無料ブログはココログ

« 子どもと女性を守れない社会は必ず滅ぶ | トップページ | さようなら原発 1000万人署名を! »

Sst
sst労働組合ホームペ−ジより

SSTの争議が勝利した事は別記事で書きました。

原告の来年1月5日からの職場復帰という形になりました。
原告の為に役だったかどうかは分かりませんが私が東大に送った不当労働行為を行っている企業の代表者に講演させる事は東大も不当労働行為に加担する事になるという訴えは取り上げられ講演は中止になった。
被告企業社長はこの事が相当ショックだったようでなんと私の東大充てに送ったメールを掲載した本ブログの記事を組合とその支援者の過激性を表す証拠書類として裁判所に提出した。
全く私の個人的判断で行った事だがそれ自体の妥当性は当然だと思うが支援している人の行動を「組合の過激性を表す」会社側証拠書類として提出した弁護士は普通の感覚ではない。

結果としてこの奇抜な裁判戦術は見事に失敗した事になる。

何度も書いていますがこの被告企業社長は京セラの稲盛会長の薫陶を受けた人物であり独特の企業管理のやり方と組合蔑視とワンマンぶりは稲盛会長のやり方と同じである。
技術屋として名を為して来た人で基本的に労働法や労働者の権利等にはあまり知見も興味もないようだ。
この裁判の勝利の意味は大きい。
まずは同じ構図で闘われている日本航空の裁判に影響を与える可能性が非常に高い。
又ソニーやパナソニックなどの争議にも影響があるだろう。
まさに労働者の連帯こそが労働者の権利を守る道である。

裁判に勝利したとはいえ職場復帰する11人には同じ経営陣との交渉と経営再建という難題が待ち構えている。
どちらも頑張って勝利して欲しい。

諏訪組合委員長からのtwitterでの連絡と支援共闘会議の松本議長からのメールを紹介して改めて裁判の勝利を祝いたいと思います。

SSTの争議が勝利した事は別記事で書きました。
原告の来年1月5日からの職場復帰という形になりました。
原告の為に役だったかどうかは分かりませんが私が東大に送った不当労働行為を行っている企業の代表者に講演させる事は東大も不当労働行為に加担する事になるという訴えは取り上げられ講演は中止になった。
被告企業社長はこの事が相当ショックだったようでなんと私の東大充てに送ったメールを掲載した本ブログの記事を組合とその支援者の過激性を表す証拠書類として裁判所に提出した。
全く私の個人的判断で行った事だがそれ自体の妥当性は当然だと思うが支援している人の行動を「組合の過激性を表す」会社側証拠書類として提出した弁護士は普通の感覚ではない。

結果としてこの奇抜な裁判戦術は見事に失敗した事になる。

何度も書いていますがこの被告企業社長は京セラの稲盛会長の薫陶を受けた人物であり独特の企業管理のやり方と組合蔑視とワンマンぶりは稲盛会長のやり方と同じである。技術屋として名を為して来た人で基本的に労働法や労働者の権利等にはあまり知見も興味もないようだ。
この裁判の勝利の意味は大きい。
まずは同じ構図で闘われている日本航空の裁判に影響を与える可能性が非常に高い。
又ソニーやパナソニックなどの争議にも影響があるだろう。
まさに労働者の連帯こそが労働者の権利を守る道である。

裁判に勝利したとはいえ職場復帰する11人には同じ経営陣との交渉と経営再建という難題が待ち構えている。
どちらも頑張って勝利して欲しい。

諏訪組合委員長からのtwitterでの連絡と支援共闘会議の松本議長からのメールを紹介して改めて裁判の勝利を祝いたいと思います。

まず諏訪さんからです。

mi263suwa 諏訪 充 @kimihikoootsuru これまでのご支援ありがとうございました。大津留さんの行動、blogでの社会的包囲が会社にあたえた圧力は私たちにとって大きな力となりました。今後ともよろしくお願い致します。

次に松本さんからです。

JMIUソーラーシリコンテクノロジー支部
(SST支部)支援共闘会議
からのメールと組合からのメールを紹介します。

SST支部支援共闘会議 ご支援頂く皆様へ

日ごろより皆様におかれましては、働くものの生活と雇用を守り、地位向上にご尽力いただき心より敬意を表します。 

さてJMIU SST支部ですが、今月の12月2日、東京都内 東京法律事務所において会社と組合の間で和解調印が行われました。
1年1ヶ月という異例の短期間で解決に至ることが出来たのも、皆様の物心両面からの温かいご支援の賜物と感謝する次第です。

来年 1月5日より希望者11名が職場復帰を果たしますが、これからが本当に大変な道のりであると当該組合員は気の引き締まる思いでいます。
今後とも変わらぬご支援宜しくお願い致します。

SST支部支援共闘ニュース 4号 が出来ましたので送付致します。
また、あかはた新聞 12月3日付 1面記事で紹介されたのであわせて添付いたします。

2011.12.6
JMIUソーラーシリコンテクノロジー支部
(SST支部)支援共闘会議
議長 松本 悟

ーーー

参考(sst労働組合ホームペ−ジより)

諏訪委員長があかはた新聞に

参考弊記事
全員の職場復帰を言祝ぐか  師走の雨降るJMIUSST支部に
今回はこんな所です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 子どもと女性を守れない社会は必ず滅ぶ | トップページ | さようなら原発 1000万人署名を! »

コメント

益田俊彦さん

コメント有り難うございます。
私も全貌は良く知りません。
wikiの記述は参考になりました。

私平成生まれで知らないんですが、新日和見主義事件って何ですか?
Wikipediaにある記述に間違いはないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53444819

この記事へのトラックバック一覧です: SSTの争議勝利を祝う その意味は大きい:

« 子どもと女性を守れない社会は必ず滅ぶ | トップページ | さようなら原発 1000万人署名を! »

カテゴリー