« 大津留公彦的2012年の目標 | トップページ | 「おは!twitter俳句」(雑煮) »

2012年1月 1日 (日)

日本政府 がやっているのは、ただのつじつま合わせに過ぎな い、電気が足りないのでも何でもない。

謹賀新年!
今年も宜しくお願いします。

今年最初に見た番組はこれだった。

NHK特集選「原発事故への道程」

新年になってから3時間以上妻と観てしまった。

島村武久元原子力委員会委員が1985年から94年にかけて主宰した「原子力政策研究会」の録音記録及びその文書化資料を使った番組の再放送でした。

見ていて妻がイライラしていた。
福島の事故の前に島村研究会報告書が世に出ていれば福島第一発電所は廃炉になっていたかも知れない。
20年にわたる伊方原発訴訟の争点としてECCSの不稼働が挙げられている。まさに福島で起こった事。この最初の放送の時はまだECCSの使い方を東電が知らなかった事は明らかになってなかったのではないか?

また伊方訴訟最高裁敗訴弁護士はこう発言している

「これから起こる原発事故に最高裁は共同責任を負う。」

中曽根康広等の導入と推進した政治家と官僚と東電幹部には責任を取らせるべきだろう。

小出さんの言うように処罰無くして再発防止はない。

福島の事故は最高裁も責任を取るべきだろう。
最高裁の判事の責任はどうして取らせればいいのか?

「島村原子力政策研究会」資料は2008年8月に製本版とCD版の両方で作成され、文部科学省内原子力関係者等に配布されたが、一般に公開されていなかったが最近公表された。

ただ、「公にすることにより国の事業遂行に支障を及ぼすおそれがある」との理由から、北海道幌延(ほろのべ)町の放射性廃棄物貯蔵・処分問題の経緯などを不開示としました。一方、島村研究会の議事録は都内の財団法人も保管しており、閲覧も可能です。これと照合すると、不開示部分の内容が判明しました。

通産省で原子力局長をやっていた島村武久氏は古河電気工業副社長から最後は原子燃料工業社長を勤めており生涯を原子力とともに生きており原発反対の立場ではなかったが国の原子力政策の無計画さとアメリカの意図を良く理解していた人です。

島村武久さんは『原子力談義』という本で、「日本政府 がやっているのは、ただのつじつま合わせに過ぎな い、電気が足りないのでも何でもない。あまりに無 計画にウランとかプルトニウムを持ちすぎてしまっ たことが原因です。はっきりノーといわないから持 たされてしまったのです。そして日本はそれらで核 兵器を作るんじゃないかと世界の国々から見られる、 その疑惑を否定するために核の平和利用、つまり、 原発をもっともっと造ろうということになるのです」 と書いています。

資料の発掘と資料に出て来る現存の人に多く取材され追求されたNHKの担当者に敬意を表します。

ーーー
番組の内容

ETV特集・選 シリーズ 原発事故への道程(前編)「置き去りにされた慎重論」

なぜ福島第一原発事故は起きてしまったのか。原発を巡る“安全神話”形成の過程を歴史的な視点で振り返るシリーズ。前編は原発れい明期の50年代から70年代までをたどる

「島村原子力政策研究会」と呼ばれた非公式の会合の録音テープが残されている。そこには、日本の原子力発電を支えた研究者や官僚、電力業界の重鎮たちの本音が、100時間にわたって記録されていた。当初は原発を地震大国に立地することに慎重だった流れが、米ソ冷戦や経済復興の論理によって強引に導入されていく実態が、赤裸々に語られている。経済性追求と安全性確保の矛盾を抱えていった過程を、テープと証言から検証する。

ETV特集・選 シリーズ 原発事故への道程(後編)

