無料ブログはココログ

« おは!Twitter俳句(稲雀)(8月21から9月3日) | トップページ | 三日間のTPPに関するtweetの中から紹介 »

昨日は御茶ノ水の連合会館で連続講座「TPPでは生きられない!?ー私たちの暮らしは私たちがつくる」第二回「かんぽ・共済も危ない!ー私たちの金融資産が米国政府と外資に吸い取られる!?」を聞いた
講師は
日本金融財政研究所長 菊池英博氏

概要
[1].21世紀の対立軸と日本への影響
[2].TPPの主な内容
[3].米国金融資本が狙う日本の金融資産
[4].日本国民はどうすればいいのか


明るい日本の未来が見えるような気が少ししました。


TPPは朝日新聞に一度出たくらいで記事になって来なかった。
宮沢内閣でアメリカの対日要求受けたのが出発
小泉「構造改革」が進めたものでTPPはアメリカの為のもの
国民の知りたい事を書かないマスコミは庶民の敵

日本の財政危機は壮大な虚構
デフレは政策で起こされている
民主党は菅さんの時代から何処かに乗っ取られた
民主党はこんどの選挙で50-60議席になるだろう

[1].21世紀の対立軸と日本への影響

新自由主義は一言で言えば富を富裕層に集中する政策
「ユダヤ人の血の叫び」(フリードマン)が新自由主義
レーガン 自由化⇒失業⇒軍事費拡大 軍事バブル
(竹中氏は公共投資は効かないと言っているがそれは嘘)
物価を下げない (石油 穀物投機)
レーガン時代に税収減ったので債務国に転落し今日の没落が始まった
中曽根の新自由主義導入後小泉・竹中が推進

新自由主義は政治的スローガン
野口悠紀雄 「消費税増税は経済学をわかっていればやらない」

[2].TPPの主な内容 (略)

[3].米国金融資本が狙う日本の金融資産

デフレは小泉内閣で法制化された
財政 2002プライマリーバランス均衡閣議決定
リストラ 2003労基法改定
時価会計 2004時価会計 減損会計
2008リーマンショック デフレ政策で輸出比率上げ国内企業没落 させたので10兆円税収減
藤井裕久 伊吹文明 野田毅はデフレ政策の失敗で消費税増税に走っている

[4].日本国民はどうすればいいのか

デフレ政策からの脱却必要

2006年の医療改革法の廃案、医療費削減の撤廃.医療費増額
後期高齢者医療制度の廃止要

デフレ政策の結果、日本は既に平成恐慌の中にある
ー日本は財政危機ではない、政策危機である。
(昭和恐慌は財閥が起こした)
(ヒットラーの登場の背景はデフレ)

1998デフレ始まる
2010菅デフレで最悪

戦前とよく似ている
1925デフレ政策開始
1930デフレ最悪
1931デフレやめ財政刺激し指標はその後良くなった
(財政絞り金融緩める今の政策は間違い)解決作は財政投資しかない
金融刺激は銀行に金がたまり3分の1はアメリカに行って博打を打たれた。
(財政投資をされると財務省は困るので金融に目を向かせている)

1998IMF 介入で韓国の大手銀行の半分位以上はアメリカ資本になった
2003UFJ銀行を意図的に金融庁が破綻させた

2004  1.2兆円の営業利益時価会計で1.6兆円の自己資本積めと言われ潰れた
(竹中は東京三菱でなくシティバンクに売ろうと思っていたと複数の人から聞いた)

郵政民営化見直し法反対は枝野 仙谷 玄葉 甘利 前原 野田
(野田の親父は自衛隊で超右翼)
ゆうちょ銀行売却凍結法案は政権交代でやっと成立
ゴールドマンサックスが売る事になっていた
ゆうちょ銀行株売却は期限を外れた努力義務になっている
(オールジャパンで買取に取り組むべし)

TPPでアメリカが狙っているのは金融資産と医療と農業
モンサントが入ると癌が増える
新自由主義は人間を豚扱いする

アメリカでは外資は銀行を買収出来ない
法律でなく商務省⇒議会のルートで(国益に反する)となればストップがかかる
アメリカでは金融 農業 石油を厳しく守っている

デフレ政策では余った金をアメリカに持っていく
(120兆円の7割はアメリカの国債買っている。)

5年で100兆円使えば大きな内需拡大で大きな経済効果があるし日本を立て直せる。

デフレ脱却宣言をするのは政治家の仕事
1932年アメリカの不況時でも高橋是清は政策転換した。

今はもっと体力あるので政治がやれば出来る

ーーーー

Q&A

Q金融資本が日本狙っているのは?
債務国アメリカは元に戻そうとしてない
ノーと言えないのは日本のみなので日本の金融資産をターゲットにしている

(ロムニーはレーガンと同じ新自由主義路線で危険)
野田 前原は新自由主義(松下政経塾出身者は新自由主義者が多い)
自民党の3分の1は新自由主義

「格差を越えて」という本を出したが格差拡大なにが悪いアメリカの植民地になって何が悪いという人もいる
格差は国家をいずれ破綻させる

Q竹中平蔵は何故アメリカの銀行を優先するのか。
わかりません。
政治家は結果で判断するしかない。
彼が日本の終身雇用性を壊したのはまちがいない。

Q 日本の生保は海外で存在感がないが?
ハワイでは明治安田生命保険のシェア高い
日本の保険会社は運用で海外の保険会社に入っている
外資の生保シェア落ちている
難癖付けて保険料を払わない
日本の保険が評価上げている
外資に保険はいずれ駆逐されるのでは

Q大阪市長の八策はどう評価するか?

度肝を抜くサプライズで歓心を買う政策
支持の背景には既成政党のあまりのだらしなさがある。
大阪都構想はいいと思う
あれは落選した自民党議員の行き場という人もおり 安倍晋三等と組む事により
以外と急速に人気落ちるのでは

Q世界恐慌では?
東アジアとの共同体必要では
日本は体力あるので外からの影響小さい
内需拡大が大事
アジア各国と既にFTAやっている
デフレ政策で自ら国を小さくしているから韓国大統領から影響力低下していると言われる
外に強い国は内需に強い国

ーーーー
菊池英博さんの事は全く知らなかったが郵政民営化反対の急先鋒で亀井静香氏や多くの人に話をされてきたようだ。
TPPについても鳩山由紀夫首相や民主党の要人に講義をして来たようで政府の政策決定に影響力のある人のようである。
内需拡大が大事という政策は明快で説得力があります。
いろいろと頂いた資料などを勉強したいと思います。

今日は官邸前でStop TPP!を叫びます。

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« おは!Twitter俳句(稲雀)(8月21から9月3日) | トップページ | 三日間のTPPに関するtweetの中から紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/55576595

この記事へのトラックバック一覧です: 明るい日本の未来が見えるような気が少ししました。 菊池英博氏の話:

« おは!Twitter俳句(稲雀)(8月21から9月3日) | トップページ | 三日間のTPPに関するtweetの中から紹介 »

カテゴリー