無料ブログはココログ

« 梅ちゃん先生の最終回が今日終わった。 | トップページ | 反貧困全国キャラバン2012in埼玉~のお知らせです »

おは!Twitter俳句(生姜)(9月25から10月1日)


昨日は孫たちとディズニーランドに行きました。
客船マーク・ツェイン号に乗ってハロウインパレードを見ました。

昼間は快晴でしたが夕方台風の雨が降って来たので娘宅ですしパーティーをしました。

しばらくぶりに見る孫たちは着実に大きくなっていました。


--

この一週間の俳句です。

おは!Twitter俳句(生姜)(9月25から10月1日)

私の俳句:   @twryossy

(投稿時より一部改作している場合があります)

句作に関する私のコメント :★

@twryossy さんのtwitter季語案内:  おは!


です

2012年10月01日(月)

@twryossy 生姜擦る妻の呟き聞きながら 公彦

★妻は生姜が好みである。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1008】生姜(しょうが):熱帯アジア原産の多年草。日本への渡来は古く当時は「薑(はじかみ)」の名で呼ばれた。一般には秋に収穫されるが「新生姜」は夏の季語。
◆薑を噛みて妄語の乱れけり(相生垣瓜人)

2012年09月30日(日)

@twryossy 見守るや良夜の月の高々し 公彦

★今、月がきれいです。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1007】良夜(りょうや):「名月」の傍題の一つで「佳宵(かしょう)」とも。俳諧では陰暦八月十五日の名月の夜に特定して用いる。月を愛でる心の籠もる季語。
◆野仏の指の先まで良夜かな(木庭布佐江)

2012年09月29日(土)

@twryossy 海猫(ごめ)帰る譲り合いつつ慎ましく 公彦

★南から来た腸路渡り鳥は南に帰る。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1006】海猫(ごめ)帰る:ゴメはウミネコの方言。春に越冬地から繁殖地に渡来したこの鳥が再び南に帰って行く。「海猫渡る」は春、単に「海猫」と詠めば夏の季語。
◆流人島空を自在に海猫帰る(中村翠湖)

2012年09月28日(金)


@twryossy 鮭颪草木揺るがせ雨を呼ぶ 公彦

★この時期は台風の季節です。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1005】鮭颪(さけおろし):鮭が産卵のために川を上って来るこの時季に吹く強い風をいう東北地方の呼称。「雁渡し」と同じく動物と風を結び付けた命名法の一つ。
◆蜑(あま)小屋の屋根に石置く鮭颪(花木研二)

2012年09月27日(木)

@twryossy 秋雨の続きて庭の元気かな 公彦

★我が家の庭は草が生い茂っている。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1004】秋の雨(あきのあめ):「秋雨(あきさめ)」「秋霖(しゅうりん)」などの傍題も。秋は「爽やか」の季語があるのとは裏腹に思いのほか雨の多い時季でもある。
◆秋雨の瓦斯(ガス)が飛びつく隣寸(マッチ)かな(中村汀女)

@twryossy いくら丼北海道のへそあたり 公彦

★北海道のへそあたりに又行きたい。

RT @twryossy: 今日の季語リツィータの皆さん、おはようございます。今朝も季語の拡散ありがとうございます。千日連載成就のお祝いにお寄せ頂いたメッセージと吟詠をこちらにまとめさせて頂きましたのでご覧下さい ⇒ https://t.co/kLMy3p0x 週明けの良い一日を!

おは! RT @twryossy: 【今日の季語1003】鮞(はららご):「筋子」「イクラ」の傍題でも。一般には産卵前の魚卵についても広く用いるが、季語としてはこの時季に獲れる「鮭」の卵に特定される。
◆ほのぼのとはららご飯に炊きこまれ(大野林火)

RT @twryossy: 【今日の季語1003:追記】ハララゴのハラは《腹》のことではなく、散り散りの状態を表す擬態語のハララにコ《卵》を添えて《ばらばらになった卵》の意を表したもの。この擬態語から派生したハララク・ハララカス《散り散りになる・させる》という古語の動詞もある。

RT @twryossy: 【今日の季語1001:訂正追記】先の「追記」で「鬼」の訓を「ヲニ」と表記したのは「オニ」の誤り。謹んで訂正いたします<(_ _)> ちなみに鬼にオニの訓が見られるようになるのは平安時代以降のことで「隠(オン)」の字音onに母音iを添えた語とされる。


2012年09月25日(火)

@twryossy わだつみや不知火あるか夢のごと 公彦

★有明海で不知火はもう見られない。


おは! RT @twryossy: 【今日の季語1002】不知火(しらぬい):「龍燈」の傍題も。陰暦八月一日の新月の夜に九州有明海と八代海沖に正体不明の火がゆらめき動くもの。漁火などの蜃気楼現象とされる。
◆不知火の消えて一会の思ひかな(田代朝子)


以上です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
陸前高田戸羽市長のご了解を得て奇跡の一本松から作られた三体の仏像の写真を表紙に使わせて頂いてます。
あれから1年−私たちの震災歌集
Jpeg

参考になりましたらこちらのクリックお願いいたします。

CoRichブログランキング
人気ブログランキングへ

良ければこちらもお願い致します

FC2ブログランキング

更によければこれもお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 梅ちゃん先生の最終回が今日終わった。 | トップページ | 反貧困全国キャラバン2012in埼玉~のお知らせです »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/55789279

この記事へのトラックバック一覧です: おは!Twitter俳句(生姜)(9月25から10月1日):

« 梅ちゃん先生の最終回が今日終わった。 | トップページ | 反貧困全国キャラバン2012in埼玉~のお知らせです »

カテゴリー