福島原発事故の歴史的深層を探るシリーズ。後編は原発が次々建設された70年代以降、日本の原発で事故は起きないという「安全神話」がいかにして誕生したかを明らかにする

1973年の石油ショック翌年に、電源三法が成立し、「安全」を前提に原発建設が加速していった。このとき、日本で初めて原発の安全性を科学的に問う裁判「伊方原発訴訟」が始まっていた。そこでは、今回の福島原発で起きた「全電源喪失」や「炉心溶融」などの事態が、ほぼすべて、そ上に載せられていた。伊方裁判の消長を軸にして、安全神話が、いかにして独り歩きしていったか、その歴史的メカニズムを検証する。

ーー
以下つぶやきです。

島村武久元原子力委員会委員が1985年から94年にかけて主宰した「原子力政策研究会」の録音記録及びその文書化資料を使った報道が、今年の夏から秋にかけてありました。

posted at 00:33:30

島村武久元原子力委員会委員が1985年から94年にかけて主宰した「原子力政策研究会」の録音記録及びその文書化資料を使った報道が、今年の夏から秋にかけてありました。この資料の中からプルトニウム利用に関する部分をいくつか拾ってみました。

posted at 00:33:58

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 島村武久元古河電工副社長が出て来たのには驚いた。

posted at 00:48:25

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 昭和29年2.8億の予算を中曽根康弘氏が付けた。中曽根予算と言われた。

posted at 00:52:22

RT @papa_pahoo: 島村研究会の成果は、2008年8月に製本版とCD版の両方で作成され、文部科学省内原子力関係者等に配布されたが、残念ながら一般に公開されていない。せめて全国の図書館に配置してほしいものだ。 #etv

posted at 01:52:20

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 見ていて妻がイライラしている。福島の事故の前に島村研究会報告書が世に出ていれば福島第一発電所は廃炉になっていたかも知れない。

posted at 01:58:23

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 伊方原発訴訟の争点としてECCSの不稼働が挙げられている。まさに福島で起こった事。この最初の放送の時はまだECCSの使い方を東電が知らなかった事は明らかになってなかったのではないか?

posted at 02:28:05

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 伊方住民の発言「金より命が大事」 原発立地首長の発言「国に抱えこまれているようなもの」

posted at 02:43:09

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 1975年 原子力行政懇談会は原子力規制委員会の設置の検討したが反対論多く取りやめ。安全の研究等と言う人は原子力村から村八分になった。(伊方訴訟の国側証人佐藤一男)

posted at 02:53:09

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK 島村委員会は島村の後輩によって続けられていらが共通しているのは原発は必要だという事。以上

posted at 03:20:09

NHK特集選「原発事故への道程」#NHK インドの核実験でプルトニウムを燃やす技術に予算が付けられた。 伊方訴訟最高裁敗訴弁護士発言 「これから起こる原発事故に最高裁は共同責任を負う。」

posted at 03:24:31

参考サイト
原発がどんなものか知ってほしい(15)

文科省 「原子力村」研究会資料を開示
幌延核処分場部分“黒塗り”
住民拒否でも誘致 意図裏書き

ーーーーーーーーーーーーーーー
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 大津留公彦的2012年の目標 | トップページ | 「おは!twitter俳句」(雑煮) »

「原子力発電」カテゴリの記事

「東京電力」カテゴリの記事

「東日本大地震」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

yamamotoさん

コメント有難うございました。
首都圏の人間をどんどん使って下さい。
今年も元気で。

tb,コメントありがとうございます.今年もよろしく.首都圏に居住という地の利を生かして,大いに活動して下さい.

タケムラさん
コメント有り難う穂材ます。

>賢くなって、政治のゆがみを糺したいものです。
タケムラさんは十分賢いです。
しかし悪賢いけど本当の意味で賢くない為政者やその他の人が世の中には多いですね。

こちらこそ今年も、情報を宜しくお願いいたします。
私は還暦となり厄年なので自重の年です。

皆さんに今年がいい年でありますように!

