無料ブログはココログ

« あれから1年 (3月の歌) | トップページ | バンダジェフスキー教授の嘆き »

古館伊知郎の「二つの後悔」と長渕剛の「愛おしき死者たちよ」

3月11日の『報道STATION』での古館伊知郎“原子力ムラ”と闘うという発言が話題となっている。
テレビ朝日は圧力はないと言っているが何らかの外部の横やりがあり古館にこういう思い詰めた言葉を言わせたのは間違いないだろう。

彼の決意をお聞き下さい。

古館が語った決意 報道ステーションSP・2012年3月11日

次の歌を古館さんに捧げます。

原発は地震で壊れたという番組の続編作れずと古館の嘆き
不都合な真実幾つも暴露さるマスメディアはそれを看過するのか
古館伊知郎の「二つの後悔」心に残る報道ステーションなるべくは見る

3.11以来毎日見てます。

ーーー

この発言の前に不通となっている三陸駅のレールの上で雨に濡れながら歌ったこの曲が良かった。
押さえたトーンだが詩の意味が深い

ちなみにこう言う歌詞だ。

関連メディア記事です。

 「番組を切られても本望」震災特番生放送で古舘伊知郎が“原子力ムラ”に言及し波紋広がる

昨年の東日本大震災から1年となる3月11日、テレビ各局は軒並み震災特番を放送したが、その中で、テレビ朝日系『報道STATION スペシャル』での司会・古館伊知郎の発言が波紋を広げている。

 話題になっているのは、番組の終了間際のエンディングトークの場面。震災で不通となった三陸鉄道南リアス線三陸駅のホームに立った古舘は、「この番組に関して後悔することがあります」と神妙な面持ちで語りだした。古舘はまず、“牛の墓場”となった牧場について撮影・放送しなかったことを「一つ目」の後悔として語り、その後に、「二つ目の後悔は原発に関してです」として、以下のように語った。

「『報道STATION』ではスペシャル番組として、去年の12月28日の夜、原発の検証の番組をお送りしました。津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部、(福島)第1原発のどこかが損壊していたのではないかという、その追求をしました。今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。“原子力ムラ”というムラが存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています。そして、もう一つ考えることは、地域で、主な産業では、なかなか暮らすのが難しいというときに、その地域を分断してまでも、積極的に原発を誘致した、そういう部分があったとも考えています。その根本を、徹底的に議論しなくてはいけないのではないでしょうか。私はそれを、強く感じます。そうしないと、今、生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません。私は日々の『報道STATION』の中でそれを追求していきます。もし圧力がかかって、番組を切られても、私は、それはそれで本望です。また明日の夜、9時54分にみなさまにお会いしたいです。おやすみなさい」

 テレビ朝日の看板キャスターが生放送中に、原子力業界からの圧力で番組内容に変更があったことについて明確に認めるという異例の事態に、放送直後からネット上は紛糾。「古舘、よく言った」という賞賛だけでなく「今さらか」といった批判もあふれ、一夜明けた12日朝になっても活発な議論が続いている。

 ともあれ、今後同番組内で「それを追及していく」とした古舘と『報道STATION』スタッフに“自由な報道”が許されるか否か、注意深く見守っていきたい。いずれにしろ、メインキャスターである古舘が自由に発言するために「番組を切られる」覚悟でカメラの前に立たなければならなかったという事実は、現在のテレビの報道番組が置かれた、極めていびつな構造を表している。


以上です。

« あれから1年 (3月の歌) | トップページ | バンダジェフスキー教授の嘆き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/54216238

この記事へのトラックバック一覧です: 古館伊知郎の「二つの後悔」と長渕剛の「愛おしき死者たちよ」:

» 長渕剛 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP [Nowpie (なうぴー) J-POP]
長渕剛 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

« あれから1年 (3月の歌) | トップページ | バンダジェフスキー教授の嘆き »

カテゴリー