無料ブログはココログ

« 志位委員長報告をUSTREAMで聞きました | トップページ | 多いに未来社会を語り合おう!(共産党四中総聞き書き後半) »

Sst

当ブログが支援して来たソーラーシリコンテクノロジーで解雇された11人は1月5日から職場復帰する事になった。
戻られる方々はこれからなかなか大変だと思いますが頑張って欲しいと思います。

日本航空の稲盛和夫会長の薫陶を受けた手塚博文社長の組合を作った気に食わない者は解雇すると言うやり方は社会的に否定されました。
これは日本航空の裁判にも他の労働裁判にもきっと大きな影響があることでしょう。

組合を支援する当ブログが組合の過激さの証として裁判の証拠として使われるという不名誉な関わりながら裁判に関わった者として喜んでいます。

短歌を組合の皆さんに送ります。



全員の職場復帰を言祝ぐか
 師走の雨降るJMIUSST支部に

関連記事

ーーー

職場復帰 勝ち取った

千葉 会社側と和解

ソーラーシリコンテクノロジー労働者


 千葉県木更津市のソーラーシリコンテクノロジー(SST)で、劣悪な労働条件の改善を求めて労働組合を結成したことから解雇された労働者11人が2日、解雇を撤回させ、職場復帰することで会社側と和解しました。11人はJMIU(全日本金属情報機器労組)SST支部の組合員で、来年1月5日から復帰します。

 組合員は「月200時間働いても残業代はなし」「休日は月1回」など深刻な労働実態の改善、不払い残業代の支払いを求めて昨年5月、労働組合を結成。SSTはこれを敵視して同10月、一方的に解雇通知を送付し、解雇を強行しました。

 SSTは経営上の都合による「整理解雇」を主張しましたが、千葉地裁木更津支部は今年3月、「整理解雇」と認めず、解雇無効とする仮処分を出しました。これを受け組合と会社で解決に向けた交渉を続けていました。

 SSTの手塚博文代表は、日本航空の稲盛和夫会長が創業した京セラの出身。同社は千葉県が出資する企業用地に誘致され、5年間で1億5000万円の助成を受けていました。

 SST支部の諏訪充委員長は、「組合をはじめ、支援共闘会議の支援のおかげで、最後まで団結してたたかうことができました。働きやすい職場にするためにがんばりたい」と語っています。

ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 志位委員長報告をUSTREAMで聞きました | トップページ | 多いに未来社会を語り合おう!(共産党四中総聞き書き後半) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53398530

この記事へのトラックバック一覧です: 全員の職場復帰を言祝ぐか  師走の雨降るJMIUSST支部に:

« 志位委員長報告をUSTREAMで聞きました | トップページ | 多いに未来社会を語り合おう!(共産党四中総聞き書き後半) »

カテゴリー