無料ブログはココログ

« フランス新大統領フランソワ・オランド氏の勝利演説 | トップページ | 原発事故を通して日本人は沖縄の苦しみを理解し始めた »

現代短歌研究会の「続・続 歴史の中の短歌 水野 昌雄 (著) 」の学習会が終わった

現代短歌研究会の「続・続 歴史の中の短歌 水野 昌雄 (著) 」の学習会が3月に全て終わった。

昨年のミューズへの挑発―現代短歌・七歌人論 [単行本] 檜葉 奈穂 (著) に続き1年2ヶ月で終わった。

知らない歌人も多く知ることが出来た。
水野昌雄さんの幅広い短歌評論や歌集評に感心するところが多かった。

残念ながらまとめの会に都合で御本人においでいただくことは出来ませんでしたが5月から始まる「続 歴史の中の短歌 水野 昌雄 (著) 」の学習会が全て終わったところで2冊分の解説においでいただきたいと思います。


学習経緯はこうです。


第一回 2011年1月27日(木) 
短歌論(「奴隷の韻律」考、写実の今日的意義、「アララギ派」のこと、新短歌の歴史的寸評、「アララギ」終刊をめぐって)
 報告者 大津留公彦

第二回 2011年2月24日(木) 歌人論(渡辺順三、矢代東村)
 報告者 藤田貴佐代

第三回 2011年3月24日(木) 
歌人論(佐々木妙二、「渡辺順三・坪野哲久・矢代東村・浅野純一)、赤木健介、岩間正男)
 報告者 本田幸世


第四回 2011年4月 
歌人論(中野菊夫ノート)
 報告者 桜田和子

 
第五回 2011年7月 
歌人論(与謝野鉄幹と中野菊夫、坪野哲久、山田あきさんを悼む、五島美代子・館山一子、足立公平、森川平八) 
 報告者 本田幸世

第六回 2011年9月
歌人論(森山晴美、加納一郎、引野収のこと、正田篠枝)
歌集・評論(「兄啄木に背きて」小坂井澄、「魚河岸のアナキスト」小倉三郎、「加藤克己短歌集成」加藤克己)
 報告者 大津留公彦

        
第七回 2011年10月
歌集・評論(「アララギ叢書解題」川瀬清、「あの青空を」丸木政臣、「連祷」深川宗俊、「信号は青」日野きく、「歌説話の世界」馬場あき子、「丸花」馬場あき子、「青き睡蓮」菅井いそ、「幾歌と人生」近藤芳美、「独狐意尚吟」清水房雄、「黙唱」杜沢光一郎、「斉藤茂吉」西郷信綱、「創造的塚本邦夫論」安森敏隆、「歌人の原風景」三枝昴之) 
 報告者 藤田貴佐代

第八回 2011年11月
歌集・評論(「海・街・工場」福田穂、「夜のほととぎす」沢田五郎、「今日を生きる」浅井あい、「心ひたすら」浅井あい「機を織る者」金夏日、「向日葵通り」田中美佐雄、「花の香ありて」福島まさ子、「冬のみち」植原光子)
 報告者  本田幸世
  
第九回 2012年1月歌集・評論(「久保太郎歌集」久保太郎、「確執」黒住嘉輝、「オーロラは呼ぶ」實藤恒子、「もがりぶえ」青木ゆかり、「砕けざる鉱石」沢田貞治、「河口のある風景」中下照人、「噴水」水本幸子、「海峡の朝」水本幸子、「向かい風」関家さよ子
 報告者  桜田和子

第十回 2012年2月
歌集・評論 (「戦後埼玉万葉集、「坪野哲久論」山本司、「旅はおわらず」水上良介、「木の芽のひかり」下村すみよ、「蔦の窓」秋元直子)
 報告者  大津留公彦

総括 2012年3月

「続 歴史の中の短歌 水野 昌雄 (著) 」の学習会の予定は別記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
あれから1年−私たちの震災歌集
Jpeg

ーーーーーーーーーーーーーーー
よろしければ励みになりますのでこちらのクリックをお願いいたします。

人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
CoRichブログランキング
ーーーーーーーーーーーーーーー

「いいね!」ボタンを設置しました。
良かったらクリックを!
ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーー

« フランス新大統領フランソワ・オランド氏の勝利演説 | トップページ | 原発事故を通して日本人は沖縄の苦しみを理解し始めた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/54329976

この記事へのトラックバック一覧です: 現代短歌研究会の「続・続 歴史の中の短歌 水野 昌雄 (著) 」の学習会が終わった:

« フランス新大統領フランソワ・オランド氏の勝利演説 | トップページ | 原発事故を通して日本人は沖縄の苦しみを理解し始めた »

カテゴリー