無料ブログはココログ

« 生活保護基準引き下げに反対する署名に、ご協力をお願いします。 | トップページ | おは!Twitter俳句(冬凪)(1月15日から1月21日) »


昨日かみさんが観ているおしんを一緒に観た。

中村雅俊扮する日露戦争帰りのいわくありげな猟師がカタカナしか読めないおしんに字を教える。
教科書は「明星」。与謝野晶子の「君死にたもうことなれ」を教える。名誉の戦死などはない。戦争は絶対してはならないという。「ああ弟よ君を泣く 君死にたもう事なかれ」とおしんはいつも呟くようになる。99を教えながら「いくら勉強をしてもそれがあだになる事もある」大事な事は人を愛することと教える。
写真はおしんに「明星」を猟師が渡す場面です。

Image


ここにこんな朗読がありました。
テレビ番組のようです。

http://www.youtube.com/watch?v=Ucu992EWiCA&sns=em
以下詩全文です。


「君死にたもうことなかれ」

旅順口包囲軍の中に在る弟を歎きて

与謝野晶子作詩・吉田隆子作曲
戻 る


ああおとうとよ 君を泣く
君死にたもうことなかれ
末に生まれし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃(やいば)をにぎらせて
人を殺せとおしえしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや

堺(さかい)の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば
君死にたもうことなかれ
旅順(りょじゅん)の城はほろぶとも
ほろびずとても 何事ぞ
君は知らじな あきびとの
家のおきてに無かりけり

君死にたもうことなかれ
すめらみことは 戦いに
おおみずからは出でまさね
かたみに人の血を流し
獣(けもの)の道に死ねよとは
死ぬるを人のほまれとは
大みこころの深ければ
もとよりいかで思(おぼ)されん

ああおとうとよ 戦いに
君死にたもうことなかれ
すぎにし秋を父ぎみに
おくれたまえる母ぎみは
なげきの中に いたましく
わが子を召され 家を守(も)り
安しと聞ける大御代(おおみよ)も
母のしら髪(が)はまさりぬる

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く
あえかにわかき新妻(にいづま)を
君わするるや 思えるや
十月(とつき)も添(そ)わでわかれたる
少女(おとめ)ごころを思いみよ
この世ひとりの君ならで
ああまた誰をたのむべき
君死にたもうことなかれ

この詩を巡ってこんなやりとりがあったようです。
そのあとの晶子の変遷はありますがここでの晶子の態度表明は素晴らしいとおもいます。

ーーー

その3連目で「すめらみことは戦いに おおみずからは出でまさね(天皇は戦争に自ら出かけられない)」と唱い、晶子と親交の深い歌人であったが国粋主義者であった文芸批評家の大町桂月はこれに対して「家が大事也、妻が大事也、国は亡びてもよし、商人は戦ふべき義務なしといふは、余りに大胆すぐる言葉」と批判した。晶子は『明星』11月号に『ひらきぶみ』を発表、「桂月様たいさう危険なる思想と仰せられ候へど、当節のやうに死ねよ死ねよと申し候こと、またなにごとにも忠君愛国の文字や、畏おほき教育御勅語などを引きて論ずることの流行は、この方かへつて危険と申すものに候はずや」と国粋主義を非難し、「歌はまことの心を歌うもの」と桂月の批判を一蹴した(日露戦争当時は満州事変後の昭和の戦争の時期ほど言論弾圧が厳しかったわけではなく、白鳥省吾、木下尚江、中里介山、大塚楠緒子らにも戦争を嘆く詩を垣間見ることができる)。
大町桂月は『太陽』誌上で論文『詩歌の骨髄』を掲載し「皇室中心主義の眼を以て、晶子の詩を検すれば、乱臣なり賊子なり、国家の刑罰を加ふべき罪人なりと絶叫せざるを得ざるものなり」と激しく非難したが、夫・与謝野鉄幹と平出修の直談判により、桂月は「詩歌も状況によっては国家社会に服すべし」とする立場は変えなかったものの、晶子に対する「乱臣賊子云々」の語は取り下げ、論争は収束する。この後、1925年(大正14年)6月11日、桂月は57歳で病没するが、『横浜貿易新報』に晶子は追憶をよせた。http://ja.wikipedia.org/wiki/与謝野晶子

以上です。

« 生活保護基準引き下げに反対する署名に、ご協力をお願いします。 | トップページ | おは!Twitter俳句(冬凪)(1月15日から1月21日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190315/56590293

この記事へのトラックバック一覧です: おしんの「君死にたもうことなれ」:

« 生活保護基準引き下げに反対する署名に、ご協力をお願いします。 | トップページ | おは!Twitter俳句(冬凪)(1月15日から1月21日) »

カテゴリー