最近のトラックバック

トラックバックピープル(大津留公彦管理分)

トラックバックピープル(一般)

アクセスカウンター

« 福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見 | トップページ | 義父は入梅に死に給うなり »

2012年6月10日 (日)

映画「我が母の記」を見ました

今日は山王祭り下町連合御渡の日本橋への12基の神輿の京橋の出発を見て銀ブラしました。

その後築地の東劇で映画「我が母の記」を見ました。

Photo


時代は違いますがほぼ年齢が同じこともあり、昨年実の父と義理の母を亡くし今義理の父を亡くそうとしている私にとっては身につまされる映画でした。

井上靖の小説がベースとなっているようですがほぼ実話のようです。
母の息子である主人公が自分の書いた50年前の詩を母が諳んじることに泣くシーンがあるが、そこで私も泣いてしまった。
呆けてしまった母(樹木希林)に対する棄てられたと思っている(実はそうではないのだが)息子(の優しい対応に感動しました。

私の母は呆けはあるが体は元気でグルーホームにお世話になっており今月84歳になる。
是非とも長生きして欲しいと思います。
誕生日には何を送ろうかと考えています。

予告編

あらすじ解説bygoo映画

以上です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陸前高田戸羽市長のご了解を得て奇跡の一本松から作られた三体の仏像の写真を表紙に使わせて頂いてます。
あれから1年−私たちの震災歌集
Jpeg

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見 | トップページ | 義父は入梅に死に給うなり »

大津留の映画評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「我が母の記」を見ました:

« 福島第一原発事故を予見していた電力会社技術者無視され、死蔵された「原子力防災」の知見 | トップページ | 義父は入梅に死に給うなり »

無料ブログはココログ

twitter

  • kimihikoootsuru
  • 短歌と俳句に関するつぶやき
    TwitterPowered by SEO対策119
  • ">twitter
  • twitter trackbackpeople
  • twitter(@kimihikoootsuru)(評論)
  • twitter(@ootsuru)(文学)

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ

よくおじゃまするサイト