« 「おは!twitter俳句」(枯葉) | トップページ | 橋下大阪市長は中村和雄京都市長候補を応援出来るか? »

2011年12月20日 (火)

民主主義革命と民主連合政府

日本共産党志位和夫講師綱領教室を#shiijcpでつだりました。(文字中継しました)

今日のテーマは「民主主義革命と民主連合政府」でした。

日本共産党綱領で言うと
第11節 民主主義革命の性格と任務
第12節 民主的改革の主要な内容(1)
です。


最初に北朝鮮問題についての日本共産党の立場の説明がありました。

昨日の志位さんの声明

 北朝鮮の金正日総書記の突然の訃報に接し、驚いている。

一国の首脳の死として哀悼の意を表する。

 後継の指導部が、2002年の日朝平壌宣言にもとづいて、核兵器、ミサイル、拉致、過去の清算など、両国間の諸懸案の包括的解決に真剣にとりくむとともに、2005年の6カ国協議で確認された諸原則にたちかえり、国際社会の責任ある一員としての道をすすむことを願うものである。

二つの取り決めが大事
共産党は平和的解決を訴えて来た。
不破氏の国会での提案に注目しているとの村山氏の申し出あり村山訪朝団に緒方氏穀田氏参加した。
それに続く小泉訪朝日朝平壌宣言となった。
その成果には歓迎声明を出した。

今日の講義もなかなか面白い講義でした。
特にリンカーンがマルクスの愛読者だったという話は興味深かった。
今年アメリカで出版された「Sで始まる言葉ーアメリカの伝統としての社会主義小史」は今後本が和訳されるでしょうから読みたいと思います。

ではつぶやきです。

六カ国協議の方向にこそ北朝鮮の未来もある。
あと四回の講義は革命論
綱領11節 民主主義革命の性格と任務
この民主主義革命論を1961年に確定した時は当時の常識を覆す新しい提起だった。
1960年の国際会議はソ連中心主義で地域的限定が付いた。
日本社会党の社会主義革命しかあり得ないと攻撃された。
7回8回大会の五年にわたる論争の論点はアメリカの見方であったが半世紀たって対米従属がよりひどくなった。

もう一つの論点は反独占の闘いを民主主義的な内容ですすめるということ。
この路線は日々の生きた闘いへの指針となった。
民主主義革命否定によって社会党の方針は非現実的な物となり結局安保容認に落ち込んだ。

2000年の22回大会でグローバリズム論分析した。
「新しい民主的国際秩序」の確立を提起した。
今や米中心のIMF路線は失敗
世界GDPはOECD非加盟国の方が多くなりつつある。
2009ピッツバーグサミットの合意は「繁栄には異なるアプローチがある。」となった。

我々の目指す政権交代は根本的変革。
同時に独立民主の日本を目指す。
二段階連続革命論的表記は1994年2004年で全て削除した。
第四章には社会主義の言葉はなくなった。
国民多数の意志に基づく段階的発展という立場を明確にした。

前半終り

「私たちは二重の矛盾に直面しています。大企業本位と対米従属の二つの異常と、資本主義そのものの矛盾です。」
民主主義革命をすすめる上で、安保廃棄の多数派を形成することは、まさに要。経済政策は、国民の意識状況で様々な政策をとりうるが、安保は廃棄か継続か、二つに一つしかないから。

「民主主義革命と民主連合政府」
これから後半第12節「民主的改革の主要な内容」です。
アメリカとの関係 安保破棄を世論にして行く事が民主連合政府結成の最大の要 基地撤去には合意がいるが安保破棄には合意が要らない。

1980年社会党は通告による廃棄を捨てた。

米との真の友好条約を結ぶ。
マルクスとリンカーンの交流 リンカーンは共和党の創設者だがマルクスのニューヨークトリビューンの400以上の論説を熟読していた事は疑いない。

1848年革命の失敗の後ドイツから米に来た革命家の三分の一は南北戦争に参加した。マルクスの友人の多くも参加した。リンカーンはマルクス主義者ではなかったが大きな影響を受けていた。バーモントで開かれた議会の姿に感銘を受けたが独立戦争以来の草の根民主主義が生きていた。

民主連合政府だけ出来た過渡的な時期には自衛隊を活用する。
2001年の小泉首相との討論で役だった。
韓国儀軌の返還に日本共産党は力を尽くして笠井さんは最大の功労者と最近の招待時に紹介された。
従軍慰安婦問題も未解決 国連は戦争犯罪とした。

今回はこんな所です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「おは!twitter俳句」(枯葉) | トップページ | 橋下大阪市長は中村和雄京都市長候補を応援出来るか? »

「twitter」カテゴリの記事

「日本共産党」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

青い鳥 さん

コメントありがとうございます。
金融業界のことはよく分かりませんが「金融資本の寡頭支配」が一番進んでいるかもしれませんね。

強欲資本主義に待ったをかけましょう。
澎湃と起こっている脱原発運動もその待ったをかける運動だと思います。

>もう一つの論点は反独占の闘いを民主主義的な内容ですすめるということ。
この路線は日々の生きた闘いへの指針となった。

格差社会が固定化し、貧困層の暮らしは破壊され死活問題に直面しています。 経済界に目を向けますと、以前、わたくしが籍を置いていた三菱東京UFJ銀行の頭取が平野信行氏に来期から代わるという報道を聞いた時、まだまだ新自由主義・市場原理主義の嵐は当分続くだろう懸念を抱きました。氏は、入行以来、海外畑を歩んで来た国際派バンカーです。この人事を見た時、メガバンクは、相変わらず富裕層に軸足を置き、海外で性懲りもなくハイリスクな金融市場でマネーゲーム(博打)に興じ、収益を上げることに血道をあげるんだなぁ…と、直感しました。銀行業界は護送船団方式…他のメガバンクも同じ方針であろうと推察できます。日本経済を健全な実体経済に早く引き戻し、内需拡大経済にし労働者の懐を温め、デフレスパイラル脱却に舵を切るべき時に、日本経済の血液循環の責を担うべき金融業界が、儲け最優先に全く違うベクトルへ突き進む…。ほんとうに恐怖を覚えます。日本共産党には、まともな経済に戻すべく奮闘して頂きたいものです…。
強欲資本主義に待ったをかけない限り、人間の尊厳を大切にする“共生社会”の訪れは夢のまた夢でしょう…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53531350

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義革命と民主連合政府:

« 「おは!twitter俳句」(枯葉) | トップページ | 橋下大阪市長は中村和雄京都市長候補を応援出来るか? »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