛られし栗御飯(稗田富貴子) #jhaiku #kigo
posted at 05:20:23

@twryossy 昔ならば母の得意な栗ごはん 公彦

★実の母は健在だがそういうことは今はもうかなわぬ夢となった。


2011年10月27日(木)

おは!RT @twryossy: 【今日の季語668】花畑(はなばたけ):「花」が春の季語なので「花壇」「花園」などの傍題や別題の「花野」とともに春と誤りやすいが、これらは秋の草花について用いる季語。
◆湯治宿花圃の明りに包まるる(皆川盤水)

@twryossy 連山を借景とする花畑 公彦

★ある場所のことです。

今回は以上です。
今後なるべく月曜日に1週間分を紹介したいと思います。
お読み頂き有り難うございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

« 「共産党の歴史的英断」となるか? | トップページ | 高遠本の町プロジェクト »

コメント

This season, unlike in previous years layer of heavy and comfortable various style pattern looked to sewing, trimming outstanding cozy pelt about the coat or diamond jewelry. [url=http://www.outletsinshop.com]north face jackets[/url] Both dressed in a new go well with exterior outdoor jackets outdoors and in many cases outfits outside is very appropriate. [url=http://www.outletsinshop.com]north face outlet[/url] Advised coronary heart language: "New York Avenue wind flow windy, My spouse and i are has been absolutely no chances donning Shang beautiful involving blouse, consider We be involved in Lanvin London Show area, My partner and i upon about it of gown quite captivated, does not principles associated with neck-line far more regarding We, since My partner and i associated with supply because frequently workout, may some little associated with muscle tissue, which sentence shade won't way too vibrant, simply because I is a all set continuous involving woman, so I won't expect in 2011 spring summer season too overstated, only need match up any twice Shoes on could entry different instances. [url=http://www.outletsinshop.com]north face jakker[/url] As the track record of North Encounter, specific need to positioned on these jackets in outside the house recreational.

This method gives you water-proof safety, moisture permeability, and remarkable durability. [url=http://www.kirstars.com]canada goose[/url] Be aware that this particular wealth of colour, frequently untamed shade, and that means you have to run to buy some to fit your footwear, footwear and in many cases your current wallet. [url=http://www.kirstars.com]canada goose jacket[/url] It truly is restored to new North face with Jackets and T shirts for women. [url=http://www.kirstars.com]canada goose outlet[/url] I am not sure the reason why, your shorts could make your own browsing on actions as easy as it appears fully easy.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53184994

この記事へのトラックバック一覧です: 「おは!twitter俳句」(秋惜しむ):

« 「共産党の歴史的英断」となるか? | トップページ | 高遠本の町プロジェクト »

カテゴリー