無料ブログはココログ

« 除染するスコップを置き黙祷す三月十一日始まりの日に | トップページ | おは!Twitter俳句(垣繕ふ) »

二つの後悔

昨日一昨日はNHKの震災特集を見ることが多かった。
昨日は一通り見て報道ステーションで長渕剛が歌うという新聞の記事を見てチャンネルを変えると長渕と古館が防護服で福島第一原発の前の階段であれが全ての元凶だと語っていた。
長渕剛は汽車の通らない線路で被災地を励ます心に沁みる新曲を歌った。  
そのあとのエンディングで古館キャスターは今日見た牛の死ぬ所を無理やり頼んででも放映しなかった事と地震で原発が壊れた事の続報を放送できなかった事を二つの後悔があるとして語ったそして最後はこうだった。
「これからも報道ステーションの中で原発の問題を追及していきます。それによって、どこかから圧力がかかって、番組を切られても、私はそれで本望です。」

最近あまり報道ステーションを見なかったがこの古館の勇気に答えて今後見ようと思います。以下関連つぶやきです

除染のスコップを置きて五人で黙祷す三月一一日全ての始まり http://t.co/aKfh9fTF

posted at 00:28:18

RT @mitsuyukitaka: 「圧力がかかって放送を切られても 放射能、原発の事故の事を放送して行きます」ニュースステーション古館

posted at 07:03:12

RT @chuspo: ドラキチOです。帰宅して真っ先に、録画しておいた「ニュースステーションSP」を見ました。古館&長渕のダブルアニキにほれなおしました!

posted at 07:04:04

RT @Cript_Sugimori: 古館伊知郎のニュースステーションの最後の発言が取りざたされてるが、ここはうがった見方をせずに素直に受け止めてみよう。大事なのはスグ忘れて”なんとなく流されて””取り込まれてしまう”ことだから。まぁ、地方局の不人気番組でさえどっかから”配慮”を求められたって話だからね。

posted at 07:04:58

RT @harunoshirokuma: @shun1sta 古舘氏がついに原子力村と闘うことを表明した。報道ステーションの前身の番組であるニュースステーションは久米宏が社会と闘ってたな。あの番組が唯一社会と闘う番組だと思った。当時の久米宏なんかいろいろ揉めたけどやっぱり格好良かったな。古舘氏しっかりと闘ってくれ!!

posted at 07:06:24

RT @hiroshi_ota1583: ニュースステーション生の最後の古館さんの言葉に涙。「原子力村や原発問題をこれからも追及していきます!圧力で降ろされても・番組が打ち切りになっても、本望です!」  

posted at 07:06:54

RT @549gosick: さっきニュースステーションで古館一郎アナが長渕剛と福島浪江町の現状をリポートしてた。最後の言葉がものすごく気になる。「原発村の真実を追究していく。もし圧力がかかって、番組を切られクビになってもそれはそれで本望です。」のような内容の言葉だった。圧力ってなんだ?誰が圧力かけるのか?

posted at 07:07:24

RT @yamamomijin: 古舘さん、ふたつの後悔 胸に響きました。しっかと聞きました。

posted at 07:08:29

RT @yamamomijin: @hirokobon 覚悟ある言葉だった。彼が、番組がどうなるか。何を発言していくのか、発言できるのか…何かが変わることを祈る!

posted at 07:08:57

RT @hirokobon: @yamamomijin 圧力云々で番組が…なれば、世間はどう反応するか。そして他のキャスターや芸能人たちは益々ビビるか、それとも開眼して後に続くか。興味深い。

posted at 07:09:22

RT @aratacoolhand: テレ朝「報道ステーション」のメインキャスター古館伊知郎、昨年末スペシャル番組で原発報道に圧力がかかったことを先ほど番組のラストで明言。たとえ下ろされようとも今後は本当のことを言い淀まず報道する宣言も同時に。それが被災地への敬意だと。見直した。とても見直した。

posted at 07:11:52

RT @kimuratomo: 報道ステーション、生放送で古館伊知郎氏、「圧力がかかっても」と述べた。「圧力」かかるのか、かからないのか、かからないのなら、かかるまで言い続けられるのか、言い続けるつもりなのか、かかるなら、どうかかるのか、かかったら彼はどう言うのか、それを私たちは、しっかり見届けようではないか。

posted at 07:12:37

RT @sophie_chia: 今、報道ステーションSPで、古館さんが。 今回のスペシャルで原発事故の原因に関する追求をしようとしたけれど出来なかったこと。 今後、圧力がかかり自分が切られても原発の問題を追及して行きたい、それで自分が番組から切られても本望だとも、発言していました。

posted at 07:13:31

RT @otomitv: 古館キャスター「これからも報道ステーションの中で原発の問題を追及していきます。それによって、どこかから圧力がかかって、番組を切られても、私はそれで本望です。」古館さんは、震災後本当に変わったと思います。心からの言葉を発していると感じています。 #tvasahi #genpatsu

posted at 07:14:20

RT @yuiyuiyui11: 報道ステーション特番の最後。古館は原発が津波に教われる前に地震で破壊されていたことを昨年暮れの特番で報道したのに、その後追求できなかったことを反省。「原子力ムラ」の存在を力説。そして今後追求する事を宣言した。番組を外される事があっても本望とまで。古館さんを応援しましょう(つづく)

posted at 07:15:08


ーーーー

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ーーーー

« 除染するスコップを置き黙祷す三月十一日始まりの日に | トップページ | おは!Twitter俳句(垣繕ふ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/54202164

この記事へのトラックバック一覧です: 二つの後悔:

» 玄海町民会館での西村雄一郎氏の講演 [ペガサス・ブログ版]
今日は玄海町で開かれた脱原発集会に参加しました.会場は原発交付金で建てられた豪華な町民会館の体育館と別室.メイン講演は佐賀県を拠点に活動する映画評論家の西村雄一郎氏による「黒沢明と反核映画」と題する講演でした.映画のカットをいくつも交えたトークはとても面白く,黒沢監督が原発と放射能の脅威について,強い警告を発していたことが分かりました.晩年のオムニバス映画「夢」の「赤富士」は,まさに爆発する原発の放射能から逃げ惑う人々を映像化し,「フクシマ」の予言そのものです. ほかに,「生き物の記録」や,黒沢映画... [続きを読む]

« 除染するスコップを置き黙祷す三月十一日始まりの日に | トップページ | おは!Twitter俳句(垣繕ふ) »

カテゴリー