無料ブログはココログ

« 格差と闘う ~韓国 青年ユニオン | トップページ | 「新日本歌人」2012年9月号を読んで »

昨日新日本歌人協会の常任幹事会が行われ参加しました。

6年位前も常任幹事でしたが病気や死去や転居で何人かのメンバーが居なくなっており、新しいメンバーも参加されてました。

組織部所属になりました。
ネット関係の各種提案も致しました。

道のりは遠いですが一歩ずつ前へ進めて行きたいと思います。

会の終了後歓送迎会をやって頂きました。

この任期中のこの二年間は短歌の季節と致しましょう。


--

しかしここではこの一週間の俳句です。

おは!Twitter俳句(ピーマン)(9月4から9月10日)

私の俳句:   @twryossy

(投稿時より一部改作している場合があります)

句作に関する私のコメント :★

@twryossy さんのtwitter季語案内:  おは!


です

2012年09月10日(月)

@twryossy パプリカのスコヴィル値500~2500とや 公彦

★ 唐辛子の辛味 を量る単位が スコヴィル値でアメリカの学者さん Scoville さん が考案したものだそうです。  パプリカはピーマンより辛いんですね。

おは!RT @twryossy: 【今日の季語987】ピーマン:フランス語piementに由来する。三秋の「唐辛子」の一種に属するところからその傍題として用いられるが季感はきわめて薄い。最近は観賞用にも。
◆ピーマンを浮かべて水に朝のいろ(ふけとしこ)

2012年09月09日(日)

@twryossy 秋場所や熱さの退かぬ大都会 公彦

★残暑がきつい。季語の季節では既に三秋だが現実の季節は真夏です。
この季節感のギャップは埋められない。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語986】秋場所(あきばしょ):「九月場所」とも。「相撲」そのものも秋の季語にあたるが、こちらは東京両国国技館で行われる本場所。秋風が相撲幟をはためかせる。
◆猫だましと言う手もありて九月場所(波多野寿子)

2012年09月08日(土)

@twryossy 朽ち果てし玉蜀黍に御免御免 公彦

★買ってきていたとうもろこしは朽ち果てていた。
今は妻も帰省中で居ないのでその存在を忘れていた。
4本のとうもろこしにはかわいそうなことをした。


おは!RT @twryossy: 【今日の季語985】玉蜀黍(とうもろこし):中南米原産。秋の味覚の一つ。「もろこし」「唐黍(とうきび)」の別名は中国渡来を思わせるが江戸期には「南蛮黍」とも呼ばれた。
◆唐黍に風の住みつく夕べかな(二村いさお)

RT @twryossy: 【今日の季語985:追記】モロコシはこの作物の渡来地を中国(唐土)と見てその古称を用いた命名とされる。これにトウ(唐)を冠してトウモロコシとしたのは語源忘却による重言にあたるが、別称のトウキビとモロコシの混淆から生まれたと見ることもできる。

2012年09月07日(金)

@twryossy 三味線が白露の庭に響きけり 公彦

★毎朝5時半に目覚ましがラジオを5分間鳴らすようにしている。
大体五時に起きるのでそれまでに今朝の俳句を作るのが日課となっている。

おは! RT @twryossy: 【今日の季語984】白露(はくろ):二十四節気の一つ。処暑から半月が過ぎて次第に秋の気が濃くなり草葉に置く露が白さを増す意の季語。暦の上では今日から仲秋前半を迎える。
◆もろもろの音立ちあがる白露かな(廣瀬町子)

2012年09月06日(木)

@twryossy 花茗荷働く事は貴重なり 公彦

★自分緒の働く時間の限られていることを思うようになり、働くことの大事さを感じている。

おは!RT @twryossy: 【今日の季語983】茗荷の花(みょうがのはな):「花茗荷」「秋茗荷」とも。「茗荷竹」は春、「茗荷の子」は夏の季語になるが「茗荷」そのものは季語としては扱われない。
◆物忘れかさなる齢(よわい)花茗荷(神永 保)

2012年09月05日(水)

@twryossy 地虫鳴く庭に元気をもらいけり 公彦

★実際は鳴かない地虫を俳句の世界は鳴かせてしまう。
ミミズもそう。
文学的営為は現実を乗り越えるという事か?