今年も、情報を宜しくお願いいたします。賢くなって、政治のゆがみを糺したいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/53626480

この記事へのトラックバック一覧です: 日本政府 がやっているのは、ただのつじつま合わせに過ぎな い、電気が足りないのでも何でもない。:

» 年末記事はイルミネーションの写真です [ペガサス・ブログ版]
沖縄県庁では辺野古基地建設のための「アセス評価書」を止める年越し県庁村,そして東京では福島原発災害被災者への正当な支援と脱原発を求めての経産省前テント,これらの人々に思いを馳せています. 両者ともネット中継がされています. http://www.ustream.tv/channel/iwj-okinawa1 http://www.ustream.tv/channel/toshikoshitv 応援のクリック歓迎 今年は多数のご来訪ありがとうございました.来年もよろしく. (クリックで拡大) ... [続きを読む]

« 大津留公彦的2012年の目標 | トップページ | 「おは!twitter俳句」(雑煮) »

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 1万歩日記
  • 2014都知事選
  • 2016都知事選
  • 3.11
  • 9.11
  • abend
  • CO2削減
  • facebook
  • google
  • iphone
  • iphone apri
  • IT
  • mac
  • M男の映画評論
  • NHK
  • sst不当解雇
  • TPP
  • twitter
  • ustream
  • youtube
  • おいしい店紹介
  • お食事処
  • ことわざ
  • たっちゃん
  • どきどきブログ句会
  • まんがで読破
  • みんなの党
  • わらび座
  • アジア
  • アベロ
  • イベント紹介
  • イラク
  • インターネット新聞『JanJan』
  • エコ
  • オバマ
  • オーマイニュース
  • キャンプ
  • サッカー
  • タビサ
  • チベット
  • テレビ
  • テロ特措法
  • ネズミ講
  • バラとガーデニングショー
  • ファスレーン365
  • ブログ紹介
  • メルマガ「おは!twitter俳句」
  • メーリングリスト
  • ラジオ
  • ワーキングプア
  • 三郷
  • 中国
  • 中国残留孤児
  • 九州大学
  • 九条世界会議
  • 五島
  • 井上ひさし
  • 今日の日経から
  • 今日は何の日
  • 介護保険
  • 企業経営論
  • 会の案内
  • 俳句
  • 俳論
  • 健康
  • 共謀法
  • 内野事件
  • 創価学会
  • 労働問題
  • 北朝鮮
  • 医療
  • 原子力発電
  • 句会
  • 周辺の花・景色
  • 啄木
  • 回文
  • 国民投票法案
  • 地方自治
  • 地震
  • 埼玉
  • 大分
  • 大津留の映画評論
  • 大津留公彦
  • 大津留選俳句
  • 太陽光発電
  • 子宮頸がんワクチン
  • 安倍晋三
  • 小林多喜二
  • 小田実
  • 山頭火二豊路の足跡と句碑めぐり
  • 川柳
  • 希望のまち東京をつくる会
  • 平和への結集
  • 年金
  • 広島.長崎
  • 庄内
  • 従軍慰安婦問題
  • 憲法九条
  • 我が家の庭
  • 戦争と平和
  • 教育
  • 教育基本法
  • 文団連
  • 新宿
  • 新宿の昼飯処
  • 新日本歌人
  • 新聞
  • 日本共産党
  • 日本橋
  • 映像関係
  • 映画
  • 東京
  • 東京電力
  • 東日本大地震
  • 歌論
  • 正岡子規
  • 民主党
  • 沖縄
  • 沢田研二
  • 活動家一丁あがり
  • 消費税
  • 温泉
  • 湯布院
  • 湯平
  • 現代短歌研究会
  • 環境問題
  • 田中宇の国際ニュース
  • 短歌
  • 石川啄木
  • 社会
  • 社民党
  • 福岡
  • 福田康夫
  • 秋田
  • 立ち枯れ日本
  • 米軍保護法案
  • 経済・政治・国際
  • 署名
  • 美術
  • 美術展
  • 自民党
  • 芝居
  • 芸能・アイドル
  • 菅直人
  • 藤原紀香
  • 行事案内
  • 詩論
  • 貧困
  • 資格
  • 趣味
  • 農業
  • 連歌
  • 選挙
  • 陸前高田
  • 電子出版
  • 電気代一時不払いプロジェクト
  • 青年
  • 非正規雇用
  • 音楽
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