おは!RT @twryossy: 【今日の季語982】地虫鳴(じむしな)く:「地虫」はコガネムシ科の幼虫の俗称。別題「蚯蚓(みみず)鳴く」と同様、実際は螻蛄(けら)が鳴くのをこの虫の声と受けとめた季語。
◆地虫鳴くこゑ地中にてとぎれつつ(山口誓子)

2012年09月04日(火)

@twryossy 馬鈴薯や北の大地の香りして 公彦


★この時期のジャガイモはおいしい。
北海道のジャガイモを北海道の大地の上で食べるのが一番うまいだろう。

おは!RT @twryossy: 【今日の季語981】馬鈴薯(ばれいしょ・じゃがいも):地下茎が分岐して塊状になったものをこの時季に収穫する。その形が馬の鈴に似るところからこの漢字表記が生まれた。
◆茹であがる馬鈴薯塩をふきあげて(大野雑草子)


------------------------
参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 格差と闘う ~韓国 青年ユニオン | トップページ | 「新日本歌人」2012年9月号を読んで »

コメント

<奈良市>学校用務員39人が

偽装請負 労働局が是正指導

毎日新聞 8月19日(日)15時51分配信

 奈良市が民間業者に業務委託している市立小中学校などの学校用務員39人について、奈良労働局が違法な「偽装請負」に当たるとして、市に是正指導していたことが分かった。39人の用務員は業者の指揮下で働く必要があるが、校長らが直接、指示していた疑いがあるという。市は、教職員が用務員に仕事を指示しない旨を業務委託契約に明記するなど、違法状態の解消に乗り出した。


 奈良市は、市立の小中高校の計70校と幼稚園38園に計137人の用務員を配置している。このうち、23校と17園については、「奈良県ビルメンテナンス協同組合」(10社が加盟)と用務員の業務を委託する「請負契約」を結び、加盟社が雇用している用務員が働いている。


 複数の用務員の証言では、日常の業務について、校長や園長などの教職員から指示を受け、会社側が口を出すことはなかった。用務員8人が加盟する「奈良県労働組合連合会」が偽装請負だとして奈良労働局に訴えた。


 労働局は組合側の主張を認め、今年6月20日、市に文書で是正指導した。市は今月から、教職員が用務員に仕事を指示しないよう契約内容に明記するなどの措置を取った。


 民間業者の用務員の給与水準は、市が正規職員として直接雇用した場合の半分以下にとどまるという。業務委託で15年以上勤める用務員の男性(62)は「仕事は直接雇用の用務員と変わらない。すべて直接雇用に切り替えるべきだ」と訴える。


 また、用務員に直接、仕事を頼めないことで、学校現場に困惑が広がることも予想される。市教育総務課の乾尚浩課長は「直接雇用による財政負担の問題もあり、どういう形が適切なのか検討している」と話した。【大久保昂】


◇直接雇用するべきだ


脇田滋・龍谷大教授(労働法)の話 学校用務員の仕事は恒常的な業務であり、本来は直接雇用するべきだ。国や自治体が経費削減策として民間への業務委託を拡大しているが、同様の偽装請負は全国に広がっている可能性が高い。


◇偽装請負


 契約上は、業者に業務を委託した「請負契約」なのに、その業者の労働者を直接雇ったり、派遣労働者として受け入れているのと同じ状態。「請負契約」を結んだ業者の労働者に対しては本来、発注側が直接、仕事の指示をすることができないのに、実態は発注側の指揮下となる。直接雇用した場合の労働者に対する責任や義務を免れるために偽装するケースが多い。職業安定法や労働者派遣法で禁止されている。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/55623093

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(ピーマン)(9月4から9月10日):

» 不動滝の源流を見つけた [ゼルコバの木100年プロジェクト]
ここから徒歩5分くらいのところに結構大きな滝がある.不動滝という名前で,実際滝壺の近くには不動明王を祀った小さな祠がある.不動明王(アチャラ・ナータ)は大日如来の化身でその内証(内心の決意)を表現したものだという.修験道の対象であり,憤怒の形相をして煩悩に迷う人々を外道から力ずくで内道に連れ戻すというのがその役割だ. 不動尊があるということはこの辺りにも昔は修験者が棲息していたことを示している.修験道の祖は空海と同時期の役小角であり,仙人道を極めようとしているわたしにもあながち無縁ではない. 歩いて... [続きを読む]

« 格差と闘う ~韓国 青年ユニオン | トップページ | 「新日本歌人」2012年9月号を読んで »

カテゴリー